« 元祖「へたれ高校生」 | トップページ | いまがいちばんっス! »

2007年10月11日 (木)

できることからヒトツづつ。

拝啓浪花嫁さま

シュート女がどうしても理解できないのは、どうしてお嫁にはそんなに時間があるのかな〜ということ。前にも言ったけど1日36時間くらい持ってない?それとも睡眠時間が少なくてもOK、いやいや全くなくてもOKなのかな〜〜〜?シュート女は目覚まし時計のない世界で暮らしたい。自然な体内時計で自然にお目覚め、そんな贅沢がしてみたい。ええええ、あ〜たぁ〜、添削チェックは自分で書くより随分と大変だということは解ってますよ。それをよくもまあ、「仕事」と「お勉強」と「子育て」の合間に入れ込めるわよね〜、あ〜たぁ〜。もしかして、内緒で住み込みお手伝いさんとかがいるんじゃないのぉ〜?今度お訪ねする時に隠したりしないでちょうだね♪

背伸び、背伸び、、、、オイラもそうだけど自分の価値って全然解らなくって、「もっとチャンと自分の価値を、、、」なんて言わるけれど、でも「自分じゃ何にもしないうちに歳取っちゃった。」って感じ。でも、お嫁は大丈夫な予感がする(そんなオイラの予感なんて信じる誰かがいるのかよ!)何故かというと、目標が見えているもの。目標に向かって背伸びでしょ!それにスサマシイ努力だもの。そんなにチイサナ身体でね。そうそう、シカトして「翻訳指導」と行きましょうよ?教授のおっしゃる通りに。オイラも早く翻訳のお勉強を始めたいいのに、、。日本語のお勉強とあとはね、注意深くなりたいの。というか、キメコマカにないたいの。今は「雑」の一字!だからね。背伸びしないと背が伸びないってのは解っていてもね〜??オイラの大の仲良しのアドバイスは、こんなにどうしようもなく忙しい時は、「出来ることから、ひとつづつ。」

お嫁が「へたれ高校生」だったなんて信じられないよ〜ん。オイラの高校生活なんて悲惨を絵に描いたようなもんだったけど、お嫁のも暗かったのか?あ〜うれしいな〜、オイラだけが暗い高校生活を過ごしたんじゃないってことが。もっと聞かせてね、高校時代の暗いお話を。楽しいはずの青春時代が暗かったか!おお、おお、うれしいのぉ〜。(人の不幸を喜ぶオイラ。)

子供時代が不幸だろうが、高校時代が暗かろう、大人になった時が自分の人生の勝負時!「バンクーバー在住売れっこ有名翻訳家」のお友達になりたい。

人気blogランキングへ ←不幸な暗い高校生だった、お嫁とシュート女に応援を♪

|

« 元祖「へたれ高校生」 | トップページ | いまがいちばんっス! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元祖「へたれ高校生」 | トップページ | いまがいちばんっス! »