« 男女の呼び方百選 | トップページ | 誰か教えて、美しいってこと。 »

2007年5月25日 (金)

娑婆の空気

拝啓シュート女さま

わかります、わかります。パートナーの呼び方については浪花嫁いまだに悩んじゃうもの。

お嫁も夫のことを「パパ」と呼ぶ呼び方にはかなり違和感があるのよ(「ごめんよ、テリーはん(先日「有閑マダム」タイムを一緒に楽しんだ友人)。これは単なる個人的見解だから悪う思わんといて~)。

でもね、周囲を見回すと「パパ」「ママ」と呼び合うカップルは多い。そしてそういうカップルは概してとても仲が良い。だから部外者がとやかくいう問題じゃないんでしょうけれどねぇ。

お嫁の場合、ダーリンのことは親しい人との会話では「**くん」。親しくない人との会話では「夫」。ぜ~ったいに「主人」や「旦那」は嫌なのよ。だってダーリンは生活のパートナーであってお嫁の「主人」でも「旦那」でもないもの。「夫」ももひとつピンとこないので「彼」と呼ぶときもあるけれど、この「彼」はどうも変な響きとなることもあるみたい。「仲悪い?」って尋ねられたり、「結婚してないの? 同棲?」なんていう質問が出てくるもの。たかが呼び名、されど呼び名。難しいなぁ。

「連れ合い」とか「相棒」って好きよ。そういう言葉がさらりと厭味なく発音できる格好良い女になりたいもんだ。

さてさて芦屋のお土産話。

テリーはんが予約してくれていたレストラン、それはそれは素敵だった。きりっとしたギャルソン(?)がお出迎えしてくれたエントランスには百合が咲き乱れていた。その優雅な香りでもう夢心地。

でも思いましたわ、「こりゃぁ行儀ようせなあかんなぁ」って。お嫁は大阪の大衆的なお店しかいかへんもん。いつも行くお店とえらいちがいやぁ~。

サービスもすばらしいし、お料理も美味。しかぁ~も、お値段はリーズナブル(←どんなに素敵なレストランでもバカ高かったら許せん浪花嫁ですから・・・)。

会話はもうあっちゃこっちゃのカリフラワートーク。ペットの話から、子育て、旅行、仕事、料理、お洒落、etc。

今回嬉しかったことのひとつはお嫁の心がふわりと軽くなったこと。実はお嫁、「これは私の責任だ」と思い込んで自分を責めていたことがあったの(←ノーテンキなお嫁だけど、真面目な親に真面目に育てられたからえらく真面目なところがありますねん)。

テリーはんから「それは貴方の責任ではない。そもそもそう考えることは不遜」と言われてハッとしちゃった。

「あぁ本当だ。私はすべての責任を負えるほど大きな人間じゃない。それなのにぜ~んぶ抱え込んでいるような気になっていた」って気がついてすごく楽になっちゃった。いろいろありがとうね、テリーはん。

今回思ったこと。「もっと娑婆の空気を吸わにゃいかん!」

医学基礎テキスト:「消化器系Ⅰ」基礎疾患編、読了。

「The New England Journal of Medicine 日本版」アブストラクトチェック、まだやってまへん。明日からやります!(←まるでダイエット宣言みたい・・・)。

iPodリスニング:1日約1時間。

雨の週末になりそうだけど、すてきな週末を! プチっとよろしく!

人気blogランキングへBanner_04

|

« 男女の呼び方百選 | トップページ | 誰か教えて、美しいってこと。 »

コメント

テリーはん、早速コメントありがとうございます。
これからいっしょにせっせと芦屋の「風紀」を乱しにいきましょうね。

投稿: 浪花嫁 | 2007年5月25日 (金) 13時16分

浪花嫁様
生活のパ-トナ-として恵まれている事少し感ずかれましたか。あれから芦屋の不動産情報見て凍りつきました。娑婆を知らない私もこれから
ドンドン歩きます。有閑マダムごっこにまたお付き合いください。嫁の姿はどう見てもマダムでしたよ。テリ-で帽子かぶって眼鏡かけた方浮かびます。でもはんがついてるからまぁいいか!小さいことです

投稿: テリ-はん | 2007年5月25日 (金) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男女の呼び方百選 | トップページ | 誰か教えて、美しいってこと。 »