« もうすぐ参院選 | トップページ | 川田龍平さん、おめでとう。 »

2007年7月29日 (日)

恐怖のピンポ~ン

拝啓シュート女さま

選挙に行ってきましたよ、シュート女さま。今回は投票率が高そうよ。さてぇどんな結果が出るやら・・・。

選挙に行ったものの、大阪には「この人に入れたい」という人がいないのがのよね。「この人はいやだ」、「この人は止めておこう」という消去法で選ぶお嫁。あぁ東京都民でないことが残念。都民だったら迷わず投票できるのに。この場を借りて「川田龍平くん、がんばれ~」。

シュート女さまもびっくりしませんでした? 自民党と某宗教団体の癒着(←詳しくはmottaブログー川田龍平をお読みください)。むちゃくちゃでんがな。ホンマ、不健全。ますますお嫁の宗教アレルギーが強くなるぜい。

まえから書こうと思っていた「宗教」ネタがあるの。

ここに引越しして4年。引越し当初、ご近所にそれはすてきな子どもたち(ティーンエイジャー2人)を発見。いつも笑顔で挨拶は丁寧。それはそれは礼儀正しい。小さなジュニアをかわいがってくれるしね。もう「良い子」の見本なの。ダーリンと「うちのジュニアもあの子たちみたいになれたらいいね」と言っていたくらい。

ある日、その子たちのご両親と会うことがあったので「お宅のお子さんたち、本当にすてきですね。どのような子育てをされたか教えてくださいね」と言ったの(←これは本心)。

それから数日後、玄関のインターフォンがピンポーン。訪問者は良い子たちのママ(←「Aさん」としときましょ)。

Aさん「こんにちは。子育てについておしゃべりしましょ。いま大丈夫ですか?」

お嫁「えぇ、少しなら。どうぞおあがりください」

Aさんはやおらバッグから分厚い本を取り出し・・・

Aさん「このなかに私の子育ての基本が書かれています。一緒に読んで勉強しましょう」

お嫁「はぁ~???」

なぁ~んとその分厚い本とは「聖書」。ちょっとちょっとこれって「反則」やと思いません?

それからなんとAさんは4年間お嫁を「勧誘」し続けている(←超しつこいぞっ)。幾度はっきり断っても全然めげないAさん。1度なんて断りの手紙まで渡しているのに気にしていない様子。すごい粘り。あの粘りを仕事・勉強に活かしたら絶対に成功するやろなって思うお嫁。

信仰をもって生きて、それで幸せなら、その人にとって大変結構なことだから、お嫁はひとさまの信仰には干渉しまへん。ひとさまの信仰の自由を100%尊重します。

だからお嫁の「無宗教」という選択も尊重しておくれ。

宗教の一番タチの悪いところ(とお嫁は思う)は、他人に押しつけるところ。その人の生き方・哲学に対して尊敬の念が多少でもあれば、自分の信仰をいきなり押しつけることはないはず。きつい言葉だけど「おこがましいぞ」って思っちゃう。

ご近所さんだし、Aさん一家がジュニアをかわいがってくれるから、無下にできずに悩むお嫁。あぁいまでも土曜日の朝のピンポ~ンが怖い。

シュート女さまならどうされます? ダーリンは「XXちゃん(←お嫁)もなにかの宗教に入信したふりをして、反対にAさんを勧誘してみたら」なぁ~んていうふざけた対応策を提案しているけれど・・・。

これって「和」を大切にする日本人的な悩みよねぇ。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

・「愛の30本ノック」:17本目。用語集を作成。

・英語ライティングの基礎テキスト復習。問題(日本語)を読んだらさっと英語を口に出す練習中。

・プライベートレッスンの準備。次回は政治・憲法についてディスカッションをしたい。いろいろ準備をしておこう。相手が政治・経済に興味がなさそうなのがチト気になるが・・・。

人気blogランキングへ ←投票しましょう!清きプチリもお願いします!Banner_04

|

« もうすぐ参院選 | トップページ | 川田龍平さん、おめでとう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐ参院選 | トップページ | 川田龍平さん、おめでとう。 »