« 顔は履歴書 | トップページ | 発言鈍感 票には敏感 »

2007年7月 3日 (火)

はだしのゲン

拝啓浪花嫁さま、

ねーねーねー、今日のあかねさんのはだしのゲンを読もう 読んだ?昨日のお嫁の記事関連記事をUPしたかったんだけどね、今、急に気が変ったからね、あれはこの次の番の時にUPするからね?そういうことで、今日は今のこの「怒」をこえた「恐れ」の気持ちを書いちゃうね。

少年ジャンプに連載あれていた「はだしのゲン」。細かい事はおぼえてないけどね、ぜったいまた読みたいよ。涙と暖かさと力強さを、また感じたい。防衛庁が防衛省に格上げになって、そしてその長、久間防衛大臣がなんだって?「原爆投下『しょうがない』」って言ってるの?ええ、あかねさんの記事に並んでる、アホおやじには見切りをとっくにつけてますよ、でもね〜、今からの世代を担っていく子供達や若者が、ドンドン教育法改正という名のものにね、洗脳されて、いつの日か「歴史は繰り返す」でもって、日本が軍国になって行くのではないか?という「恐れ」をなんとしたものか?

外務省の「国際漫画大賞」ってのが、“ポップカルチャーの文化外交への活用の一環として、海外で漫画文化の普及活動に貢献する漫画作家を顕彰するため「国際漫画賞」(International MANGA Award)を創設”して、麻生大臣が「文化外交の新発想〜皆さんの力を求めています〜」ってな、小手先外交をおっ始めたのを聞いた時、オイラが感じたのはね、ポップカルチャーってのは、“CUTTING EDGE”だからCOOLなんだわい!お役所の大賞みたいのに入ちゃったら、なんだか紅白歌合戦にラップが出てくるみたいでスカンわい。お墨付き、になっちゃ〜、アクビの一つも二つも出るんだわい!え?

と思ったんだけれど、こんなのどう?逆にね、あかねさんも浪花嫁も翻訳家なんだから、“はだしのゲン”を英訳して、アメリカやカナダに送り出すの。CHAPTERSとかの大きな本屋の店頭に、漫画がどっと並んでいるのを時々見たりするよ。それに、こっちの若者は日本の漫画、ゲーム、とっても評価しているのは確かだし。おっさん達のアイデアを“逆いただき”しちゃうのね。

それとも、もう翻訳されてるのかな?

昨日はうちの”夏の家ごっこ”満喫したから、3連休最後の日、今日はちょっと雑用をこなして、夜は”お食事”にでかけます。お嫁の映画デートのお話、楽しみにしてまっせ♪

人気blogランキングへ ← 軍国にならせてなるものか〜〜〜〜!プチリの応援ありがと。 Banner_04





|

« 顔は履歴書 | トップページ | 発言鈍感 票には敏感 »

コメント

あかねさん、そうですか。是非ゆっくり読ませていtが抱きます。Wikipedia。英訳された’はだしのゲン’は一般には売られないのでしょうかね?こちらの学校の図書館とかに、ドンドン日本の政府負担で送ればいいのにな〜。いつも情報ありがとう。あかねさん。

投稿: シュート女 | 2007年7月 4日 (水) 15時01分

シュート女さま♪

ブログでとりあげてくださって、ありがとうございます~!
シュート女さまは「はだしのゲン」をリアルタイムで読まれたのですね! 私は小学校の学級文庫で読んだのでした。

肉親が苦しんで死ぬ場面や悲惨な描写も数々あるけど、私が「戦争はぜったいにダメ!」と思うようになったのは、「ゲン」がきっかけだと思います。

ちなみに、70年代からボランティアの手で翻訳されていたそうですよ。今年の5月には、かの麻生大臣が核拡散防止条約の準備委員会で英訳版を、各国の代表者に配ったとか。Wikipediaに懐かしいストーリーも出ていますから、ぜひ見てみてくださいな↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%B3

投稿: あかね | 2007年7月 3日 (火) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 顔は履歴書 | トップページ | 発言鈍感 票には敏感 »