« 日本被爆から62年 | トップページ | カナダでは、この日、、 »

2007年8月 9日 (木)

みんな知らんぷり

拝啓シュート女さま

「裸足のゲン」のビデオ録画の件、了解です。お嫁も見ようって思っていましたからね。

あの漫画で描かれていた地獄絵図をTVでどれだけ表現できるのでしょうね。実はお嫁は漫画の一部をちらりと見て恐れをなしてすべてをしっかりと読んでいないの。ジュニアが大きくなったら一緒に読むことにしましょう。

今日は長崎への原爆投下から62年目。今夜放映される「原爆のせいじゃなかとですか」を見ようと思っているの。

<原爆症認定をめぐる集団訴訟で長崎裁判の原告団長を務める森内実さん(70)は12<年前から立て続けにがんや肝炎に襲われています。原爆症認定を国に申請しましたが<結果は却下。 「自分たちの苦しみは原爆のせいではないのか?」ー森内さんは同じ境<遇の被爆者たちとともに4年前、訴訟に踏み切りました。
<番組では、森内さんの活動を通して、被爆から62年たった今も原爆による苦しみを抱<える原告たちの62年を見つめます。

以上のような番組。お嫁は不思議でならない、どうして認定がそんなに難しい作業なのかしら? もちろん財政的負担が増大するだろうけれど、お金はこういうものに使うためにあるんでしょうが。政府はやっと重い腰をあげて認定基準の見直しをするようだけど、一言「さっさとせんかい」と申し上げたい。もうみなさんかなりの高齢でしょ。政府の「科学的根拠に基づく合理的な基準の設定」云々の説明を聞くだけで絶望的な気分になるお嫁です。

さて・・・原爆についてはいろいろ書きたいことがあるけれど、今朝の事件を書かせて・・・。

今朝、ホームレス(とおぼしき)おばさんに飛び掛かられちゃったのよ。ちょっと怖かったぁ~~。

ジュニアを保育園に送ったあとのこと。大きなビルの前で自転車を止めてiPodをクリクリ操作していたの。そうしたらホームレス(とおぼしき)おばさんが「どけ~、じゃまやぁ」と叫ぶじゃないですか。叫びながら残飯をお嫁に投げてくるの。

びっくりしてiPodを落とすと、そのおばさん、iPodを踏もうとする(キャ~やめて!大枚はたいて買ったんやから)。

思わず「やめてください。何をするんですか、あやまってください」と大きな声で言っちゃった。

激昂するおばさん。お嫁の自転車を蹴り倒し、飛び掛かってきたの。

しかし、そのおばさん、かなりの肥満体。お嫁のほうが身軽だからヒョイと身をかわしましたよ。そして逃げ回りながらバッグから携帯を取り出して警察に電話をする振りをしたの。「助けてください!!」って。

そうしたらおばさんはブツブツ言いながらいっぱいのショッピングバッグを抱えてどこかに行っちゃった。

まぁこれだけのことで大事に至らなくてよかったけれど、人に飛び掛かられるなんて生まれて初めてだからびっくりしましたよ。

腹立たしいのは周囲の人がみんな知らんぷりだったこと。おじさんもおばさんも、お兄さんもお姉さんも知らんぷり。ビルの警備員のおっちゃんまで知らんぷり。ちょっと~何かできるでしょ、何かッ!!

暑い夏の薄ら寒い経験でございました。まだドキドキ・ムカムカしているわい。まぁものは思いようで、ジュニアが一緒のときじゃなくって本当に良かった!

人気blogランキングへ ←気分ムカムカのお嫁に温かい愛をお願いします!Banner_04

|

« 日本被爆から62年 | トップページ | カナダでは、この日、、 »

コメント

おぉ嬉しい、ここにも仲間が・・・。
少し前ですが画家バリュテスの奥さま節子さんとお嬢さんが
ある番組に出ていて、お嬢さんが「うちのお母さんが」と言った
瞬間に、優しい風貌の節子さんが厳しい口調で「母と言いなさい」とピシャリと言うシーンがあったのですよ。それ以来節子さん
のファンになりました。
私も優しく・厳しい「おかん」になりたいです。

投稿: 浪花嫁 | 2007年8月12日 (日) 09時27分

浪花嫁様、そうなんですよ。いい年した大人が人前で祖父母のことを「おじいちゃん」「おばあちゃん」、父母のことを「おとうさん」「おかあさん」。どうも、私も耳障りです。せっかくの知花さんのレポートだったのですが、私もそのところ引っかかりました。あと、同じ日だったかな、日本の走り幅跳びの第一人者と言われている池田久美子さんも「ちち」と言わず「おとうさん」。今は小学校で教えないのかなぁ。ま、学校で教えることでもなく家でのしつけというか、教育なのでしょうか?最近、気になりますよね~。せっかくですが、池田久美子さん美人アスリートとして注目浴びてますが、ちょっとがっかりしてしまいました。私も、口うるさいオヤジです。最近。

投稿: motta | 2007年8月11日 (土) 20時48分

あかねさん
そうなんです、私もたまたま気弱な人しかいなかったと信じたい
ですわ。「チョットチョット!」と注意をするおっさん&おばはん
文化をぜひ守っていきたい。私も口出しおばはんを目指します!

mottaさん
ドキュメンタリーは心に迫るものがありましたよ。常に穏やかな
表情の森内さん。それ故に悲しみが余計に伝わってきました。
冷静な森内さんが感情をあらわにしたのは、あの久間発言が
あったとき。本当にあの発言は失言ですまされないなと改めて
感じました。
知花さんの沖縄取材もちらりと見ましたよ。祖父のことを大の
大人が人前で「おじいちゃん」と言うのに違和感が。すごく細かい
ところに突っ込んでいる「口出しおばはん」でありました。

投稿: 浪花嫁 | 2007年8月10日 (金) 09時59分

すみません、肝心のコメント忘れました。おばはんの飛び掛り事件、びっくりですよね。できる限り、わけのわからん人からは逃げるしかないです。東京でもぶつぶつ言いながら歩いている人、最近多いです。怖いですよね。行動がつかめない。

投稿: motta | 2007年8月10日 (金) 00時30分

「原爆のせいじゃなかとですか」を見逃してしまったのです。うっかり、ブログ書いたりしてて、あとは裏番組で知花くららさんの戦争関連レポート見て泣いてました。知花さん祖父の戦争体験を日テレで特集していました。ついついこの時期、私は原爆だけに目がいってしまいがちですが沖縄も悲惨だったんですよね。だから戦争はいけないのに。どうも、日本はまちがった方向を向いているようで心配です。

投稿: motta | 2007年8月10日 (金) 00時28分

まぁなんてひどい話! お姉ちゃんがビビッて知らんぷりだったのは百歩譲って許すけど、おっさんや兄ちゃんが知らんぷりってどういうこと!? 少なくとも腕力ではおばちゃんに勝てたんとちゃうのん? 浪花嫁さまを逃がしてくれるぐらいのことは、できたやろうに。。。

浪花の人情はどこへ行ったんでしょうか? たまたま気弱な人たちが集まっていたと信じたいですわ。私の周りには、身の危険を顧みず「チョットチョットチョット!」と見ず知らずの人に注意するおっさんがまだたくさんいますから。

投稿: あかね | 2007年8月10日 (金) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本被爆から62年 | トップページ | カナダでは、この日、、 »