« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

何様のつもり・・・

拝啓シュート女さま

ほんと、ほんと、川田龍平くん、おめでとう。まさに「命を削りながら」の選挙運動だったはず。徒手空拳でよくぞ激戦を勝ち抜かれました。心からおめでとうです。

彼のような志のある清潔な人が政界に入れば「もうむちゃくちゃやでぇ」と思うことをいっぱい目にするはず。小汚いおっさん・おばはんらに負けずに新しい風を吹かせて欲しいなぁ。

シュート女さまぁ、ご存知のように安倍はんは続投ですって。う~んここまでど厚かましいとなんか尊敬してしまうなぁ(←うそうそ)。こんなときカナダでは「No duh !」って言うのかしらん。

さてお嫁は小沢クン&民主党の議員に言いたいことがある。

「あんたらなぁ、勝った勝ったって喜んでるけど、なんで勝ったんか分かってるん? 国民は『民主党がええわぁ』って思って投票してへんで。『あの自民党よりはましやろ』って考えているだけやでぇ。風紀がゆるんでルール違反や失言を繰り返している自民党のおかげで勝ったことを忘れたらあかん。あんたとこは大丈夫なん? 国民は見てるでぇ。ちゃ~んと信賞必罰のルールを守りやぁ」

「勝ったからおしまいやないで。これからや。選挙中『格差是正』を繰り返していたけど、こりゃほんま難しいことやでぇ。できるんかい。お手並み拝見や」

「小沢クン、私はあんたを信頼してへん。と、いうか、怪しい奴やと思てる。しつこいと言われるやろけど、私、あんたがあの厚顔無恥な『野村佐知代』を担ぎ出したことは忘れへんで。今度はプロゴルファーの父親や。国民をバカにしているとしか思われへん。ここらで私を『おぉ』と言わせるような手腕を発揮してみぃ。楽しみにしてるでぇ」

以上、「何様のつもり」発言でありました。

うじゃうじゃ文句言うにはこちらもちゃんと勉強して、きちんとした見識がないとダメですなぁ。実はお嫁は政治・経済・選挙・憲法のことは(ことも)よ~分からん(すいません)。これから勉強します。だから、ハズさまに政治等の説明をせよ(しかも英語で!)なんていう酷なことは言わないで~~~。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

・「愛の30本ノック」:19本目。用語集を作成。

・英語ライティングの基礎テキスト復習。英語を口に出す練習中。

・「化学療法」に関する資料を多読。いま受けている仕事のため、化学療法の勉強中。

人気blogランキングへ ←今日も暑い!嫁姑ブログも熱い!応援してね。Banner_04

| | コメント (2)

2007年7月30日 (月)

川田龍平さん、おめでとう。

拝啓浪花嫁さま、

オイラもドキドキしている参院選。でもこちらは月曜日のNHKニュース7まで待たなければ、様子が分からない、、、。待つのがあまり得意でないオイラ。早く知りたい、知るのが怖い。でも、なんとしても”反戦、反核”9条は守り通さねば。消去法でも今回は反自民/公明の票をいれねば、という人々の思いが結果に出てほしい。ーーーといいつつ実は、Yahoo参議院選挙特集の即時開票をWebでみていたのだ!

川田龍平氏 ”当確”とでた時にはうれしかった!おめでとう!(オリンピックと選挙の開票日には日本でTVみていたい!)自民の悲惨な結果。さて、衆院解散なるか?????カナダから見ていますからね。

さてさて、魔のピンポ〜ン、非常によ〜く身をもってわかるな〜。一番うっとうしい関係。何故か、ガッカイの友人が周りに結構いたりして、それでね〜、最初仲良くなって、その人と結構いい友情関係ができて、家に遊びにいったらガッカイだったりして、、、。そういう時の驚きは一寸ゾットするものがあるよね。オイラもホントに誰がどんな宗教でもかまわない。それなりの理由があって信心してるのでしょうからね。その人の幸せだけを願います。ただ、誰かを学会に入れると(福音すると)、つまり一人でも多くの人に幸せを分けてあげることを義務づけられていたりするらしいところが、うっとうしい。

選挙近くになって電話してこられた時に、「ね〜、選挙だからって電話してきたなら、いれないよ。」とはっきり言っちゃった。そしてさらに、「福音」してもいらない。「オイラの人生自分で、オイラの神様に神頼みでキリヒライていくからイイ。」とも言ったし、「宗教ぬきじゃないと、友達やってらんない。」ってのも言った。その友達「○○さん(オイラのこと)なら、福音なしでも大偉丈夫だよね〜。」って、妙に納得されちゃった。だいたい、普通の仏教徒とかキリスト教の人たちに、「勧誘」「福音」された事ないけど、いわゆる新興宗教ってのが苦手。ちゃんと、仏教とかキリスト教とかを哲学として、学びたいとは思いますけど、人生かけたいとは思わないオイラなんでござんす。

ところで、「宗教」と「政治」と「立法」とは三権分立で、キチンと分けなければならないんではないのかと、昔から不思議でならないんだけれど、創価学会=公明党、でもって今度は「幸福の科学」と自民の癒着、こういうのは、憲法の元でゆるされているんでしょうか?どなたか、キチンと説明しておくんなさいな。

ーー、そんなに親しくもないご近所に、そういう人がいると実にウットウシイよね。もう、こうなったら、ハッキリ言うしかないね。”和”は抜きに。仕事中は完全に無視!して仕事するとか。キツイ意思教示だね。それにしても、すごいお勉強の量じゃない?政治や憲法について、マイハズに説明する難しさ。ぜひ、来加したら説明してやってくださいね!と逃げるオイラ。

人気blogランキングへ ←Webをとおして、一寸だけ関われた参院選。これからも、プチリと応援よろしくね。Banner_04




| | コメント (2)

2007年7月29日 (日)

恐怖のピンポ~ン

拝啓シュート女さま

選挙に行ってきましたよ、シュート女さま。今回は投票率が高そうよ。さてぇどんな結果が出るやら・・・。

選挙に行ったものの、大阪には「この人に入れたい」という人がいないのがのよね。「この人はいやだ」、「この人は止めておこう」という消去法で選ぶお嫁。あぁ東京都民でないことが残念。都民だったら迷わず投票できるのに。この場を借りて「川田龍平くん、がんばれ~」。

シュート女さまもびっくりしませんでした? 自民党と某宗教団体の癒着(←詳しくはmottaブログー川田龍平をお読みください)。むちゃくちゃでんがな。ホンマ、不健全。ますますお嫁の宗教アレルギーが強くなるぜい。

まえから書こうと思っていた「宗教」ネタがあるの。

ここに引越しして4年。引越し当初、ご近所にそれはすてきな子どもたち(ティーンエイジャー2人)を発見。いつも笑顔で挨拶は丁寧。それはそれは礼儀正しい。小さなジュニアをかわいがってくれるしね。もう「良い子」の見本なの。ダーリンと「うちのジュニアもあの子たちみたいになれたらいいね」と言っていたくらい。

ある日、その子たちのご両親と会うことがあったので「お宅のお子さんたち、本当にすてきですね。どのような子育てをされたか教えてくださいね」と言ったの(←これは本心)。

それから数日後、玄関のインターフォンがピンポーン。訪問者は良い子たちのママ(←「Aさん」としときましょ)。

Aさん「こんにちは。子育てについておしゃべりしましょ。いま大丈夫ですか?」

お嫁「えぇ、少しなら。どうぞおあがりください」

Aさんはやおらバッグから分厚い本を取り出し・・・

Aさん「このなかに私の子育ての基本が書かれています。一緒に読んで勉強しましょう」

お嫁「はぁ~???」

なぁ~んとその分厚い本とは「聖書」。ちょっとちょっとこれって「反則」やと思いません?

それからなんとAさんは4年間お嫁を「勧誘」し続けている(←超しつこいぞっ)。幾度はっきり断っても全然めげないAさん。1度なんて断りの手紙まで渡しているのに気にしていない様子。すごい粘り。あの粘りを仕事・勉強に活かしたら絶対に成功するやろなって思うお嫁。

信仰をもって生きて、それで幸せなら、その人にとって大変結構なことだから、お嫁はひとさまの信仰には干渉しまへん。ひとさまの信仰の自由を100%尊重します。

だからお嫁の「無宗教」という選択も尊重しておくれ。

宗教の一番タチの悪いところ(とお嫁は思う)は、他人に押しつけるところ。その人の生き方・哲学に対して尊敬の念が多少でもあれば、自分の信仰をいきなり押しつけることはないはず。きつい言葉だけど「おこがましいぞ」って思っちゃう。

ご近所さんだし、Aさん一家がジュニアをかわいがってくれるから、無下にできずに悩むお嫁。あぁいまでも土曜日の朝のピンポ~ンが怖い。

シュート女さまならどうされます? ダーリンは「XXちゃん(←お嫁)もなにかの宗教に入信したふりをして、反対にAさんを勧誘してみたら」なぁ~んていうふざけた対応策を提案しているけれど・・・。

これって「和」を大切にする日本人的な悩みよねぇ。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

・「愛の30本ノック」:17本目。用語集を作成。

・英語ライティングの基礎テキスト復習。問題(日本語)を読んだらさっと英語を口に出す練習中。

・プライベートレッスンの準備。次回は政治・憲法についてディスカッションをしたい。いろいろ準備をしておこう。相手が政治・経済に興味がなさそうなのがチト気になるが・・・。

人気blogランキングへ ←投票しましょう!清きプチリもお願いします!Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

もうすぐ参院選

拝啓浪花嫁さま、

ただいま〜〜〜〜。バンクーバーに戻る時は3時間得するから、帰ってきてもまだ明るかった。というわけで、ブログを開けてビックリ。かわいらしいカードに素敵なリボンのかかった「出前一丁」、心のこもった、インサイドジョークじゃなくってインサイドプレゼント。心の通じる物だけが分かり合える「出前一丁」のありがたさ、なんてもんじゃないよ〜〜。 

そんな〜〜〜、「出前一丁」は無理、むり、ムリ。あったったら、もう「霊感者」になってしまう。お嫁の推理はかなり近い物があったけど、残念でした〜〜〜。WebCamはマイハズからオイラへのプレゼントで、オイラたちからボンちゃんへのプレゼントはビデオカメラでした〜〜〜〜。もう、ヨソサマがみたら、アキアキするだろう、何でもないシーンばっかりだけど、でも実嫁の母さま、父さまも、きっとこんななんでもないシーンを飽きずに、胸ワクワクさせてみること請け合いのプレゼント。遠距離家族の必需品でした〜〜〜♪

さーて、明日からはまた会社、日常が始まるんでやんす。ビデオ取りしておいたNHKニュースもゆっくりみなくちゃなんない。いったい世間さまでは、何がおこっているんでしょう。おそらく参院選のニュースばっかりかしらん。そうだ、アベシンゾーがあつかましい心臓で、厚顔無恥でアチコチに出没しているんだろうな〜。

さて、もうここでもひとつ、さ〜て、自分のうかつさのせいで、いや、めんどくさい事はさけて通る「嫌らしい性格」のせいで、大切な一票を無駄にしてしまったこの私、もしも東京都民の読者の方がいらっしゃるのであれば、是非、motta君のブログをお読みくださいな。mottaブログー川田龍平。住民票もない自民の丸川珠代との争いになっているらしい。是非川田龍平さんについて読んでみてください。そして、ほんとに選挙の意味を考えてから、投票にいってくださいね。この私が言える立場でないことは、重々わかっているんですが、でも、それでもよろしくおねがいしま〜す。

留守の間にバンクーバーでは、ゴミ収集のストライキに入っていた。カナダのストライキは何ヶ月も続いてしまうことがあるので、対策かんがえなくっちゃ。それとオイルラインが道路工事で誤ってぶっ壊されて、オイル噴出して、海に流れ出したり、住宅がオイルでカバーされちゃって、とても住める状態でなくなったり、大変な事になっていた。海の汚染、環境問題にはチトうるさいカナダ。生物たちの保護など、いったいどうなるのか???

バンクーバーサミットの日程が決定しましたか?休み開けの今日また、Tentativeに9月の一周目の休暇日程を入れておきました。8月の最後の週はなんだか、休めない感じだけれど。でも、早帰りは可能だし、楽しみにしてますよ〜〜。

人気blogランキングへ ← 清き一票を川田氏に、そしてついでにここでもプチリおねがいしま〜す。

Banner_04

| | コメント (2)

2007年7月26日 (木)

遠大な夢

拝啓シュート女さま

Photo_3 フフフ・・・正解は写真の右下、そうインスタントラーメンの「出前一丁」(リボン付き)でございます。これほどチープなもんだとは思いもしなかったでしょ? ホホホ。そりゃ「圧力鍋」は超欲しい。でも、ああたぁ、カナダ旅行の前ですぞ、倹約せにゃぁ。

それにもうひとつ説明させて、シュート女さま。ダーリンは「超こだわり屋さん」なの。プレゼントがそりゃ難しい。お嫁が探しに探して「こりゃおしゃれだ」と思って買ったアニエスBのお洋服、「袖のデザインがいやだ」とかぬかしてパジャマにされちまった過去があるのよ。それ以来、値のはるプレゼントをこっそり買うことはやめました(キッパリ!)。

ダーリンは無性にインスタントラーメン(「出前一丁」)が食べたくなるときがあるのよ。新婚当時、「ねぇ、今夜なにしようかなぁ。なにか食べたいものある?」とたずねたら、「出前一丁が食べたいなぁ」と答えて新妻を絶句させたこともあったっけ。

やっぱり好きなものをプレゼントするのが一番でしょう・・・ホホホ。

シュート女さまのボンちゃまへのプレゼントはずばり「スカイプカメラ」でしょ? どうじゃ、まいったか?

ボンちゃま一家の住むトロントからもうバンクーバーにお戻りかしら? ちょっと淋しい気分かな。次にベビーちゃんに会うときにはもうハイハイしているかもね。

あぁお嫁もボンちゃま・実嫁ちゃん・ベビーちゃんに会いたいな(←まだシュート女さまにもお会いしていないのにね)。美人のベビーちゃんを抱っこしたい。

そうそう、以前にスカイプ会議でちらりと洩らしちゃったけれど、お嫁には遠大な夢(野望?)があるのよ。ベビーちゃんとジュニアの縁組よ。ベビーちゃんとジュニアが結婚してくれたらシュート女さまとお嫁は本当に親戚になれるでしょ。これって凄くないですかぁ?

これをボンちゃまが読んだら激怒するかしらん。「うちのベビーは嫁にやらん」とか、「どこの馬の骨ともしれん奴と結婚させん」とか。怒らんといてね~、こりゃぁ夢ですから。

でも万が一ということもあるから、頑張ってジュニアを「良いオトコ」の育てようっと。

シュート女さま、カナダ旅行にスケジュールが決定しました。8月27日-9月6日の10日間の予定です。ダーリンが「せっかく行くんやからもっとゆっくりしてきたら」と言ってくれているので、期間は少し延びるかも。

ダーリン、お留守番用にたっぷり「出前一丁」を買い置きしておいてあげるからね~。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

・「愛の30本ノック」14本目

・雑誌「Newton」別冊「からだと病気」読了。最新治療がビジュアルに解説されていてすっごく面白い。これからビジュアル系の医学雑誌をたくさん読むことにしようっと。

・英語ライティングの基礎テキスト復習。問題(日本語)を読んだらさっと英語を口に出す練習中。「基礎って奥が深いわ」って実感中。

・今日はプライベートレッスン。本日の講師は英国人のグレン君。彼の英語はとてもきれい。ちょっとでもマネをしたいなぁ。今日はどんな教材・トピックにしようかな(←生徒であるお嫁が興味あるテキストやらトピックを選ぶことにしているの。興味あることじゃなければヤル気が出ないもんね)。

人気blogランキングへ ←凄いぜ、出前一丁!プリチも一丁お願いします!Banner_04

| | コメント (3)

2007年7月25日 (水)

トロントの夏アラカルト

拝啓浪花嫁さま、

無念>.<そのもの!こんなに大事な選挙なのに!同じような失敗を繰り返さないように、と思いつつも、「下調べ」「下準備」これがスッポリ抜け落ちている事が、災いのもと。分かっちゃいるけど、いつも、何事も、そんな感じ、、、ではここで、もうおしまいに近ずいた、トロントのオイラの日々のSliceOfLifeを、、、

1、先日は一年ぶりにボンの誕生日でした。何故こんな分かりきった’一年ぶり’なんていうかというと、去年はと東京で結婚式のすぐ後で、中学生のお友達とかをオイラのお友達の喫茶店で、彼の中学生の時のお友達を読んだりして祝った思い出深い誕生日だったから。あれから一年、マイハズとベィビーと実嫁とオイラとボンの総勢5人で、リトルイタリーのパティオのイタリアンでお食事をして、その後、宵っ張りのベィビーをつれて、小さなしゃれたホテルのライブミュージック。ベィビーはババの腕の中でダンスでビュー。私の腕の中で幸せそうに踊るベィビー。泣き出すこともなく、、、、あ?これはボンの赤ちゃんの時と同じだ♪サスガ、愛しの我が孫よ!今年はプレゼントだけがサプライズ♪さー、お浪花嫁、一体何かわかるかな?これはキットわかるよ。だって新しいベィビー誕生でもって、ジジババは遠くはなれた地にいるから、ぜったいこれがあると、、、、な〜んてね。

2、トロントは夏の真っ盛り。トロントの街を地下鉄でズート南にさがったドンズマリ。そこはハーバーフロント。ここでは夏のフェスティバル(お祭り)をやっている。もう何年も前にGirls1(ボンと実嫁の結婚式あたらりのブログに盛んに登場した姪っ子)がまだダイパーをしたお尻でヨチヨチしていた頃に、ジャマイカンフェスチバルにやってきて、レゲーにのって、最初に彼女にダンスを教えたオイラ♪今回はディムサムフェスティバルだった。ドラゴンダンスとかあって、ミュージックはヒップホップ♪(何にも中国に関係ないみたいだけど?)来年あたりは、ベィビーはダイパーダンスデビュー?かも。トロントの冬は子供たちにとってはつらいに違いないけれど、夏はバンクーバーもそうだけど、最高!海のように大きなオンタリオ湖を目の前に、音楽にアイスクリームに、出店に並ぶ食べ物、飲み物、それに民族ちょうのお洋服まで。ピクニックテーブルで家族そろって、いやカップルたちも、友達同士も、楽しそうな食事。そして、真ん中の芝生で駆け回る子供たち。様々な人種。白人の両親にアジア人の乳飲み子。車いすに乗ってる人々もアチコチに。老いも若きも乳飲み子たちも。カナダの夏です!

3、JapaneseLibrary:車の中からみえた看板。ブロアー道りとBayあたり。是非、行って見たいと思っていた場所の一つ。残すところ後2日となったトロント滞在。昨日はちょっとJapanese Foundation にいてみました。とても、スペースは小さいけれど、なんだか高級感のあふれた場所で、日本語の本Video、CD、DVD、雑誌も新聞もいっぱい。バンクーバーの図書館の日本語Bookセクションよりも、はっきり言って内容が充実している感じ。あたりまえか?だって、これはJapanesFoundatiionだもんね。「裸足のゲン」、「千と千尋」のビデオもあったし、もし何らかの事情でトロントに住む事があったなら、きっとオイラが頻繁に出入りする場所に、、凝縮された名作の宝庫かもしれん???などなどと、、、思いつつトロントにさようなら。

さ〜てね〜???ヒントはパントリーの一番下の段に入るもの。大きさ的には小さめで、しかも想像を絶するもの。ギターじゃないし、、パントリーにはいらんし、、ピアノでもないし、ズバリ「圧力鍋」。どうじゃ、どうじゃ!参ったか?

お嫁の勉強メモを日々読んでいて、オイラもすご〜く”勉強という遊び”に引かれてる。どうしてもっと若い時に、、でも、”その気になった時が旬”だから、何を勉強するか考えよう。読者のみなさんも、刺激されてるでしょう?

人気blogランキングへ ← みなさま、次はバンクーバーから。プチリ今日もお願いしま〜す。

Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

チ~ッと舌打ち

拝啓シュート女さま

あらぁ~大事な大事な一票が・・・残念でしたぁ。シュート女さまの無念、お察しいたします。

この日曜日、しっかりと日本の将来を考えて投票してきますわ。ダーリンもお嫁も選挙速報ニュース好きなので今度の日曜の夜が楽しみ。えぇぜひmottaさんが応援されている川田くんには当選したもらいたい。mottaさん、川田くん、頑張れ~。

それにしても似たもの嫁姑。お嫁も「行き当たりばったり」派よ。のんびりしているくせに(←ここはシュート女さまと違うところ)はたっと思い立ったら急にしゃにむに動き出す・・・。こりゃ、カナダサミットはすごいことになるかも。熱いぜ、バンクーバー! ハズさまが「まぁまぁ」と言いながら暴走を止めてくれる「止め男」になってくださることを祈ります。

一昨日、思惑通りいかなくて「チ~ッ」と舌打ち(←まぁ下品)したことを告白。

実はダーリンの誕生日だったの。気がついていないふりをして、こっそりプレゼントを準備し、ケーキを買い、ジュニアと一緒に書いたカード&手紙を渡してびっくりさせる予定だったの(おぉ~かわいい&けなげなお嫁)。

プレゼントはダーリンが普段手を伸ばすことがないパントリーの一番下の棚にこっそり隠したの。なのになのにその日に限ってアルミフォイルを探していたダーリンがそこを開けちゃった~。チ~ッ! お嫁の陰謀(?)がばれちまった。

ダーリン「なんでこんなところにこんなものが?」

と問い詰められてしぶしぶ告白。どうもお嫁には「周到」という言葉が合いまへん。

まぁ和やかにケーキを食べ、ジュニアからのカード&手紙に大笑いというハッピーな誕生日となったからOKということで・・・。

実はチ~ッと舌打ちPart 2があるけれどそれは次回。

それとここで問題です。「さてお嫁はダーリンに何をプレゼントしたでしょうか?」

これはぜ~ったいに正解はムリ。だって想像を絶するだもの。万が一正解したらゴージャスなディナーをごちそういたしますわよ。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

・「愛の30本ノック」続行中。英語の幅が広がるのが実感できていい感じ。

・英語ライティングの基礎テキストを復習。「基礎なんていまさら」とも思ったけれど、勝間勉強本にも「基礎を固めておけば、あとが速い」とあるので、しっかりとした土台作りの真っ最中。英語と日本語の発想の違いが詳しく説明されているのですんごく面白い。あぁなんで「勉強って面白い」ともっと前に気がつかなかったんだろう・・・。まぁ気がついたときが勉強適齢期なのね、そう思うことにしましょう。

人気blogランキングへ ← ダーリンおめでとう!おめでとうプチリくださいな!Banner_04

| | コメント (1)

2007年7月23日 (月)

自己嫌悪

拝啓浪花嫁さま、

エ〜驚き豆の木スッコロリン!そんな訳が出まわっているの〜?なんで〜?だって、Steve Jobs のあのスピーチ全部通して聞いたら、どうして、そんなダジャレみたいな解釈がまかり通るわけ〜???Rightの意味でしょう?そんな〜??毎日今日で命が最後だと思わないで暮らしたって、そんなの、最後の日がくるに決まってんじゃん?要は、「よく死ぬ事はよく生きる事」っていう「生」と「死」の方程式よ!

さて、今日は参院選のことをトロントにいながらマジで考えた。やっぱり皆さん選挙に行こう。今回はどうしても選挙に行こう!子供たちの将来を考えたら、やっぱり自分たちの一票も無駄にしては行けない!って気持ちになった。motta君のブログをここにリンクするね。もったいない オイラも在外選挙に行ってくるよ。チャンとマジで活動している人たちがいる。心強く思う。自分に一体今何が出来るか?を考えて、何かをしている人たち、着々と戦っている人たちがいるんだ!やっぱり!このブログを読んでくださっている、カナダに住んでいる人たちも在外選挙のお知らせ 領事館に問い合わせたら、土日もOKなんだよ!自分たちの一票を無駄にしないようにしようよ。でね、ホントは自民打倒を望むなら、どっかの野党公認d候補の誰かに入れた方が、戦略的にはいいのか?とも思ったのね。自分の一票を無所属の誰かに投票したら、通らない場合いは無駄になんないかな〜??なんてね。東京都知事の件の苦い思いもあるし、、、。でも、やっぱり、それでも、自分がこれぞ!って思う人に入れるのがホントだよね〜?????

お嫁、やる事いっぱいあるぞ〜!私たちには。世の中メチャメチャだから、イッパイありすぎて、どっから手をつけてよいか分からん!それでも、9月サミットでは、何か一歩でも前に進めるものを見つけて、どこから手がけるかの段取りも決めて、、、オイオイ、シュート女はイッタイなにをドデカイことばかり言ってんの〜?口先女は煮ても焼いても食えたもんじゃない。もっと、地道に、、でも一歩ぐらい前にすすみたい。

てな事をかんがえつつ、フト思った?「今日は何日?」マジでマイハズにも聞いてみた。そうか?今日は投票日最後の日。ベィビーのせいにするワケではないけれど、落ち着いてニュースを見る事もなく、曜日感覚はあっても日にち感覚にまでは手はのびない生活をしている最近のオイラ。そこで、GoogleMapで日本領事館Torotoを探し出した。また、このGoogleMapが大間違いで、領事館をやっとの思いで探し出した。領事館の「休日緊急電話」にも電話したり(多分Otawaの大使館に転送になったんだと思う。とっても親切な対応だった。)そんな事はとにかく、探し当てた投票所。色んな説明を受けて、私の番。記入欄に”在外選挙登録番号”????え?そんなの必要なの〜〜〜???もう、誰に投票するかも全て決めてきていたのに〜??そこで、また何とか、この番号なしで投票出来ないか?と交渉してみたシュート女。みんな優しくそして丁寧に、「どうも、すみません。せっかくバンクーバーからいらしたのにね〜。この用紙に記入して、パスポートのコピーを添えて、本人が領事間に御持ちいただいて、、、」なんて事を言われながら、スゴスゴと引き上げて、次の目的地、98歳のおばあちゃんに会いにいったシュート女でした、、、。

私の人生全てコレなの。ズバリ”行きりあたりバッタリ人生”。面倒なことはスッポリ頭に入らず、その場でなんとかしようと、ダメならその時はその時で、また別の道を考えよう。。。mottaくん、あかねさん、浪花嫁さま、ごめんなさい、、、偉そうな事を言いつつ私の大切な一票を無駄にしてしまった。海外に在住のみなさま、ぜひ”在外選挙登録カード”を申請してください。そうしたら、世界のどこに旅行していようとも、投票場所さえ間違えずに、日にちも間違えずに、行けば、どこででも投票できるんです。

それにしても、年配の方からお若い方まで、多くの方が投票にいらしてました。そのうれしい驚きと共に、自己嫌悪が100倍になったシュート女です。


人気blogランキングへ
 ← 自己嫌悪のかたまりシュート女に、もし、あきれかえってなかかったら、ポチリと応援お願いしまシュ。シュン。

Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

激安好きもほどほど?

拝啓シュート女さま

トロントにてひと時ひと時を楽しまれているご様子。お嫁も嬉しゅうごじゃります。

Steve Jobsのスピーチに関するシュート女さまのご解釈、おおっと思ったお嫁です。

そうなのよ、「きっと納得する人生になる」ってSteveは言いたかったのよ。でもね、インターネットでは、

<来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ

<必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう。 

っていう訳が多く出回っているの。お嫁もはじめはそうかなって思ったけれど(だってスピーチを聞いている学生たちもドッと笑っていたでしょ)、やっぱりシュート女さまの解釈が正しいはず。おお~勉強になりましたぁ。

激安レッスンの講師(アルフレッド君)も「間違いなくその通りになる日がくる」っていう解釈。おいおい。

別に悪口を書くつもりはないけれど、アルフレッド君はSteve Jobsのことも、ロスチャイルド財閥(←お金持ちの話からお嫁がロスチャイルド一族のことを話したの)も知らんかった。う~ん、一抹の不安が・・・。性格は良さそうだし、クロサワのような映画監督になりたいと言っているが・・・。投資効果はあるんだろうか? まあ1ヶ月単位の契約だから、こりゃダメだってことになれば今月末で打ち切ればいいだけのことだけど。

お嫁の「激安」好きには少々問題があるかもね。それなりの「結果」を求めるにはそれなりの「投資」が必要だもの。ケチってばかりじゃケチ臭い人生になっちゃうかしらん。

飛行機の件もそう。「どこのシートに乗ろうと目的地に着きゃあなんでもいい。格差なんぞち~とも気にならへんでぇ」という感覚のお嫁。このガサツ(??)な神経ではすてきな大人のオンナへの成熟・豊かな人生はムリかもしれまへん。この辺りで路線の変更が必要かなって思ってきましたわ。どう思われます、シュート女さまぁ。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

英語力強化月間、すごく楽しく進んでいますよ~。iPodのリスニングも楽しいし、基礎的なライティングの本の復習も面白い。いま大きな仕事を抱えているのであまり時間がないけれど、来週提出すればもっと時間がかけられるはず。わくわくよん。

人気blogランキングへ ← お嫁はガサツだけの気はいいのよん。応援してね!Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

格差の見える時☆

拝啓浪花嫁さま、

オイラは家族一緒時間の一瞬一瞬を楽しんでいますよ〜。こういう一瞬一瞬だって、限られた時間でまたバンックーバーに帰る時が、すぐにやってくる事を知っているから、ベィビーのあのポニョポニョの肌触りや、あのベィビー特有のニオイを十分に満喫しておかないと、次に会う時にはまた成長して、ドンドン違ったベィビーになってしまっているんだもの。あ、でもバンクーバーに帰らな食ったって、子供はドンドン変化しているんだから、今を一緒に満喫しておかないとね、同じことだわね♪ そう、Steve Jobs の言うように。

シュート女はお嫁のように色んな訳のチェックなんてしていなくて、ただ読んだ時に思っていたは、(翻訳してなくて、ただ読んだだけだよ、、、、)「毎日、自分の命は今日でおしまいって思いで暮らしたら、将来振り返ってみた時に、必ず自分が納得する人生になっているだろうこと請け合い。」ってなことだったんだけど。違うの?それにしても、格安AirTicketに、格安英会話、さすがゴリッパ。しかも、Steve Jobs のスピーチを語りあえる先生に出会えるなんて、うらやましい英会話レッスン。「英会話学校」ってのホント信じてなかったシュート女だけど、それだったら、オイラも受けたいよ。

格安AirTicketって言えばね、贅沢に全く無縁のシュート女が、歳をとったら「金持ち」になっていたい!って思っていた事があるんだけど〜、それは飛行機!関連。だってね、昔バリバリだった頃は出張は必ず、ビジネスクラスで、チェックイインだって、あんなに列くんで待たなくても、ビジネスクラスのチェックインカウンターに行けば、サッサノサだし、それに待つのもラウンジっていうとろろで、楽なソファに飲み物(アルコールも、、、オイラな猫に小判)スナック、今ならインターネット等々で、乗ってしまえば、この小さなオイラの体が持て余すほどのスペースのあるシート。食事も本物の食器に、これはこれはウマイ料理。今回なんか、焼きたてホカホカのクッキーまで出たんだから。え?今回は出張じゃないのに、そんな贅沢してるの〜?なんて思うでしょう?だったらいのに、、☆ しょじゃなくって、残念ながら、OR 幸運ながら、バンプアップされたのよ〜。だからラクチン、らくちん、で思わず、遠い昔に思っていた事を思い出し、「金持ち」にならずに歳だけ食ってる自分を発見。クシュ〜ン。

格差をもろ見せつけられる限られた時間。ビジネスクラス、ファーストクラス、じゃない大半のシートはこれより狭くはできない程、きつきつで、プラスティック食器で、、、嫌、最近の格安国内便は食事なんかでないし、いつもビジネスクラスの数列を通り過ぎて、普通客シート(格安シート)に席を探す自分。

年寄りも、子供も、身体障害者も、肉体条件はイッサイの基準にはならない、席決めルール。そのうえ、最近は余分な$を払わないとインターネットで通路側の席はゼ〜ンブとられてしまっていて、チェックインカウンターではとれませんよ。残ってないもの。

ルールはただ一つ、$がもの言うだけの「楽」。これが可能だったら、いつまでも足腰きかなくなっても、孫にあいにいけるのにな〜♪

人気blogランキングへ ← まだまだ、足腰ききまっせ〜。元気に応援ありがとう。
Banner_04

 

| | コメント (3)

2007年7月19日 (木)

英語力強化期間 Part 2

拝啓シュート女さま

ベービーちゃんを連れてナイアガラ・・・。う~んすてき。ベビーちゃんを預かってボンさま&実嫁さまを「霧の乙女号」に乗せてあげるなんて、まぁなんとニクイことを。

ボンさま&実嫁さまはすっごく嬉しかったはず。だぁって久々の大人だけの時間でしょ?

わが子はもうかわいくてたまらない・・・でも時には息抜きが欲しいのよ~(←心からの叫び)。お嫁もジュニアが10ヶ月のとき、初めて人に預けて外食をしたの。そのとき、もう肩から羽が生えたような気分だったなぁ。せいぜいお二人に「大人タイム」をプレゼントしてあげてね。

フフフ・・・お嫁も着々とカナダ旅行の準備をしてますよん。「激安」チケットを探してリサーチ中。来週には日程が決まりそう。

カナダ旅行という「にんじん」が目の前にぶら下がっているから仕事にも勉強にも力が入りますわぁ。そのせいか実は仕事を入れすぎちゃってアップアップ。そのなかの1つは某企業の「リスクマネジメント」に関するプロジェクト。その仕事をしつつ、「まずは自分のマネジメントをせなあかんなぁ」と反省中ですわい。

さてカナダ旅行までは「英語力強化期間」。いろいろやってまっせい。

1.iPodでしっかりリスニング。最近は家事をしながらも聞いていますのよ。「ながら聞き」が多いけれど、時には詳細までしっかりと聞き取る練習もしてメリハリをつけています。

2. 「愛の30本ノック」っちゅう英語発信力アップの講座を受講中。課題が毎日30日間送られてくるの。課題はごく短い文章なので「こりゃ簡単すぎたかなぁ」って最初は思ったけれど、なかなか良いのよ、これが。お嫁の英語って幅が狭いというか、同じようなパターンの繰り返し。だからさまざまなパターンの表現を教えてくれるこの講座、良いですわ。ただいまノック7本目。

3. 英語の日記。毎日は難しいけれど、このブログみたいに2日に1回のペース。ただ書くだけじゃなくて、iPod等で「これ良いなぁ」と思った新しい表現を必ず入れることが課題。

4. プライベートレッスン。お嫁は執念(??)で激安プライベートレッスンをしてくれるところを見つけたの(←お嫁にとって「激安」はマントラか?)。週1回で昨日2回目を受けたところ。昨日はSteve Jobsの例のスピーチについてディスカッション。

スピーチのなかの「If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right」の「right」がどうもお嫁ははっきり分からない。インターネットで調べると複数の和訳が出ているけれどどれももひとつすっきりしない。いろんな解釈があるようだけど、ドンピシャリのものがないのよ~。

↑のような説明を大汗をかきながらするお嫁。言いたいことを100%伝えられないもどかしさ。不完全燃焼だぁ~。これじゃ英語で取材・インタビューなど100年早い?

まぁなんにもしなければ「そのまんま」なんだから、進歩したければ一歩一歩足を進めていくしかないのね。英語ブートキャンプ、頑張りますぅ。

シュート女さまはボンさまファミリーとの蜜月をお楽しみくださいな。

人気blogランキングへ ← 激安好きのお嫁への応援お願いします!Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

ベィビーと共に♪

拝啓浪花嫁さま、

昨日はベィビーを乳母車に乗せて、ケンジントンマーケットにお野菜果物などの買い出しに、、、。ケンジントンマーケットはチャイナタウンの近くにある、お野菜果物、魚類、肉類、なんかの食材がお安く買えるし、スーパーに行くより楽しいし。ケンジントンマーケット そしたら、実嫁のお友達から携帯に電話が入り、ChinaTownで飲茶のお買い物してるから、、、来ない〜??って呼び出し。勿論臨機応変の私たち二人、いや、3人はそのままChinaTownへ、そしてさらに、彼女宅へ。彼女にはベィビーよりも半年先に生まれた男の子がいるんだけれど、ま〜、スッゴイ元気ママ。タフママ。あんな重そうな元気な男の子を抱えて、アチコチへ、、、。一歩先行く先輩ママさん、コミュニティーセンターの、まあ日本で言えば、児童館の情報など盛りだくさんのママさん。日本人ママさんのネットワーく、力強い限りです。

で、時間は一日逆戻りで、「家族そろってナイアガラへ」。まず、マイハズの言っていた通り、ベィビーはカーシートの中でスヤスヤとグズリもせずに、ナイアガラへ到着したのはいいけれど、ま〜日本の観光地並みの人ごみ。ナイアガラへは何回も来たけれど、真冬のナイアガラ、春のナイアガラ、秋のナイアガラ、今回の夏のナイアガラは、それはそれは、「赤ちゃん向き」ではなかったわ。でも、目的はボンと実嫁ふたりで、「霧の乙女号」に行かせてあげる事!だったので、オイラとマイハズはシェラトンの横のスターバックスの、楽〜なソファでベィビーのお守りを楽しんだ。通りすがる人々が、「ま〜かわいい!」って口を揃えてよってくる。どこででも見られる、平和な家族旅行の一齣がくり広げられたというわけですが、”What HIS name?"と聞かれて、名前を言えば、平謝りに謝られたり、でも、誰も彼もがオイラがママだと思ったみたいで、気を良くしたり、このどちらの間違いも、はっきりアジア人ならではではないかしら?手な具合で、きょうは、え?そうかもうトロント滞在4日目。何にもせずにベィビーと遊んでいるだけで、ドンドン時がすぎちゃう。さ、また今日も遊ぶぞ〜♪

日本では大地震があったみたいで、不安。家にいないのでNews7すら見てないので、自信恐怖症のオイラはちょっと不安。やっぱり、テレビの映像で実況を見るのと、ウェブのニュースを読むのとでは、感じ方にすごい差がある。バンクーバーにもどったら、領事間に選挙にも行かなくっちゃ、、などなどと平和にベィビーと遊んでいる時にも、チラチラ心をかすめる不穏な空気、暑い日本の夏真っ盛り、「書中お見舞い申し上げます。」

ところで、お嫁、オイラは君の「向上心」と「好奇心」大好きです♪我がフリ見てるみたい。しかも、それが未来の$につながっているところなんて、ソックリ。フレ〜、フレ〜♪

人気blogランキングへ ← イケイケお嫁、アソベアソベ、シュート女! 暑さにめげず応援有り難う!Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

英語力強化期間

拝啓シュート女さま

そうね、子育てはある種「腹」をくくらなければできないような気がしますわ。それにね、どんなにがんばっても「完璧な親」とか「完璧な子育て」ってありえないと思うの。

ジュニアには浪花嫁を親にしたことのメリットもデメリットも受け入れてもらいましょう。いい目にでることも悪い目にでることもあるだろうけれど、それはしょうがない(←「しょうがない」はいま禁句かな?例の久間発言があるからね)。とにもかくにも親が子育てを含めた人生全般を自然体で楽しんでいれば、そう悪い目はでないような気がするの。

とりあえず・・・

1. 人を傷つけてはいけない

2. あいさつは大切

3. 食べ物を粗末にしてはいけない←もったいないオバケがでるでぇ

以上3つを基本方針として、あとのことはのんびり構えておりますわい。

それにしても、シングルマザーであったシュート女さまとダーリンがいる浪花嫁とでは「腹のくくりかた」の度合いがそれは大きく違うはず。ほ~んとシュート女さまぁ、立派にボンさまを育てられたこと、心から拍手ですよ~。

さて、話題をがらりと変えまして・・・。

お嫁はこれからヴァンクーバー旅行までの約1ヶ月半を「英語力強化期間」と決めました。なにか目の前においしそうなものがあればがんばれるというもの。それにハズさまとも通り一遍じゃないいろいろ深く突っ込んだおしゃべりがしたいし。

浪花嫁の遠大な計画(←「遠大」というものでもないけれど・・・)

英語力(会話力・英訳力を含む)をUPさせていけば・・・まずハズさまといっぱいおしゃべりができる→カナダ旅行での出会いが広がる→これまで以上に情報が入手しやすくなる→英語でリサーチできる→少しずつ和訳から英訳に仕事をシフトしていける(収入アップだぁ)→英語でインタビュー・発信ができる・・・ってな具合(単純やのう)。

てなわけで今週から英語版ブートキャンプだぁ~~。次回から具体的にご報告していきます!

人気blogランキングへ ← ブートキャンプ入隊・お嫁への応援お願いします!Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

人生二度生きる♪

拝啓浪花嫁さま、

トロントのデルタチェルシーというホテルから、お届けしま〜す。(マイハズは出張でこのホテルに滞在中。)アンティ浪花嫁ありがとうね。お嫁の分のチュもしておきますね。ベィビーは重たくなったこと、重いこと。たったの3ヶ月でこんなになっちゃうのね〜。もうアァ〜うぅ〜とか結構ながい間、おしゃべりしている事もあるのよ。それに、自分の親指シャブリも出来るし、うれしい時はスマイルのかわいいこと♪フニャフニャのホッペのかわいいこと♪成長の早さには目をみはってしまった。そしそして、今日は、ジジババと家族そうせい5人でナイアガラの滝へ言ってきましたよ。いい子に車のベビーシートで眠りこけるベィビー、その横で眠り超えていたばばば〜ちゃん。疲れたけれど、初の家族旅行大成功!

ところでね、オイラも「親の価値観」とか「親の身勝手」とかにぶつかるたびに考えたり、悩んだり、したけれど、「もう私の子供として、生まれてしまったんだから、これはしかたない。」と割り切る事にした。だって、やっぱりどう考えても、普通の家庭の子供とは違った生活になっていたもの。母しかいないし、夏休みはサマーキャンプでアメリカとかイギリスとかにいかされちゃって、高校も一応はどっちがいいか聞いたけれど、でも、アメリカに行く事になったし、、、。そして、戦争は嫌、殺しのおもちゃやダメ。多かれ、少なかれ、どんな親のもとに生まれても、親の影響のもとで、子供は大きくなっていくでしょう?私の子供として生まれ落ちたボンよ!あきらめておくれ。ごめんね、変な人生になっちゃったかもしれないね。そう、お嫁の言うように、これからドンドンお友達関係が出来てくると、色んな問題にぶつかる、それはホントに確かだわ。そしてね、それがまさに「二度生きる」ってことで、子供の苦しみ、うれしさを経験することで、親育つ☆自分が成長していた時は「生の練習」で、子供を育てる時にはその練習を生かして本番人生☆ジュニァーは今、浪花嫁のもとで「人生の練習」してるんだわ。え?オイラは親の影響を多分すごく受けた思う。反面教師っての?あれですよ。

ジュニァー、よかったね、浪花嫁ママにいっぱい練習させてもらいなさいね。

ババさまとしてのオイラはこれからは、もう「口出し」しないで、見守る訓練をしなくっちゃ。親はボンと実嫁だから。私はボンに影響を及ぼしたかもしれない、そして、そのボンと全然ちがった環境で育った実嫁を両親に持つベィビー。ババ様の私の出番は終わっているわけだから、ボンを通して間接的に間接的に影響を及ぼすかもしれない、、、。でも、「戦争」についてベィビーにもし聞かれるような事があったなら、やっぱりキチンと「反戦」の意見は言ちゃいますよ、このババは。

気blogランキングへ ← ナイアガラの旅でお疲れババにプチリのおうえんを! Banner_04



| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

親の価値観

拝啓シュート女さま

三ヶ月ぶりに会うベビーちゃん。またまたかわいくなっていることでしょう。シュート女さまのメロメロ度アップ間違いなしっ!

ボンさま、実嫁さまにどうぞよろしくお伝えくださいな。ベビーちゃんにアンティ浪花嫁のLOVEを送りますわ~。ベビーちゃん、いつか会いましょうね。

どうぞトロント滞在を満喫してきてくださいな。留守はこの嫁がテキト~に、じゃなくて、しっかりと守りますからね。

今日はこの間近所であった夏祭りでの出来事をご報告を。

お嫁の近所の神社の夏祭り、かなり有名なの。獅子舞やら太鼓、それにもちろんたくさんの屋台でそれは賑やか。

「今日はこれで好きなことをしていいよ」とジュニアにささやかなお小遣いを渡したの。お小遣いを嬉しそうに握り締めながら「どれで遊ぼうかなぁ」と屋台をひとつひとつ見て行くジュニア。その後ろ姿、so cute !! (←今日も親バカ炸裂)(ちなみにダーリンは仕事のため欠席)

おもちゃをいっぱい飾った「くじ引き」の屋台の前で突然ストップ。

ジュニア:「これしたいな」

浪花嫁:「いいよ、やったら」

真剣にくじを選ぶジュニア。

当たったのは・・・なんと鉄砲のおもちゃ。それもかなりリアルなもの。

嬉しそうに鉄砲をもって歩き始めるジュニア。シュート女さまぁ、そのときのお嫁の気持ちを分かってくださるかしら?

おもちゃでも鉄砲は嫌なのよ~~~。嫌なものは嫌。

だから言っちゃった。

浪花嫁:「**ちゃん、それは人をケガさせたり殺したりするものでしょ。お母さんは**ちゃんにそんなものを持って欲しくない。どうしても欲しくてたまらなかったらしょうがないけれど、できればお店のお兄ちゃんに返してくれへんかなぁ?」

しばし考えるジュニア。

ジュニア「うん、返す」

すたすたと屋台に戻り、お店のお兄ちゃんに「これいりません」と返すジュニア。

その姿を見て目頭が熱くなるお嫁。なんていい子なんだぁ~~~。私だったら絶対にゴネるはず・・・。

すごく嬉しかったけれど、ちょっと複雑な心境でもあったの。だぁってね、こんな小さな子に「親の価値観」を押し付けてしまったから。こういうときはどうしたらいいのかなぁ? ねぇシュート女さまならどうします?

これからこういうことがいろいろ出てくるはず。親子でも別の人間だからね。お暇なときにアドバイスくださいな。

それにしてもうちのジュニアっていい子でしょ、ホホホ(←どこまでも親バカお嫁)。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

<過去3ヶ月の振り返り>

医学編-消化器、呼吸器、循環器の基礎固め。

      まあまあできた感じ。お嫁としては上出来。

      もう一回ざっと復習したら泌尿器・神経系に進む予定。

英語編-iPod・Podcastリスニング。

      ジュニアの保育園送り迎え時間を活用して1日1時間

      程度できたかな。この調子で続けていこう。

      7月8月は英訳力アップ月間にするつもり。

      新しいプロジェクトを次回ご報告。

人気blogランキングへ ← お留守番お嫁にブチリ応援お願いします!Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

おばちゃまは翻訳家

拝啓浪花嫁さま、

まずは、読者の皆様へ、なんだかココログの緊急メンテナンスとかが入って、一回飛んじゃったのです。いったいあの元気そうなシュート女は病気でもしたのかしら?なんて心配してくださった方がもしおいででしたら、相変わらず元気ですのでご安心のほどを。ただし、マイハズはまた風邪ひいているけれど。そうなの、いつもアッチが病気して、うつりそうだな〜という気配はあっても、私はいつも元気です。でもね、今年初めてアレルギーってのになって、ひどい目にあってますよ〜。すさましいクシャミに、鼻水ダラダラ、目も鼻もかいいし、、、トホホホホ状態が結構続いております。

さてね、お嫁のXXXXX年後の計画を聞いていたら、ずっと前にとっても大好きだったシリーズ”おばちゃまは、、、、”をおもいだしちゃった。Mrs ポリファックスはCIAのスパイ。ガーデンクラブにはいっていたり、とっても普通のおばあちゃまなんだけど、飛行機でアチコチどこでもすっ飛んでいって、いろんな冒険をたのしんで、それはそれは、オイラもあんなおばあちゃんにたりたい。なりたい。なりたい。おばちゃまシリーズ。 いつの頃だったかしら、次から次とこのシリーズ本を読んでいた。こんな本の翻訳が出来る人はすごい!忙しく働いて、ボンを育てて、そして忙しく遊んでいた頃に読んでいた懐かしいシリーズです。

お嫁の計画の一番以外は全部、オイラの将来設計にあてはまるんだけど、でもね、大きな違いは、なんで、お嫁くらいの年齢の時に、いやいやそのずーっと前にこういう事を計画しなかったのかしら?ってこと。オイラの生きざまは、人様いわく、波瀾万丈なんだけど、計画性にかけていて、ナリイキバッタリでここまできちゃって、「そうか、今からでも”おばちゃまは_____。」って計画をねって、実行に移そう、と今お思っておるのですよ。マジで。

千葉敦子氏は若くして亡くなったんでしょう?今度是非、彼女の本読んでみたい。おばちゃまシリーズもいいけど、ちゃんとマジな本もね、読みますよ。お嫁の偉いところはね、こうやって、ブログで発表して、そしてちゃんとアクションも起こしているところがいい。机上の哲学って、机の上で哲学を語たったってしょうがない。頭の中だけで考えていて、行動しないのは、何にもしていないってことだもの。

さて、バババ〜ちゃんはベィビーに会いに、こちらの土曜日にトロントへ行ってきますよ〜♪だってね、電話でいくら話しかけても、ちっとも思う時に声をだしてくれないし、、、、もう3ヶ月、会いたい、会いたい。ってなわけで、次のUPはトロントからです。お楽しみに〜。

人気blogランキングへ ← おば〜ちゃまはトロントへ行く。プチリの応援ありがとう♪ Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

よく死ぬことはよく生きること

拝啓シュート女さま

えぇ9月のトップ会談でおしゃべりをして二人でできる面白いことをいろいろ企画しましょうよ。せっかく出会えた「似たもの嫁姑」。この不思議な縁を最大限楽しみましょうね。

さて「サクセスフルエイジング」のあとには「死」が待っているのだけど、シュート女さまは「死」についてどのようなお考えをおもちかしら?

お嫁はジャーナリストの千葉敦子さんの本が大好きで、すべての著書を読んでいるの。そのなかでも「よく死ぬことは、よく生きることだ」(文藝春秋)が大好き。

初めて読んだのはもうずいぶん前なんだけれど、

「死について考えたことがない、というのは、生きることについて真剣に考えたことがない、というのと同じです」

「よく死ぬことは、よく生きることと同じです」

↑の文章にものすごくハッとしちゃった。普通、死についてあまり考えたこともない、という人が大多数だろうし、お嫁もその一人でしたからね。

まぁいまでも大した考えはもっていないけれど、「希望の最期」っていうのはあるのよ。

XX年後の浪花嫁の旅立ち:

売れっ子翻訳家として日本とカナダを行き来している浪花嫁ばぁちゃん。年を取っても好奇心は衰えずフットワークの軽さも相変わらず。心配する息子ジュニアの「母さん、そろそろ落ち着いたら」という忠告を無視して世界中をひょいひょい飛び回っている。

また旅心が膨らんで家族に「ちょいと**まで一人旅してくるわ」と勇んで飛行機に飛び乗る。

**旅行を満喫して帰途へ。関空(またはバンクーバー空港)に到着。

客室乗務員が美しい老婦人(←浪花嫁のことでっせ)が眠り込んでいるのを発見。

「お客さまぁ、到着しましたよ」と声をかけたところ、その老婦人は事切れていた。

家族は「もうしゃあないなぁ」と半ば呆れ、半ば「まぁ好きなことしつくして死んだから本望やろ」と苦笑しながら遺体を引き取りに・・・。

・・・こ~んな感じなのよ。アホみたい?

あぁこういう最期を迎えるためにはいっぱいしなければならないことがあるわぁ。

・売れっ子翻訳家になる

・日本とカナダを行き来するライフスタイルを構築する

・好奇心に溢れた瑞々しい感性を育む

・足腰を鍛えておく

・美しく年を重ねて美貌の老婦人になる

あぁ忙しいなぁ。

こうして恥ずかしげもなく発表したらますますその気になってきちゃった。豊かな死を迎えられるように1日1日を大切に積み重ねていこうと改めて思うお嫁でありまする。

浪花嫁:勉強進捗メモ:

医学関連:消化器、呼吸器、循環器の総復習。

英語関連:リスニング1日約1時間。

       今日から「英語発信力アップ」のための30日講座スタート。

人気blogランキングへ ← サクセスフルエイジング+ビューティエイジングだい♪ Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月11日 (水)

青春の詩

拝啓浪花嫁さま、

お嫁の何かを目指す意欲はオイラもあって、絶えず止まる事のない向上心と好奇心、「やりたい事」はアレコレ思いつくんだけれど、「好きな事」って問われるとそれが分からん?何故だろう?9月サミットで、アレコレ顔と顔をつきあわせて、お話しているうちに、段々見えてくるかもしれない、と楽しみにしているんですよ。

話はかわって、「かっこいい大人が周りにイッパイいる環境」を子供達に与えられたら、人生成功、サクセスフルエイジングってことだよね。ところでね、先日お話ししたMRS井上のほうは精神科医なの、だから、ほんとにご夫婦で心と体にかかわっていらっしゃいますよ。そして、今日は私が感動した詩を全文ご披露いたします。MRSの朗読が、また、実に心打つ響きだったんだな〜♪

青春の詩

作: サムエル ウルマン
訳: 井上正康 啓子

若さとは人生の一齣を指すのではなく
あやなす心の有様を言うのである

強い意志、溢れる想像力、
燃える情熱
恐れることのない冒険心
これこそが若さの証である

歳月は深いしわを刻むが、
それだけで老いることはない
理想と情熱を失う時、初めて人は老いる

自信喪失、不安と猜疑心、恐れと失望
それが心をしぼませ、
魂をむしばむ
たとえ何歳であろうとも、
満点の☆の輝きにも似た 驚きとと感動、
好奇心とあくなき挑戦、 喜びと勇猛心、
そこに若さがある

時とは信念と共に若く、疑念と共に老いる
自信とともに若く、恐れとともに老いる
希望と共に若く、失望と共に老いる

心塞ぎ魂が凍てつくとき、人は若くして朽ちる
夢と希望と喝采が魂の琴線をふるわせる限り
人は永遠の青春を生きる

ーーーーーーーー

今日はこのまま美しくすーと消える事にいたしましょう。

人気blogランキングへ ← 喝采、青春の詩。今日もプチリと有り難う。  Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

目指せ、格好いい大人!

拝啓シュート女さま

ほぉ~サクセスフルエイジング。格好いいですね。賛成・大賛成。

シュート女さま同様、アンチエイジングという言葉には抵抗があるお嫁ですが(←「年取ったら悪いんか?」って気になるもの)、サクセスフルエイジングって嬉しいじゃないですか。

早速、阿部野適塾をチェックしましたよ。面白そう。このところお嫁は「医療とその周辺分野をしっかり勉強したい」と考えていろいろリサーチしていたの。専門学校に行こうかな、はたまた大学に行こうか、でもこのお嫁のおつむで受験勉強ができるかしら、なぁ~んて考えていたところ。もしかしてお嫁の希望にぴったりなところかも・・・。わくわく。

ちょっと話が逸れますが、もう4、5年前のことだけど面白いお兄ちゃんに会ったの。ジュニアをベビーカーに乗せて夕方のんびりお散歩していたらあるところで黒山の人だかり。「なに? なに?」って覗いてみたら「なんでも屋」って手書きの看板を立てたお兄ちゃんとそれを取り囲むサラリーマンやらOLさん。

「あなたの疑問にお答えします。悩み解決」って看板に書いてあるの(←はっきり覚えていない。確かこんなことが書いてあった)。「そんな簡単に悩みが解決するわけないやん」と思うお嫁。さっさとその場を離れようとしたらかわいいOLさんが「すごっく面白いですよ~」と引き止めるの。そしてお兄ちゃんから「赤ちゃんを連れたそこのお母さん。なにか疑問はないですかぁ?」と声をかけられちゃった。

浪花嫁「あの~お代はいるの?」(←さすが浪花のお母ちゃん)

お兄ちゃん「お志で結構です。10円でも50円でも」

そのぐらいならまぁいいかと、ダメモトで質問しましたよ。やはりお嫁はノリが軽い?

嫁「子どもって小さなときは目がキラキラしているでしょ。 なのに十代の子たちって目が輝いていないように感じるのけどそれはなんでかなぁ?」

兄「『こんな風になりたいというすてきな大人』が周りにいないからですよ」

お嫁は「おぉ!」って思っちゃった。すごく納得したというか、腑に落ちたというか。簡単な答えだけどお嫁は「深い!」って感じたの。

そう、「こんな大人になりたい」っていうすてきな見本が周囲にゴロゴロしていたら、子どもたちも「私もあんなすてきな大人になるんだ」って目標ができる。そしてすてきな大人になるべく自ら感性を磨く努力をするだろうから目が輝くはず。

そうなのよ~、サクセスフルエイジングは次世代・次々世代のためでもあるのよね。格好いい大人が世界を救うのよ(←大げさか?)。シュート女さま、世のため、人のため、サクセスフルエイジングの旗振り役をお願いします。お嫁もついていきまっせ~っ。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

「人のからだ」:「循環器・疾患Ⅱ」セクション読了。

iPodリスニング:1日約1時間半。

人気blogランキングへ ← ビバ!サクセスフルエイジング♪ Banner_04

| | コメント (2)

2007年7月 8日 (日)

サク:咲くセスフルエイジング

拝啓浪花嫁さま、

1 ご覧くださいい。我が家のバックバックヤードの雑草畑でとれた、フレッシュなラズベリー。とっても甘くて、美味しいよ♪

さてさて、いよいよバンクーバーにも、今年は来ないと思っていた夏がやって参りました。お嫁が3本の〆を、ナリフリかまわず、浪花でこなしていた先週のことでした。方や、シュート女はここバンクーバーで忙しい時間を楽しんでおりましたのよ。

バンクーバーの夏はとても短く、美しい。ちょうど、日本のソメイヨシノの命が短いから、バンクーバーのどの桜よりも美しく思えるのかもしれないように、バンクーバーの夏は、どこの夏よりも短く素晴らしい。だから、今この夏をイッショウケンメイ楽しまなくっちゃ。てな訳でここの多くの住人は休みをとり、そしてカナダの他の場所から、また、アチコチの国から、そして、我がフルサト日本から多くの人々がやって来ます。そのなかに、シュート女のムカ〜シからの友人のお兄様ご夫婦が含まれておりました。

先週だったか、その前の週だったか、オイラのフル〜イ友人からファクスがはいり、(彼女はメールはやってないそうで、電話かファクスなの。)その友人のお兄さんご夫婦がバンクーバーにいらっしゃるって連絡が入りました。彼がまだ結婚する前から、お話を聞いてい、なんだかとっても急に懐かしい気持ちでいっぱいになりました。まあ、そんなこんななんだけど、このご夫婦はお二方ともお医者様。

先週の木曜日に、バンクーバーの日系人を対象に日本語でなされた講演会の面白かった事、おかしかった事♪ さすがお笑いの本場浪花の、大阪市立大学のお医者様、医学、科学を素人の私たちが実に身近に感じさせてしまう、プリゼンテーション、さすが!でした。

4月の4日、ベービーの生まれた丁度その日に、大阪では第27回、日本医学総会というのが開かれていて、そこで、このお医者様、’ファッションセラピー’っていう、ミュージカル風ファッションショーを開かれたそうです。モデルさんたちは80歳以上の方々、また、お化粧コーナーでは、資生堂のメークアップの専門のかたが、癌の患者さんの顔に、お化粧をしていくというものだったらしい。

おもしろおかしくナルホドと思える科学的背景をもとに、若く元気で生きるため、血管マッサージを習ってきましたよ。

ーーーーーーーーーーーー

では最後に先生のメッセージの一部を、、、

一度しかない人生、、、、美しく年をかさね、、、良い想い出とともに旅立ちたいものです。サクセスフルエイジングは皆様自身の目標でもあります。

ーーーーーーーーーーー

アンチエイジングってのは、う〜んイマイチなじめなかったけれど、これ、サクセスフルエイジング!いいじゃないですか?人生満喫しなくっちゃ♪

てなわけでね、いつまでも、“トッちゃん坊ちゃん”じゃなくて、“嬢ちゃんおばちゃん”、で行きましょうかね!お嫁によると、オイラもクオリファイされていうみたいだもんね。

最後にこの先生の阿部野適塾のご案内。阿部野適塾

人気blogランキングへ ← いつまでも、はじけて楽しくサクセスフルエイジング♪ Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

永遠のお嬢ちゃん

拝啓シュート女さま

ヒョエ~、シュート女さまも宮本信子似なんですかぁ。なんちゅう偶然。トンデモ行動といい、顔といい、似ている二人の女。こんな二人を出会わした仲人あかねさん、あんたは凄い!

しかも・・・精神構造が「永遠のお嬢ちゃん」ってところも似ているような・・・。

ここでちょいと説明。浪花嫁がいう「お嬢ちゃん」とは生活力のない甘ったれのオンナのことではないの。いつまでも夢を追いかけ、ちょっとふわふわしたところ(←現実離れしている?)があって、理想が高く、面白そうなこと・興味が湧くことがあれば損得など忘れて追っかけていくキャラクターのこと。お嫁はそういうお嬢ちゃん体質であることを時には「こりゃ気をつけにゃ」と思いながらも誇りにしているの。シュート女さまはお嬢ちゃん体質にご賛同いただけるかしら?

シュート女さまが軍事に関与する企業のオファーを蹴ったお話、本当に格好いい。侍ですな。安定のため、お金のためならなんでもする人が残念ながら多いもの。企業人しかり、政治家しかり。誇り・プライドのない顔(←しかも変なプライドだけはある)の醜いこと。正視できまへん。

お嬢ちゃん体質にさらに磨きをかけつつ、外見も磨いていきたいな。前にも書いたように「顔は履歴書」だもの。みずみずしく清潔感のある、いくつになってもはじけている「お嬢ちゃんおばちゃん」ってどう? それともここらでちょっとセクシー路線を目指してみましょうかねぇ。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

今週は締切3本抱えて勉強が進まず・・・反省。

乳がん関連の仕事をしたので「悪性腫瘍」についてはたっぷり資料を読みましたが・・・。

iPodリスニング:1日約1時間半。来週、新たに2つの英語プロジェクトがスタート予定。

週末だぁ!梅雨でうっとうしくてもはじけましょう!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年7月 5日 (木)

誇り、プライド、けじめ。

拝啓浪花嫁さま、

日本の”おっちゃん”達全然反省してない、っていうか本質抜きに発言したり、あやまったり、忙しいこっちゃけど、こう毎度となると、もう嫌。というわけで、前回のミートホープのお嫁の記事の続きにもどっていい?

味のある花のない女優宮本信子ですって?伊丹の嫁はんですか?いやなに?「マルサの女」の宮本信子に似てると言われたのでっか?信じられん。今はもう分からないけれど、あの映画が上映された頃、あまりに、オイラににているって言われて、ドアに彼女のポスターをはられたことがあったな〜?う〜ん、運命の女ふたり、9月にいよいよ出会うわけか?トンチンカンチンな発想も、もしかして、セクシーでない顔もにてたりしたら、そりゃ、不気味ってもんでショ♪

きょうはね、これはミートホープの続きみたいなんだけど、焦点は従業員のメンタリティーに進みます。「消費者の方たちには申し訳ないけれど、私たちは生活がかかっていて、、、」とかってコメントで、あの悪ガキ社長を「悪」の頂点に持っていって、自分たちは被害者になって、組合つくって、、、3人の女性の方達、女性の見方のオイラがこんな事言うなんて、ごめんなさいよ。で、生活かかるって、食っていけなくなっちゃう事だから怖いよね、でもね〜?あんだけの事が社内で起こっていたら、黙って社長の言うなりになっているのも、「悪」のように思えるんだよ。

オイラがね、シングルマザーで職探ししていた時、「給料もっと出すから是非に、、、」って言われた会社があったのね。でも、その会社は日本政府に“ミサイルの部品”をアメリカから輸入して卸している、「安定職」だったんだ。今でも覚えているな〜。駅の公衆電話(その頃は携帯なかったからね。)で「仕事はとっても必要です。給料をもっと出してくれるっていうのも、とても魅力です。でも、そのミサイルってのが困るんです。」「ミサイルったって、小さなパーツだし、条件はなんとかしますから、、、」「そういう事じゃなくって、うちの息子にママの仕事を聞かれた時に、なんて言えばいいんですか?だから、お断りいたします。」って言っていた自分のストレートさ。子供の頃から、ピストルのおもちゃは買ってあげず、戦争はイカン、と言って育てていたオイラが、たとえ針の先ほどにでも、戦争に加担は出来ないわ。これは生きるうえでの「ケジメ」。小さなアパートでの二人暮らしだったけれど、やっぱりダメなものはダメ。で、母はツヨシでパワーだして職探し。結局、もっといい給料の仕事についたけど、あの時は、 失業保険をもらっていて、 先に何が待っているかも分からなかったオイラ、喉から手の出るホド仕事がほしかったのに。「生活がかかる」と人間強くなれるんだ。だから、生活がかかってる、、、ってことを言い訳にしないでほしい。みんな生活かかってんのね。

さて、オイラもね〜、まだまだ「発展途上国」。これから、どんな風に生きようか、何をしていきようか、マジでいっつも考えてます。若い頃から“そろそろ落ち着いたら、、”って言われていたけど、「落ち着く」ってどういう意味?今だによくわかんないのね。お嫁もあの計画に向かって、着々とをして、シタタカにプライドをもって進んでおくれね、セクシーでなくとも。

人気blogランキングへ この週末はバンクーバーにも夏がきた!って感じ。 気持ちよく、プチリの応援よろしくね!Banner_04

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

発言鈍感 票には敏感

拝啓シュート女さま

今朝、久間防衛相辞任を伝える新聞の見出し「発言敏感 票には敏感」を読んで、お嫁はプププ・・って笑っちゃいました。まさしくどんぴしゃり。この見出しを決めた人にざぶとん3枚って感じです。

あのおっちゃん、全然反省しとらん。「あぁひどいこと言って多くの人の気持ちを傷つけてしもうた」なぁ~んて思ってへんがな。頭にあるのは「選挙が・・・」「票が・・・」ってことだけ。

日本の政治家の大半がこういう思考回路じゃないかなぁ。先週、映画「選挙」を観てからますますそう思うの。

映画はもう爆笑の連続。・・・といっても爽やかな笑いじゃないのよ。呆れてあまりの情けなさから出るトホホ笑いなの。シュート女さまなら怒って席を蹴って映画館から飛び出してしまうかも。頭の血管が2、3本切れちゃったりして。

ざっと説明させてね。この映画は、平成17年10月に行われた川崎市議会議員補欠選挙に自民党公認で立候補した山内和彦さん(通称「山さん」)の選挙戦に密着したドキュメンタリー。今年のベルリン国際映画祭で欧州のメディアからも高い評価を受けているそう。

東京で切手コイン商を営む山さんが、自民党の公募で候補者に選ばれ、落下傘候補として川崎市へ。地元の国会議員、県議、市議など自民党総動員の支援を受けながら、「どぶ板選挙」に突入。

「3秒に1回名前を連呼」「妻とは呼ばず家内と呼べ」「電柱にもおじぎせよ」「握手は手を離す直前が大事」など選挙の基本について、先輩議員や後援者から教えられるの。政策なんぞそっちのけ。トホホですわい。

山さんが先輩議員と一緒に老人会の運動会でラジオ体操をしたり、神社の祭りでお神輿をかついだりするシーンもトホホ。本人が真剣なだけにトホホ度アップ。先輩議員が幼稚園の運動会で園児を前に真剣に演説をするシーンなんぞ正視できまへん。この先輩議員が腹黒いのよ。表面は優しく指導して応援しているけれど、当選したら将来議席を争うことになる山さんの足を引っ張っているのがうっすら分かる。「あいつ、まだ議員をしているんかい?」ってインターネットで調べたら、まだやっている。クソ~ッ。落ちろ~。

山さんは見事当選したけれど一期だけで足を洗い、今は主夫をしているとか。良かった良かった、山さんにはそのほうが似合うもの。奥さんも幸せなはず。

こ~んな映画なのよ。映画のあと、ダーリンとお茶を飲み飲み、「あぁ面白かった!でもこんな選挙活動の舞台裏を見たら、志のある人は政治家を目指さなくなっちゃうかも」と心配している二人でありました。

結論:政治家は頼りにならん。国民一人ひとりがしっかりせにゃならん。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

「人のからだ」:「悪性腫瘍」セクション読了。

iPodリスニング:1日約1時間半。

「はだしのゲン」は必読書!ジュニアが大きくなったら一緒に読みます!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

はだしのゲン

拝啓浪花嫁さま、

ねーねーねー、今日のあかねさんのはだしのゲンを読もう 読んだ?昨日のお嫁の記事関連記事をUPしたかったんだけどね、今、急に気が変ったからね、あれはこの次の番の時にUPするからね?そういうことで、今日は今のこの「怒」をこえた「恐れ」の気持ちを書いちゃうね。

少年ジャンプに連載あれていた「はだしのゲン」。細かい事はおぼえてないけどね、ぜったいまた読みたいよ。涙と暖かさと力強さを、また感じたい。防衛庁が防衛省に格上げになって、そしてその長、久間防衛大臣がなんだって?「原爆投下『しょうがない』」って言ってるの?ええ、あかねさんの記事に並んでる、アホおやじには見切りをとっくにつけてますよ、でもね〜、今からの世代を担っていく子供達や若者が、ドンドン教育法改正という名のものにね、洗脳されて、いつの日か「歴史は繰り返す」でもって、日本が軍国になって行くのではないか?という「恐れ」をなんとしたものか?

外務省の「国際漫画大賞」ってのが、“ポップカルチャーの文化外交への活用の一環として、海外で漫画文化の普及活動に貢献する漫画作家を顕彰するため「国際漫画賞」(International MANGA Award)を創設”して、麻生大臣が「文化外交の新発想〜皆さんの力を求めています〜」ってな、小手先外交をおっ始めたのを聞いた時、オイラが感じたのはね、ポップカルチャーってのは、“CUTTING EDGE”だからCOOLなんだわい!お役所の大賞みたいのに入ちゃったら、なんだか紅白歌合戦にラップが出てくるみたいでスカンわい。お墨付き、になっちゃ〜、アクビの一つも二つも出るんだわい!え?

と思ったんだけれど、こんなのどう?逆にね、あかねさんも浪花嫁も翻訳家なんだから、“はだしのゲン”を英訳して、アメリカやカナダに送り出すの。CHAPTERSとかの大きな本屋の店頭に、漫画がどっと並んでいるのを時々見たりするよ。それに、こっちの若者は日本の漫画、ゲーム、とっても評価しているのは確かだし。おっさん達のアイデアを“逆いただき”しちゃうのね。

それとも、もう翻訳されてるのかな?

昨日はうちの”夏の家ごっこ”満喫したから、3連休最後の日、今日はちょっと雑用をこなして、夜は”お食事”にでかけます。お嫁の映画デートのお話、楽しみにしてまっせ♪

人気blogランキングへ ← 軍国にならせてなるものか〜〜〜〜!プチリの応援ありがと。 Banner_04





| | コメント (2)

2007年7月 2日 (月)

顔は履歴書

拝啓シュート女さま

そうそう、シュート女と浪花嫁の二人が一緒になったらなんだかとんでもない方向に「爆走」してしまいそう。9月サミットは楽しみであり恐怖でもあり・・・って嘘ですが。

映画デートはすっごく楽しかったですよ~。映画「選挙」はもう爆笑もの。お嫁はずっと笑いっぱなし。「オースティンパワーズ」よりもずっと面白いわい。まぁ映画のことは次回にして、今日はシュート女さまの話題の流れから「ミートホープ」の一件を。

浪花嫁もあの社長の顔&コメントから「この社長、ぜ~ったいに反省しとらんわ」って確信しております。「あっ見つかってしもうた。残念」としか思っていないはず。

だぁ~ってあの顔つきだもん。お嫁は反理性的な人間だから、顔を判断の基準にしてしまうけれど、精度はバツグンよ。初めて社長の顔をTVで見たとき「絶対にこの人が偽装を指示した」ってピンときたもの。

あの社長も昔の写真を見ると「実直なおやっさん」って感じだったのよ。だけどちょっとした権力プラスお金を手にしたことで嫌な人相になってしまった。権力・お金の魔力に負けたのね。「顔は履歴書」って本当。

「権力は必ず腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する」って言葉があるけれど、政界だけでなくどの業界にも通じることだなって思うお嫁。あのおっさんの下で「きっとこれって悪いことやろな」って思いつつ働いていた従業員の方々、嫌だっただろうなぁ。でもね、なぜ「こんなこと、やってられまへん」とさっさと辞めたり、内部告発しなかったんだろう? って思っちゃう。仕事に誇りをもてなくても、なにがなんでも生活を守りたいものなのかなぁ?

たとえ、どんなに貧乏しようと、人間としての誇りを踏みにじられて中流の生活をするよりは、ずっとましだと思うのはお嫁だけ? どうも日本人は閉鎖的な社会でちんまり生きていくことに満足する人が多いように思うのよ。農耕民族の弱さかも知れないけれど、一つの組織にしがみつき過ぎるように感じる。

だからかなぁ、電車乗って周りを見回してもすてきな顔をした大人が少ないなぁ。

そういうお嫁はどういう顔かっていえば・・・つい先日、「宮本信子さんに似ている」って言われちゃった。宮本信子ってご存知? あの伊丹十三の奥さん。う~ん、彼女は味のあるいい女優さんだけど、華がないし、セクシーでもないし、あまり嬉しくないわい。おばさん女優でも「かたせ莉乃」(←フェロモンたっぷり)とか「大楠道代」(←渋いなぁ、でもすごくいい女)あたりなら嬉しいだけど・・・。

お嫁の顔もまだまだ発展途上中。いい顔目指してがんばりますっ!

浪花嫁・勉強進捗メモ:

「人のからだ」:「循環器・疾患Ⅰ」セクション読了。

iPodリスニング:1日約1時間半。

ほ~んと蒸し暑い日本。暑さに負けずにポチリっとお願いします!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

よくわからん。ミートホープ

拝啓浪花嫁さま、

なんか、二人で時も場所も違ってはいたけれど、同じような「裸」の経験しちゃっていたなんて〜?フムフム、会うのが段々楽しみすっ飛ばして、二人でいたら何をトンチンカンなことをしでかすやらわからない恐れに近くなって来た。9月サミット、このブログの先をキチンと語りあうことに、集中しましょうね。長く続けていくためにも。

と、まともな事を言いつつも、今日はなんだかよくわかんない、頭のなかのモヤモヤとしたものを書いてみようかな〜と思っており、それがいったい何なのかは書きながら考えていってしまおうかと、勝手な事を思っておりますので、おつきあいのほどを。

てのはね、あのミートホープ、次から次から出るわ、出るわ、もう色んな肉をミックスしてしまったなんてもんじゃなくって、賞味期限ギレを買ってきて、日にちを書き換えたなんての通りこして、雨水で冷凍肉を溶かしていたなんて、トンでも考えつかないような事をやっていて、それってエコ的には雨水の有効な利用で、エネルギーのうまい利用方法を考えついたもんだわい、なんて褒めたり、あきれたり、なんなけれど、あの田中稔社長は、「従業員に申し訳ない。早く自分の犯した罪を償いたい。認識の甘さを痛感している。」と、とっても奇想天外じゃないコメントを述べているみたいなんだけれど、顔をみていると、なんだか子供が大人になって、ハゲ頭になってしまって、ほんとに「悪い事をした」って意識なんかなくって、「あ、いい事かんがえついた〜」ってな調子で次々のことを、次々と20年以上もやっていて、「あ、見つかっちゃった。」ってわけで、どっかのお偉い誰かさんたちとちがって、「やってません。僕はしりませんでした。」なんてしらなんかきったりしたいで、「あ、みつかっちゃった!ごめん!」ってな感じで、どこまで罪の深さを認識しているのか分かんない顔して、テレビ現れてハゲの頭をさげながら、やった事ゼ〜ンブ認めている。

好き嫌いの激しいシュート女は、やっぱり肉は食いたくない。って再認識しているけれど、よくいるじゃん?「ホントに分かって返事しているの?あんたは!」って感じの「暖簾に腕押し」的な人が。それにしても、不思議なのは確かに社長の命令で、色んな事をやっていたのかもしれないけれど、社員たちは「生活がかかっている」っていう名目の元で、いくら社長命令でも、何か“よくない”事をしているって思わなかったのかな〜?と思うのはシュート女だけ?確かに従業員全員解雇って問題は、従業員にしてみれば、生活かかっているから、冗談じゃないけど、でも、会社がつぶれたらそれまででしょう?カナダの方面では、レイオフ(リストラ)日常茶飯事的におこっていて、どうしようもない事って、思ってしまう。で、生活ってのは、住むところ、食べるもの、の確保でしょ?生きる事の根底だよね、だからこそ、ちょっと20年もの間、社長という名の誰かさんの言うままに、自分の責任じゃなくて、そんなヘンチョコリンなことやり続けていたのかな〜?それしか、食っていく道はなかったのかな〜?と思ってしまう。

戦争は国の命令で、他の国に人々を殺しにいくんだけれど、イヤと言えずに行かざるを得なかった人達の苦しみは、分かるように思うんだけど、ミートホープの従業員には、他のチョイスはなかったのか?それに、なんか、ミートホープの中に「密告者」が出なかった事もすごいと思う。社長の言うがままに、私には生活があるから、、、、ってなメンタリティーが従業員全員がもっていたのだろうか?「ガキ大将の思いつき」にみんな20年以上も、何の疑問も抱かなかったのか?な〜?

なんだか、まだよくわからん気持ちのままに、今日は終わりにするけど、ヤッパリよくわからん。

人気blogランキングへ ← バンクーバーに今年は夏がくるのか?涼しいです。プチリの応援ありいがとう。 Banner_04

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »