« お帰りなさ〜い。 | トップページ | 2008年サミットに向けて »

2007年9月 9日 (日)

日本に里帰り

拝啓読者の皆さま&シュート女さま

浪花嫁は爽やかなカナダからクソ暑い大阪に無事舞い戻ってきましたぁ。

ヴァンクーバーではそりゃたくさん歩き、しゃべり、食べ、笑い、考え、刺激を受けたことでしょう。あぁなんと濃い10日間! シュート女さまともうんと仲良しになれて(←なれましたよね?)そりゃお別れのときは淋しかったぁ。

今回はなんと来晩7回目。でもね、毎回新鮮で刺激に溢れているけれど、今回がいちばん濃いかったなぁ。これもお嫁が年々人間的に成長しているからね、ホホホ。

カナダで出会った人々(もちろんシュート女さま&ハズさまを含める)の大きな包容力と温かいホスピタリティに改めて感謝であります。

ほ~んと学び・思索・刺激に満ちた日々であったことよ。「あぁ~楽しかったぁ」の一言で済ませても今回の旅のモトが十分取れるけれど、そりゃ、あ~た、それじゃあまりにももったいないじゃおまへんか(←そういえばシュート女さまのナマ「あ~た」を聴けたのも大きな収穫だわさ)。だから、これから追々「お嫁カナダ刺激レポート」をご紹介し、刺激の種から枝葉を伸ばしたいと思っているわけ。

刺激の点(ドット)を繋げていけば5年後、10年後になにかしっかりとした「かたち」になっているような気がするの。いまはそれがなにか分からないけれど、将来振り返れば「あぁすべては偶然だけど必然だった」と思うのじゃないかなぁ。あのスティーブ・ジョブズも言っているでしょ。

未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそバラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない。自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じること。点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで必ずひとつに繋がっていく、そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。

すべてに感謝感謝の旅であり、将来振り返ったときお嫁の人生の「節目」になるであろう旅でありました。シュート女さまぁ、ありがとう。これからもよろしく頼んまっさぁ。

人気blogランキングへ ←もう来年の旅のことを考えているお嫁に応援プチリを!
Banner_04

|

« お帰りなさ〜い。 | トップページ | 2008年サミットに向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お帰りなさ〜い。 | トップページ | 2008年サミットに向けて »