« 「ようもちましたなぁ」 | トップページ | 夫婦のありかた&第九条 »

2007年5月 2日 (水)

眠らせない夫婦関係

拝啓浪花嫁さま

え?もう帰ってきたの~???日本の方々のお出かけは一泊か二泊でさっさと帰ってきてしまう。じゃ、残りのGWのご予定は?とにかく今日はHOTな日本だったみたいね?夏日到来だそうじゃないの?大阪も暑つかったのかしら?浪花嫁様の結婚記念日だもの、そりゃ~HOTな一日だったわよね~?ホントに「ようもちましたなぁ」。他人事ではなく、ワタクシども、“もうダメかも”なんて思う時も結構あって、それでも13年続いておりますよ~。今のところ♪

うまくいっているように見えるカップルでも(いえいえ、何も浪花嫁のこと言ってるわけじゃないんだけれど、、、)色々あるもんですよね。夫婦のことは他人には分からん、、、、うまく行ってるみたいに見えて、家庭内暴力だったり、もう“別れる別れる”って何百回聞いたかしらん?と思うカップルがいつまでも続いていたり。女と男は良くわからんわ。でもね、浪花嫁のブログ読み初めて、“毎日を大切にしなくっちゃ”って思い始めたのは確か。マイハズとおいらは全然違うタイプで共通点なんて全くないんだけれど、それでもマイハズの存在をもうチョイと大事にしないとな~とか、思うようになったのよん。そう、ホントにいつまで続くか分からないけれど、続く限りはそれなりに一緒に楽しく過ごすがいい♪

こちらには“マリッジカウンセラー”っていうのがいて、夫婦間がうまくいかなくなったな~、とか、長年一緒にいて刺激がなくてだらけてきたな~、とか、出会った頃のトキメキがなくなってみると全然違う未来をお互いに思い描がいているんだな~、とか、共通の趣味がないな~、とか色々な問題をただ“眠らせておく”ことはしない文化でマッリッジカウンセラーに相談に行く。コレはずいぶん変わっている日本人のシュート女にしたって、“恐ろしい”というかある意味で“疲れる”関係。日本には長年連れ添ったもの同士、自然に“空気”のような存在になって、“茶のみ友達で”なんて、“自然”の流れに任せてってのがあるでしょう?こっちにはそんなのない。だから、だから、結婚記念日だとかに大きなブーケが会社に送られてきたりするわけで、これは結婚生活のメリハリ。女と男のメリハリなんじゃないかな~???

下は去年の6月のオイラの記事の一部なんだけれど、オイラが“いいな~”って思った女と男の物語です。のぶさんも去年なくなられたそうで、そのニュースを聞いた時、“のぶさん、ずいぶんゆっくりしてたけれど、ついにおじいちゃんの隣の席にいくんだね?よかったね。”(おそら98歳くらいだったと思う)って悲しい気持ちにはならなかった。やっぱり、いいな~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私とマイハズの結婚式をアレンジしてくれた、おばあちゃんの名前はのぶさん。当時85歳、言ったよね?おばあちゃんのだんなさんは10年前に91歳でなくなった。(その時で10年前)下町の大工のトウリョウでねー、のぶさんをこのうえなく愛していてねー、でも日本の大工のトウリョウは、そんな、「のぶ、愛しているよ。」なんて毎朝言ったりはしなかったのね。なくなるまでとっても元気で、帰宅して、のぶさんと二人でお茶のんでいて、ポックリなくなっちゃったの。「愛しているよ!」とかは言いはしなかったけれど、死ぬ前にね、「ちゃーんと席を隣に確保しておくから、あわてないでゆーっくりおいでよ。」って言っていたんですって。いいな~。(一見あいそなしで実はロマンチック;心情的)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浪花嫁、おめでとう。ダ~リンと末永く、、、ね。皆様プチリとよろしくね♪

人気blogランキングへBanner_04

|

« 「ようもちましたなぁ」 | トップページ | 夫婦のありかた&第九条 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ようもちましたなぁ」 | トップページ | 夫婦のありかた&第九条 »