« 身近なエコ生活☆ | トップページ | 破壊か創造か »

2007年5月15日 (火)

コツコツと

拝啓シュート女さま

そうなんですよ、浪花嫁も「いつもいつも乾燥機を使うのはもったいない」って思っていたの。梅雨のときなどありがたいし、特にジュニアおしめ時代には重宝したけれどね。太陽のしたで干した洗濯物の匂いが好き。あの匂いがするシーツにゴロンってするほど気持ちのいいものはないですわ。

もちろん美観等の理由があるのでしょうけれど、これだけ環境のことが言われているんだから、下着類はイヤでもシーツやカバーの類は干してもいいやんって思うお嫁。洗濯物を外に干すのがおしゃれ・トレンディってならんかしらん。エコ・セレブのゴアはんあたりが率先して洗濯物を干して欲しい。ブラッド・ピットご夫妻でもOK。

シュート女さまがお気に召した「大根葉のじゃこ炒め」にちょいと話が飛びますが、その大根は無農薬野菜を宅配してくれるRから届けられたものなの。無農薬だからもちろん虫食いはあるし、形もいびつだけど、すご~く安心。だけど、すご~く高いんですわぁ。

ヘタしたらスーパーで売っているものの3倍以上。ケチなお嫁には清水の舞台から飛び降りるようなものなんだけど(←大げさやなぁ)、家族の健康・安心には変えられへんし・・・。

それにね、Rのお兄さんが

「奥さん、きれいですねぇ」

って言うから契約しちゃったのよ(←あほ)。1000%お世辞とわかっていても嬉しい女心なのよん。

スーパーでも無農薬または減農薬の野菜・果物を売って欲しいなぁ。虫食いOK、形ふぞろいOK、ドロ付きOK。

どうも日本人は「小奇麗なもの」「規格化されたもの」が好きやからねぇ。人参とかきゅうりを見ても、きれ~いに形の揃ったものがご丁寧に袋詰めされているか、ラップで包装されている。これってものすごい資源の無駄。昔、市場の八百屋さんでは籠に盛られていませんでしたっけ?

虫食い野菜、いびつな形の果物がまずは「おしゃれ・トレンディ」、次に「当たり前」というようになって欲しい。それと、デパートやスーパーのあの過剰な包装がイヤ・気持ち悪いと感じる、そしてそれを声にする消費者が増えて欲しいな。

まぁできることからコツコツですねかぇ。お嫁もコツコツやっていきますわぁ。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

「人体のしくみ」:消化器系の代表的な疾患をチェック。「循環器セクション」の半分を読了。

iPodヒアリング:1日約1時間。

契約書の翻訳が無事終了(←ほんまかい)。一番長い1文は21行ありましたわ(涙)。今日から患者用の疾患・手術を説明する小冊子の翻訳。仕事と勉強がいっしょにできるから一石二鳥。

きれいな五月晴れ。お洗濯日和。うきうき気分でプチリとお願いします!

人気blogランキングへBanner_04

|

« 身近なエコ生活☆ | トップページ | 破壊か創造か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身近なエコ生活☆ | トップページ | 破壊か創造か »