« 神さまがくれた時間 | トップページ | おてんば少女礼賛 »

2007年6月21日 (木)

神様がくれた夜歩き

拝啓浪花嫁さま、

あのね、“神様がくれた時間”っていう発想、“オイラの発想と同じ!”って思っちゃった。特にね、私じゃなくって、ボンが難にぶつかっていて、オイラはどうにもしてあげられなかった時など、この気持ちでジット、お百度ふんで耐えたことあったな〜。今度書いちゃ生ますね。今日はね、しかし、先週の週末におこった不思議な(?)できごと、、もしかしたら、これも神様がプレゼントしてくらた夜なのかもしれない。

、、、私とマイハズは夜の10時45分から始まる最終ランの映画を見ようと、食事もシャワーも秒読みでセカセカと出かけたダウンタウン。なんたって、夜は10頃まで明るいから、10じ45分っていったって、やっと暗くなってバタバタと、いやアタフタと出かけたダウンタウン。ダウンタウンにできた新しいムービーシアター。すっごくいいけど駐車場がない。いやあるんだけれど有料駐車場。それでもって、ケチな私はマイハズに無料の路上駐車できるところを探させて、クルクルクルクル回っているうちに、映画が始まっちゃう〜、ってことで結局そこにあったパーキング車を入れて、走って走って映画館に到着。なんのこっちゃ?

バタバタ掛けも込んだ映画館、、、え〜、満員で入場打ち切り。え〜?ウッソー?じゃどうする?だってあんなにバタバタ出てきて、しかも有料駐車場に車をパークして、え〜?ウッソ〜!せっかく慌ただしく出てきたのにぃ!

ってなわけで、バラードとロブソンの角にあるブレンズでコーヒー♪けっこういい夜で、外の席にスモーカーたちと一緒に座って、、、なぜかってアルコールがダメな私はバーとかに行くきがしない。そして驚いた事、驚いた事!夜の11時すぎだっていうのに、こんなにいっぱいの人が??当たり前って言えばそれまでなんだよね。週末のしかも雨もふっていない夜。恋人同士、友人同士でにぎわうダウンタウン。People Watchingが大好きなオイラは、あきもせず人の流れをいつまでも見ていて、マイハズはバンクーバーのジャズフェスのスケジゥールのパンフレットをどっからか持ってきて一生懸命チェックをいれて、オイラの気持ちはなんだかウキウキ。思わぬ楽しい思いをしている自分に気がついた。

それでそのあと、私の大好きな通 りBute まで、ロブソン通りをウィインドーショッピングした。Buteをウェストエンドのほうに曲がった途端、なんだか白金のほうから、恵比寿に行く通りを歩いているような錯覚に陥って、それもつかの間段々暗くなっていく住宅街といっても、おしゃれなマンション街をComoxまで行って Thurlow St. 方向に曲がって、そしたら、そこにはになんと一軒家がいっぱいたっているブロックがあって、ウッソー?こんなところにこんな素敵な一角があったっけ?と夢の中にいる気分。そしてね〜、その家と家の間に木製の門というのかなんかよくわかんないんだけれど、があって、なんだか草がイッパイ生えている抜け道みたいなのが見えたの。オイラはためらわず、マイハズを従えてこの抜け道へ入り込んだ。真っ暗で草ぼうぼうで、でも敷石があったりして、なんだか箱庭に舞い込んだみたいだった。そして、その抜け道らしきをぬけたら、またあのおしゃれな木制の門のようなものがあった。そこはちょっとレンガみたいなものがしいてあってベンチなんかがあって、、、、夜歩きの大好きなオイラはこの発見にウキウキした。都会の夜の夜歩き、夢か幻想か?もしかしたら、昼間にみたらそんなもんはないのかもしれない???“森の木陰でドンジャラホイ、小人さんがそろおて、、、♪”とか“安寿と図師王”とか、幼い頃に読んだ絵本のイメージとか、あの時感じたのと同じような不思議な気持ちがオイラの中にイッパイに広がる、夜歩き。

映画は来週見ればいい、なんだか予期せず、得した気分の夜だった。

浪花嫁、ほんとにチャクチャク自己分析して、しかも、短期長期のToDoListをつくって、必ずどこかに行き着くこと請け合いだわ。こんど、オイラのプランをたてるのもお手伝いしてちょうだいね。


人気blogランキングへ ← 不思議な気持ちになったついでに、プチリと応援おねがいします♪ Banner_04


|

« 神さまがくれた時間 | トップページ | おてんば少女礼賛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神さまがくれた時間 | トップページ | おてんば少女礼賛 »