« 目指せ、格好いい大人! | トップページ | よく死ぬことはよく生きること »

2007年7月11日 (水)

青春の詩

拝啓浪花嫁さま、

お嫁の何かを目指す意欲はオイラもあって、絶えず止まる事のない向上心と好奇心、「やりたい事」はアレコレ思いつくんだけれど、「好きな事」って問われるとそれが分からん?何故だろう?9月サミットで、アレコレ顔と顔をつきあわせて、お話しているうちに、段々見えてくるかもしれない、と楽しみにしているんですよ。

話はかわって、「かっこいい大人が周りにイッパイいる環境」を子供達に与えられたら、人生成功、サクセスフルエイジングってことだよね。ところでね、先日お話ししたMRS井上のほうは精神科医なの、だから、ほんとにご夫婦で心と体にかかわっていらっしゃいますよ。そして、今日は私が感動した詩を全文ご披露いたします。MRSの朗読が、また、実に心打つ響きだったんだな〜♪

青春の詩

作: サムエル ウルマン
訳: 井上正康 啓子

若さとは人生の一齣を指すのではなく
あやなす心の有様を言うのである

強い意志、溢れる想像力、
燃える情熱
恐れることのない冒険心
これこそが若さの証である

歳月は深いしわを刻むが、
それだけで老いることはない
理想と情熱を失う時、初めて人は老いる

自信喪失、不安と猜疑心、恐れと失望
それが心をしぼませ、
魂をむしばむ
たとえ何歳であろうとも、
満点の☆の輝きにも似た 驚きとと感動、
好奇心とあくなき挑戦、 喜びと勇猛心、
そこに若さがある

時とは信念と共に若く、疑念と共に老いる
自信とともに若く、恐れとともに老いる
希望と共に若く、失望と共に老いる

心塞ぎ魂が凍てつくとき、人は若くして朽ちる
夢と希望と喝采が魂の琴線をふるわせる限り
人は永遠の青春を生きる

ーーーーーーーー

今日はこのまま美しくすーと消える事にいたしましょう。

人気blogランキングへ ← 喝采、青春の詩。今日もプチリと有り難う。  Banner_04

|

« 目指せ、格好いい大人! | トップページ | よく死ぬことはよく生きること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目指せ、格好いい大人! | トップページ | よく死ぬことはよく生きること »