« やっぱり言いたいこと。 | トップページ | UNO大会♪ »

2007年4月 2日 (月)

色に非ず

拝啓シュート女さま

ぜひ有吉佐和子ワールドに触れてみてくださいな。きっとシュート女さまもお好きなはずよ。

特にお奨めしたいのが「非色」。芸道ものが多い有吉作品のなかでは珍しく(というか私が知っている限り唯一)人種問題に切り込んだ作品なのですよ。

主人公は黒人男性と結婚したいわゆる「戦争花嫁」。豊かな生活を夢見て渡米したけれど待っていたのは激しい人種差別と苦しい生活。

次々生まれる子どもの世話と生活の維持に奮闘する主人公。さまざまな出来事を通じて、差別は単に肌の色だけが起因ではない複雑な要素がからみあっていること(つまりタイトル通り「色に非ず」)、被差別グループのなかでもさらに差別の階級が生まれていることなどに気づいていく。愛する家族を守り支えるために差別と向き合い、胸を張って堂々と生きようとするたくましい大和なでしこ。その姿がすばらしいの。

人間の弱さと強さ、脆さとたくましさ、ずるさと誠実さがよく描き出されているのよ~、シュート女さま。

優越意識と劣等感、差別と被差別にひしめく人間の社会。時代が変わっても、場所が変わっても人間って変わらへんなぁって思いますなぁ。

いろいろと不条理なこと、おかしなことがあるけれど、「自分には何にもできない」って思ったらそこでおしまい。自分を信じ、自分の信じる道を歩む。そして自分の影響力が及ぶ範囲に「不条理やで」「おかしいんちゃうん?」「これは譲れん」と発信していく・・・。

シュート女さまの前回のブログを読み、「非色」のことを思い出して↑のようなことを感じたお嫁でありまする。

今週はジュニアの春休み。ジュニアを遊ばせながら久々に有吉ワールドに浸ろうかな。

桜満開。嬉しい春になりますように!プチリとよろしくね。

人気blogランキングへBanner_04

|

« やっぱり言いたいこと。 | トップページ | UNO大会♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり言いたいこと。 | トップページ | UNO大会♪ »