« 友人アレコレ | トップページ | バンクーバー中間報告♪ »

2007年8月29日 (水)

それでもいいわ、ルンルン♪

拝啓浪花嫁さま

浪花嫁とご対面しましたよ。ジュニアにもあってイッパイかきたい事はあるけれど、時間がないの。仕事にいって、夜は遅くまで遊んで。だから、ご対面記事はちょっと、お楽しみということで、今日は先日会社で思った事ね、、、、会社のAndrewの車にのせてもらって帰宅した。私は大きな大きなジムバッグと、自分ではガーベッジバッグと呼んでいる何でもポイポイ入れるバッグを持っている。ちょっと話はそれて、いつもこのバッグを持ち歩いている理由は、バンクーバーは雨かと思うとすっごい日差しになったりで、必ず野球帽みたいな前に日差しがグンと出ている帽子を持ち歩く。雨でも滅多に傘はささない。それからサングラスは必ず持ち歩く。ないと運転できない。それと、いわゆるパースというもの。財布や携帯や手帳や、その他諸々がその中にはいっている。タバコをすっていた時はこの上に、シガレットケースにライターになどなどが入っていたし、それから読みかけの本。それから、ブロガーだからカメラ。サンスクリーン。寒いかもしれないから、カーディガン。毎日バッグを変えたりはしない。

話を元に戻して、要 は二つの大きなバッグを、この小柄なアジア人の女性が両肩に担いで ノッポの手ぶらの白人の男性の横を、チョコチョコ歩いて駐車場まで行く訳だ。彼はそれがとっても嫌だったみたい。知らない人がみたら、「なんて、男だ!」って思われるからだそうだ。でもこのAndrewはゲイなんだけどな〜??え?関係ねーってか?マイハズもこの手のことはとてもいやがる。

オフィズにシュレッダーにかける書類をポイポイ入れる箱があって、それを私がチョットずらそうとした時に、横を通った社長のポールがヒョイと持ち上げた!私は思わず「Oh no! I will do it.」と言った途端に周りはシーン。だって、あんなお年寄りにそんな〜、重たい物を〜、と思った私が悪かった。(もしかしたら、オイラと変わらん年齢かもね?でも、見た目がね、お年寄りなんだもの。)後からサラが私を呼んで言うには、「あれはない、ポールの自尊心を傷つけた。」んだそうだ。

ある時はブライアンとリックがふざけて、じゃれあって、取っ組み合いをしていて、女たちは回りでヤイのヤイのと見ていたんだけど、オイラの体はかってに、この取っ組みあいに向かって突進していて、リックを払いのけブライアンを自由の身にしてあげた。そしたら、またみんなで、私はブライアンの自尊心を傷つけたと言う。

ふーん、男女平等って何? だって、社長のポールだって、自分のコーヒーは自分で入れるし、コピーだって自分でとるし、、、、ううん、別にうちの会社は小さい会社でもなくって、一流大会社なのよ?それでも、男たちは、女たちが昔していた事を、自分たちでやってるじゃん?でもって女たちは男たちを助けたりしちゃ〜、彼らの自尊心を傷つけるからいけないんだね?

うん、わかった。重たいものを持ってもらったり、席譲ってもらったり、ドアあけてもらったり、おごってもらったり、別に不満はないのよ、私。いいわ、勿論それでもワタシ♪♪ルンルン♪

気blogランキングへ   ←てなわけで、ルンルン女に応援よろしく、ありがとね。 Banner_04

|

« 友人アレコレ | トップページ | バンクーバー中間報告♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友人アレコレ | トップページ | バンクーバー中間報告♪ »