« 日本の英語教育-2 | トップページ | マミーブレイン »

2007年10月 4日 (木)

サプライズ Party

拝啓浪花嫁さま

Up が遅くなってごめんなさいね。相変わらずの忙しいお疲れモードが続いています。今日は英語教育から一寸離れて、楽しい話題を♪

さてさて、今日は会社でやる“ブライダルシャワーってのお話ね。うちの会社では“〜〜シャワー”をよくやる。シャワーっていうのは、つまりみんなで寄り集まって、プレゼントをシャワーのようにあげる、っていうのかしら?ベビーシャワーもあって、結構大変な出費がかさなることもあるんだけど、昨日の彼女は、もう事実上結婚しているのも同じ、彼氏(夫?)と一緒に住み始めて11年。7歳の息子もいるし、家も一緒に買っちゃっている。猫だって6匹もかっている。しかもまだ29歳。しっかり者のケリーです。だから、新婚さんにあげるような家庭用品プレゼントは不要。これって、結構カナダっぽい。しかし、それにしても、会社の人々は今更なぜ?と首を傾げる。彼女曰くというわけで、プレゼントはデパートのギフトカードプラスでした。でも、いつもこの手のサプライズはもうチットモ、サプライズにはならない。最近では、みんなのPCのカレンダーにアクセスできるから、すぐにばれちゃう。それでも、私たちはまだ、サプライズ企画をつづけるのはなぜかしら?

オイラはサプライズに限らず、パーティーとかの企画をたてるのは、とっても苦手。だけど、一度だけボンのサプライズ誕生会が大成功だったことがあったっけ。ボンがまだ学生の頃で、トロントに住んでいた。そして、誕生日の夜の11時すぎにバンクーバーに到着。残り時間は1時間。オイラとマイハズは車のトランクに、プレゼントだのケーキだの、テーブルクロスだの、ミュージック関係一式をつめこんで、空港までお迎えに。そう、計画は真夜中のRiverSideのピクニックテーブルにテーブルクロスをかけて、ロウソクをつけて音楽かけて、3人でサプライズHappyBirthday!私が川辺りの草むらの中に、時計を落としたので、一緒にさがして、、、ということにして、マイハズはアッチから、私とボンはコッチから、探し始める。ってことで、マイハズがテーブルの用意ができたら、“FOUND IT!”と叫ぶことにした。真っ暗闇のRIVEER SIDE。ボンは段々、ボン「ねー、その時計何色?」私「黒」ボン「その時計大きいの?」私「小さい。」ボン「その時計高いの?」私「ううん、8ドル」てな会話をしながら、こっちから時間を稼ぎながら、、、、すると合図の「FOUND IT!」の声。そして、真っ暗闇のなかでの誕生会、大成功。ボン曰く、なんの疑いも持たなかったとのこと、、。ケチでオッチョコチョイのオイラの性格に、ズバリは待ったシチュエーションの設定が物をいったみたい。

締め切りおわったかいな〜?オイラは今から自家製アウトドアージャグジーに入ってくるね。お疲れな時はこれが一番!

気blogランキングへ ← 来週になったら一寸は時間のゆとりができますように♪ Banner_04

|

« 日本の英語教育-2 | トップページ | マミーブレイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の英語教育-2 | トップページ | マミーブレイン »