« 日本に里帰り | トップページ | 背伸びをすれば背は伸びる »

2007年9月10日 (月)

2008年サミットに向けて

拝啓浪花嫁様、

ホントにお嫁の10日間はギュっと詰まったとっても濃いもので、でもママさんお嫁にしたら、寝不足寝不足の毎日だったよね。そうね、いつかこの夏(2007年の夏)が一つの点として見えてくる日がくるよね、今は分からなくても。オイラもね、浪花嫁に刺激されて、そうか、もうチョイと「見た目=外見」にもこだわるか?そうか、もっと「頭の中」を鍛えるか?と『節目』の準備を始ようと、出会いの余韻をワクワク噛み締めている今日この頃です。

ところでね、お嫁の『お勉強進歩メモ』によく出てくる、eChatVancouverにお気づきの方いらっしゃるかしら?オイラも時間をみて聞き始めましたよ〜、若いもんにまざって。で、eChatVancouverについてはお嫁のほうから追って、「お嫁カナダ刺激レポート」に出てくるとはおもうだけど、

・お気に入りのポッドキャスト(ポッドキャスト 英会話 eChat Vancouver)で「英語筋肉」を鍛えているところ。少しずつだけど英語筋肉が付いてきた感じ。

これですよ、これ。こういう、日々の努力、しかもそれを楽しんじゃうところが嫁の強さ。先日この番組を聞いていたら、年配の女性で娘の結婚式にバンクーバーに来ていらっしゃった女性。うれしかったね〜。おそらくオイラと同年代の方じゃないでしょうか?この若者番組に登場。英語勉強して、アチャコチャの国へ旅行するのが楽しみで、今度は北欧にいきたんですって。連れ合いとご一緒じゃなくってね〜、娘とかお友達とか一緒なんだって。フフフ。女同士ってやっぱり楽しいよね〜。

えーと、前回の続きでちょっとサミットの題目のなかでね、「カナダ日記」なんだからもっとカナダについて書いた方が、、と。そういえば、実嫁と二人で始めた時には、「カナダに嫁いでくる女性達のビザとか言葉とか仕事とか出産とか生活習慣とかの不安解消に少しでも役に立てば」との趣旨だったのだけれど、諸事情でここにもChangeが起こったわけで、目線を変えて、じゃ何かというと、バンクーバーはワーホリ(ワーキングホリデー)のお若い方達や、学生さん達がたくさんいる街。そこで登場『手の届く英語のプロたち』の嫁と姑。経験談を語っちゃおうか?ということになのですよ。シュート女からすると『メディカル翻訳家』暦15年なんて、すっごく手が届かない気がしない事もないけれど、先日「たった一人の日本人としてカナダの会社で働いている」オイラは若いお人からみると「あこがれ」なんだと聞きました。お嫁からシュート女にあったリクエストは「小さな子連れ留学物語」を書くように、と。オイオイあ〜た、もう忘れちまったよ、って思うけれど、なんとか思い出せる限り少しづつ書いてみようかとも、、。あ〜あの頃にブログがあったら実況中継できたのに。それから「悲惨高校生物語」も、というリクエスト。今でもいろいろ悩める高校生はイッパイ。そうだね、どっかであんなニガ〜イ経験も書いてもいいかも、と思っております。「波瀾万丈シュート女物語」を全部書くってわけには行かないけれど、ね♪ 

2008のサミットに向けて、始めの一歩を踏み出した浪花嫁とシュート女でごじゃります!


人気blogランキングへ ←もう来年のサミットのことを考えているシュート女を応援してね♪
Banner_04





|

« 日本に里帰り | トップページ | 背伸びをすれば背は伸びる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本に里帰り | トップページ | 背伸びをすれば背は伸びる »