« 手はつながなくても | トップページ | 異文化part2:嫁姑事情 »

2007年9月26日 (水)

異文化結婚♂と♀

拝啓浪花嫁様、

夏の思い出写真を次々とUP。バンクーバーで出会った人々、レストラン。お嫁のほうがよっぽどバンクーバーのお方のようにお見受けいたします。本当に素敵なブログ。写真も美しい。せっかく美しいバンクーバーに住んでいるんだから、オイラももっとこのEnjoyしたい。

うちはね、手と手はつないでいても胃は全然つながっていないの。典型国際結婚かしら?好物が全然違う。だけどね、寿司やにしてもインディアン、イタリアンにしても、レストランなら違ったものを選べるし、食事している時にお話なんかもできるから、週1くらいの外食っていいな〜と思ってる。「ポッドキャスト 英会話 eChat Vancouver」で言っていたけれど、バンクーバーの異文化結婚のトップが日本人だそうで、なんと70%。ついて南米の40%。う〜ん驚き。でも、ちなみにこれらのカップルの離婚率ってのが気になるな〜?

違うものを食べる。だから、一緒に食べない。(かってに好きな時に好きなものを食べる。)これはただの同居人への入り口かしら?(うちばっかりか?)
でね、お嫁から頂いた本の中に「定年離婚」が増えているって書いてあったのね。う〜ん、これには考えされられた。最初は違いが珍しくて、最初は違いが新鮮で、恋して結婚してそのうちに段々徐々に、、、、違いが大きくなっちゃって、「愛」だけでは充分ではなって、Grew Apart、、、で、、、。なんてことがあるんだよね。同じ文化の♂♀でも子供が育ってしまえば「定年離婚」ってなことになるんだったら、異文化結婚だったら、価値観だって全然ちがってね、二重に離婚の可能性があるでしょう?

で、今日の反省はね、この本を読んでいて気がついたら、オイラはこの本の語るところの夫なの。うちのマイハズは二人で旅行をもっとしたい。二人も思い出をもっと作りたい。って立場で、オイラは「だって、お休みが取れないもん。」「だって、どれだけお金がかかると思ってるの?」「だって、だって、だって、、、」って、ハズ様の声を聞いてあげていないのね。

あ〜、そのうちに「定年離婚」されそうだ!読者の男の方達も、いや、このさいオイラのような女の方々ももう一回、自分と連れ合いの関係ね、じっくり見直した方がいいかもよ!

人気blogランキングへ ←お嫁はいい本くれるでしょう?胃のつながりを見直そう♪
Banner_04

|

« 手はつながなくても | トップページ | 異文化part2:嫁姑事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手はつながなくても | トップページ | 異文化part2:嫁姑事情 »