« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

一点豪華 VS ポロポロ買い

拝啓浪花嫁さま

えらい誉められてしもうて、どないしましょ?“大胆で柔軟な発想力”。スゴイ響きで恐れ多い。だって、時々柔軟すぎちゃって、素麺に入れる薬味にナガ葱がないから玉ねぎにかえちゃったりもするんだけれど、ボンは文句言わなかったな~?そうやって大人になって、“おいしんぼ”の漫画が大好きで、自分も料理をこまめにするし、料理好きなお嫁さんもらったりするんだから、世の中良く出来たもの。ところで、私のキッチンはお見せできませんからね。キッチンGoodsはボロばっかりだし、、どうしましょう?

今ごろはダーリンのご実家でGWを楽しんでいる浪花嫁♪土産話を沢山を抱えて帰ってお出で、なんて言ってもたったの数日だよねん?こちらも実に清清しい美しい季節に突入した模様。目にシミルほどの光の季節。それがこれからのバンクーバー。雨季と光季しかないようなバンクーバー。慣れてしまえば雨もそんなに悪くはないけれど、ただ長い!この週末は実はシュート女もどどどど独身でしたのよん。マイハズはお友達のスタグ(結婚する男が男友達と最後の独身時代を楽しむっていうアレですよ。)でパームスプリング(カリフォルニア)に木曜日から行っている。良く疲れないね~?と思うほど良く遊ぶ典型カナダ人です。で、オイラは実はたまりにたまったお仕事を、美しい光を見つめながらコンピューターに向かって過ごした2日間。でも、こういうのも嫌いじゃないの。合い間にお嫁じゃないけれど読書に耽って利しながら、仕事を片付ける。気持ちイイー♪典型Japaneseかしら?

この光を見ていたら、とおい昔のGWを思い出すともなしに思い出していました。あれはまだボンが小学校の低学年か、もしくは保育園の頃のGW。ボンとご近所友達の娘を一人借りて京都まで友人(カナダ人の♀友)と4人で小旅行。このご近所友達は限りなく“シングルマザー”にちかいママで、女の子が二人に一番したが男の子と三人の子供のお世話に明け暮れていたステキママだった。チンチクリンのオイラとちがいスラリと背が高く、そしてスポーツ万能、それに料理の上手なこと。よく、アチラの子供3人とこちら1人を連れてよく、近所の公園とかにローラースケートとかしに行ったり、ご飯をミンナでせま~いアパートでゴチャゴチャご馳走になったりしていたんだけど、その二人の女の子はボンをはさんで一つ上と下。だから時々遊園地とかお出かけする時には子供を一人“お借りして”出かけていたんだけれど、そのGWの京都旅行には上の女の子を借りてお出かけしました。

京都方面の友人宅にお泊りして、色々なハプニングがあったりしたけれど、(よくもまああの二人、道の真中で取っ組みあいの喧嘩なんかしてたっけ。。。)でもね、思い出は“お小遣いの使い方”で、旅の始めに1000円づつお小遣いあげて、コレはあの小さな子供にしたらチョー“イッパイのお金”だったと思うのね、それで面白かったのは、ご近所ガールは、おみくじだのダガシだのナンダノカンダノ、ポロポロポロポロ買っちゃってドンドンなくなっちゃった。一方ボンは何にも買わない。そのお金、貯金でもするのか知らんと思ってみていたら、旅の終わりに玩具屋さんに行って、その頃こっていたミニカーを買ったのね。旅の間中、相手がドンドンなにか買ってもチットモ欲しそうにしないし、物欲がないのか知らん?と思いきや、一点豪華主義だったんだ、ボンは。と気づいたおいら。ご近所ガールが悔しがったこと。だって自分が買ったものはもうアッチャコッチャいっちゃってなくなってしまって、お土産に持ち帰るものがないんだもの。でも、ミニカーなんか東京だって帰るのに???

同じ年頃の子供でも、教えもしないのに“お金の使い方”がこんなに違う。複数の子供を育てているママパパ、おもしろいでしょうね?例のGirlsもGirls2の小憎らしいこと!それにひきかえGirl1のかわいいこと!なんて、自分の子供hじゃないからいってられんのよね?

ところで中国もGWができたのよ?何にもないカナダで働くおいらにプチっと応援を

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

大胆で柔軟な発想力

拝啓シュート女さま

ゴールデンウィーク前であたふたしている浪花嫁に代わって昨日はブログアップをして下さってありがとうごじゃります。あぁやはりシュート女さまは頼りになりますわん。

「頼りになる」と言えば、トロント・キッチンでの大活躍。すごいじゃあ~りませんかぁ。

メニューのどれもこれもおいしそうで、お嫁はブログを読むだけでお腹がすきましたよ。なんだか煮込み料理が食べたくなって昨夜はシチューを作りましたぜい。

圧力鍋が欲しくなってきちゃった。やっぱり買おうっと。「高い」けれどそれだけの価値がありそうだもの(←もちろん「安い」ものもあるけれど、お嫁はクッキングツールだけは安物買いはしないの。チャチな道具を使っているとチャチな料理になりそうなので・・・)。

前々から思っていたけれど、やはりシュート女さまは大胆でクリエィティブで柔軟な発想力をおもちの方なのね。メニューを見ていて確信しちゃった。

お嫁の限られた経験だけど、妙な固定観念にとらわれている人ってやはり料理にそれが現れるのよ~。どういう意味は分かりますぅ? 本やテレビに教えられた献立の材料をその指示どおりに集めてまわってそのまま再現する、って感じ。

シュート女さまは普段は料理をしなくても、やるべきときは短い時間に圧縮空気が噴出するようにチャカチャカとキッチンで大活躍するタイプじゃないかな。つまりメリハリがきいているのよ~。これって格好いいじゃありまへんかぁ。

バンクーヴァーに戻ってお料理熱が消えちゃったそうですが、それも結構じゃないですか。またきっと必要なときは情熱がメラメラと戻ってくるはずよん。

シュート女さまのブログを読んでいたく刺激されたお嫁。ゴールデンウィークはダーリン・ジュニアとお料理を楽しみますわ。

そのダーリン・ジュニアは今日から帰省。今日はお嫁ひとり。う・う・嬉しい。明日は私も帰省してダーリン実家で合流するけれど、今日は独身だぁ。仕事をチャッチャと済ませて読書三昧をするぞ~っ。

そういうわけでお嫁は明日からダーリン実家のある中国地方へ。 明日は実姑のもとで嫁修行をいたしま~す。1日には復帰しますからね。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

「医薬の英語」:免疫に関するセクション(←いま免疫関連の仕事をしているため。免疫学は(いえ「免疫学も」だなぁ)難しい・・・)

JAMA・Lancetリスニング:1日1時間前後。すごくよく分かるトピックがあって嬉しい!

シュート女さまはすてきな週末を! 日本の皆さまはすてきなGWを過ごしてね!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

キチガイ桜と幻の料理人

拝啓浪花嫁さま

Rimg3707 我が家の窓から見える「キチガイ桜」が満開です。個人的好みとしては、あの楚々としたシメイヨシノの桜が好きだけれど、バンクーバーには桜系の花が大体3月から5月のはじめ頃まで次々と咲きます。家のBackBackYardのそのまた向うは墓地で、このキチガイ桜は今が満開。窓からパーっと見えるこの、ドピンクの桜はあたり一面に春を広げます。だから家の周りは今が春。ダンダンこの異様にピンクな桜が好きになってきた。これは中毒にもにていて、そうね、コリアンダーを最初に食べた時にはなんだかスゴイ違和感を感じたけれど、今じゃ何に入れても大好き。スパゲティーにもお好み焼きにも何でも間でもコリアンダーってなもんだ。で、このキチガイピエロじゃなくってキチガイ桜も朝起きると朝日がパーッっとあたって、まるで自分が世の中の中心って感じで咲き誇っている。そう、バンクーバーは春です♪

今日はうって変わって「料理」についての話題です。この歳になって新たな発見。「おいらは実は料理が得意だったんだ。」いや、あれは一時のニワカジカラだったのか、錯覚だったのか、だからもしかしたら夢だったのかも知れないから書き留めておこう。トロントにいた2週間弱の日々、一日3食の料理をいってに引き受けていたのは、なにを隠そうこのおいら。実嫁に誉められっぱなしで、これはもしかしたらホントに料理がうまいのかもしれない?なんて、オダテられていたのかもしれないが、次々と色々なバラエティーにとんだメニュウが食卓には並んだものだ。誉められれば誉められるほど調子に乗りやすいタイプで、圧力鍋なんて怖くて手もつけられなかったのに、秋刀魚の山椒煮、鱒の骨ごと煮付け、ローストビーフ、ビーフカレー、ナドナド、アットいう間に作っちゃった。それに、スパゲティーのマヨネーズとオリーブオイル仕立てで、ツナとかセロリとかニンジンのうす細切り、ポークとナスのソテーにひき肉のトマト味噌ソースかけ、そうだ、ナスのカレーもつくったな~。え~と、後はお野菜たっぷりリゾット、コレも圧力鍋でアットいう間にオジャガもご飯もキャベツもなんでもかんでもホッコリできた。固焼きそばもつくった。上には片栗でといたシーフードミックスとお野菜がたっぷりの中華ドンみたいなものをたっぷりかけた。おでんにケンチン汁にあれやこれや作ったな~。創造力がドンドン湧き出て止まらなかった。

感心された点は大体色んなことをしらないから(気にしないから)、思いもよらない組み合わせで美味しいものが出来上がるっていう点かな。「○○のチョー簡単お野菜たっぷりレセピー」って本を出せばいいと言われちゃった。スパゲティーだって小さな鍋しかないから、迷わずマンナカからバシっとおってゆでてたし(このほうがお箸で食べやすい)、あれもコレも一手に引き受けて、段取り良く(?)あれよあれよと過ごす時間の気持ちよさ。そして、おまけに誉められりゃ~だれだって買い物も料理も掃除も洗濯も、そしてBabyのお世話も、あ~なにもかも楽しいって気分になっちゃうよな~♪

“必要は発明の母”ってホントに確かだとおもうな~。自分しかやる人いないって状況に追いやられると、あんな大嫌いな料理が大好きっておもえたんだから凄いもの。しかしね、バンクーバーにもどったらまたあの幻想は消えてなくなっちゃいました。跡形もなく。あれはホントの私だったのかしらん?あの才能はどこへ行ってしまったのかしらん?

だからね、お若い方々、必要とされているうちが花、ドンドン色んなことに挑戦しておくんなましね。バババ~ンのソコジカラ、出せる機会を有難う。またまた必要な時には声をかけておくんなせー。では、今日はこのへんで失礼させていただきまっせ。

そうだ、皆様週末だけではなくって、良いゴールデンウィークを♪

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

ママの心と楽しい子育て♪

拝啓浪花嫁さま

浪花嫁様の勉強Note見ているとスゴイ勉強量。時間を有意義に過ごしている、ヨシヨシってみてますよ。今やることちゃんとやっていれば、ちゃんといいところに行き着くハズ、って思っております。ハズっていう憶測言葉ってあんまり好きではなくて、なんか自分の勝手な決めつけで話しているようで、使うのにすごく抵抗のある言葉の一つなんだけれど、この際、あえて使わせていただきます♪だって、こうやって今まで生きてきてこれからどこに行き着くのかよくわかんなくなっちゃンタンだもの♪

なんか無駄のキライなシュート女は行き過ぎのところがあるのかも知れない。時間の無駄、たとえば、「今日はダラダラするぞー」って思ってダラダラするのは好きなんだ。ダラダラ時間を楽しんでいるようで。できたらやることやってしまった次の日にご褒美で「ダラダラ時間を」自分に上げてみる。ってのいいな~。お金の無駄、ものの無駄、無駄無駄無駄が大嫌い。「もったいない」って思っちゃうの。

さて、前置きはこのくらいで母乳の話の続きはまたこの次に。母乳ってとっても大事で、そしてホントに無駄なく作られる生物の自然現象の根本に位置しているように思う。だけれど、今日はママの心についてチョット書いてみようかな?と思っているの。私が赤ちゃんだった頃、また私の母が生まれた頃、ママというかハハたちは思いもよらないくらい大変だったのだろうな~と改めて思ったんだけれど、科学というか時代というかドンドン女性達に時間を持つことを可能にしてくれていると思う。私の時代だって、掃除機も洗濯機も乾燥機もテレビもマイクロウェーブもあって、こういう武器は強いシングルマザーの右腕、左腕、猫の手だったのね。でも、携帯があったらモットボンと細かに連絡し合えたし、コンピューターがあったら、風呂が外から沸かせるマンションにすめていたら、ナドナド色々思うけれど、「子育て」ってスッゴク大事なことに変わりはないし、今私ここまで生きてきてキャリアでバリバリ働いたことと、ボンを育てたことと、再婚してカナダに住んでいること、トカトカトカトカのなかから一つとりなさい、てって言われたら、ためらわず「ボンを育てたこと」を選ぶけれど、「子育て」に終わりはあるんだろうか?手がかかり、目がかかり、気がかかる、子育て。最後の「気がかかる」って段階は終わらないと思う。でも、子育て時間と家事時間だけでは、身体が忙しくても頭がスッゴク退屈する。言ってる意味わかるかしら?時間だけはドンドン過ぎていく。でも頭は退屈していて、ママ友達と「子育て」とか「家事、料理」とかの話題でも大人同士の会話を楽しみたくなるでしょう。

勿論出産直後はこんな悠長なこと聞いたら「このー、オイラはただちゃんと眠りたいんだ。」って言われちゃうかもしれないけれど、一年もしたらこの気持ちわかると思うな。カナダの夫婦はベビーシッターをやとって、食事にもバーベキューにも映画にもコンサートにもいってるよ。勿論子ずれパーティーは子供のいる人達で集まってやっているんだろうけれど。それはそれ、これはこれ。で、ベビーシッターの料金がいくら安いといったって無料ではないわけでしょ。夫婦共働きが普通なこの国。ママたちも稼いでいるから何とかなるというわけ。働くって時間は子供から離れて、夫からも離れて、自分の時間。自分が有意義に、日本語でなんていうのかしら?Utilizeされている時間。そして自分のお金が手に入る。いいじゃん、いいじゃん。

人生という時間の割り振りをキチンと考えてみると、ママたちの頭が退屈していていたら「子育て」にいい影響でるわけないよね。ワタクシメ、平日は働いて、夜はボンの宿題だの次の日にもっていくものの洗濯だので、テレビを見て入間も一緒に食事をすることもできなかったけれど、週末は一緒に遊ぶのがとっても楽しかった。一緒に自転車にのってローラースケートにいったり、近所の子供を呼んで子供パーティーしたり。いつもダラダラ一緒にはいられないけれど、「一緒の時間」をとっても楽しんだ。

なんで今日はこんな事書いているかというと、「子育て」って、一生続く楽しい人間作りなんだからママたちも自分の頭の時間もつくって、そう浪花のお嫁のように、旬をジュニアーと楽しんだりしながら自分の頭にもいつも刺激を与えつづけて、子育てにウンザリすることなく、なが~くたのしんで欲しいとおもったからなの。気になる人たち、ブレスルのコメントよんでみて♪

現役ママたちにエ~ルをと思っているシュート女にエ~ルをお願いしま~す♪

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (3)

2007年4月25日 (水)

母乳育児は根気(・・・らしい)

拝啓シュート女さま

ホホッ~、チューブでミルクを飲ませるのですかぁ。初耳です。そういうテクニックがあるんですねぇ。

親も子もどちらも根気が要りそう。

そうそう、「母乳育児は根気」らしいです。そう言ったのはジュニア出産のときにお世話になったベテラン助産師さん。

浪花嫁はジュニアを小さな助産院で産んだの(←外科的介入のない自然なお産がしたくて助産院を選んだお嫁。当時、大阪の有名産婦人科病院のすぐそばに住んでいたのに助産院を選ぶお嫁はあまのじゃく?)出産後、5日間お世話になったけれど、そこでは母乳育児のためにミルクをほとんど出してくれなかったなぁ。

お嫁:「すみませ~ん、ミルクを飲ませたいのですけれど」(母乳があまり出ないからミルクを調製しておくれ~、もうゆっくり寝たいよ~)

と頼んでも

助産師さん:「ちょっとずつでも母乳を飲ませない。飲ませていたら出るようになるから」

お嫁:「はい」(出んから頼んでるんやぁ。産後はゆっくり寝かせろ~)

↑のような会話が何度も繰り返されましたわ。

「母乳育児は根気。親も根気、赤ちゃんも根気」―とどめのお言葉を頂戴しましたわぁ。

まぁそのスパルタ母乳教育のお蔭でその後は出ること・出ること。授乳最盛期(?)、お嫁の胸は叶姉妹でしたわ、ホホホ(ご存知?)。

ボンさま&実嫁さまはきっといまは「あたふた期」のはず。でもね、そのうち(たぶん3ヶ月位)リズムができて楽になるから頑張って! 浪花嫁もブログを読んでくださっている方々も応援しているからね。

シュート女さまが書いているように「ベビー」のときはほんのつかの間。あたふた期もうんと楽しんで欲しいなぁ。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

「ナースのための薬の知識」:読了

「医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック」:「専門知識習得法」のセクション

JAMA・NEJM・LancetのPodcastリスニング:1日1時間位――医学専門誌を英語で聞くのはお嫁には無謀なんだけれど挑戦中。トピックによって70%位分かるものもあれば、30%も把握できないものも。平均して理解度は50%前後? いや40%強か? 今後50%、60%って伸びていくように頑張りますッ。最新情報に触れられるし英語の勉強にもなるから一石二鳥。

ゴールデンウィークの予定はお決まり? まだまだあたふたしているお嫁に愛のプチリを!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

フォーミュラのシカケと母乳

拝啓浪花嫁さま

あ~やっと、週末。こちらの月曜日の夜にトロントからもどって、火曜日から出社し、ボランティアで参加しているグループの集まりに出席したり忙しくしていて、メールのチェックもコメントのお返事もおろそかにしておりました。今日は実は21日土曜日で、おくれていたお支払いや、メールの返事や、電話連絡や、ボランティアグループの広報を担当しているのでその原稿書きや、一日中外にはでずに家内仕事をしたり、本を読んだりして充実した「休み」を過ごしました。生活が大雑把にでも整理されると心地よい。浪花嫁さまの先日の記事にもあったような、世間で起きているニュースにも実は2週間ほどご無沙汰してしまって、やっと金曜日のニュースから見はじめました。”BIG News”にいただいたコメントの御祝い、やっとお返事コメントをかきました。おくれてしまってごめんなさいね。ホントに見守っていて下さる方がいらっしゃるかと思うと、とてもうれしくてしかたありません。みなさ~ま、心からどうもありがとう。これからの バババ~ちゃんのブログも見守っていてくださいね。こんな時にあの美味しそうな柏餅と美味しいお茶をいただきたいな~♪それよりも締め切り3本かかえて、どこから柏餅にまで気を配る余裕が出てくるのか?とトッテモ不思議???コレもジュニア~の成長過程の心のひだに収まっていく出来事なんだ、、ともう一度子育てやり直したい、気持ちになりました。

浪花嫁のおっしゃるとおり、昔の母はどうやってあんなに沢山の子供を産んで畑仕事や闇市に物売りに買出しに出かけるというとてつもない芸当をやってのけていたのかと、恐れおののいているワタクシメ、実は今、帚木 蓬生の「逃亡」を読んでいるわけです。生まれたばかりの首もすわらぬ赤子ををおぶって、おしめなどを詰め込んだ荷物のほかに込め10キロとかを満員電車に揺られて町まで売りに行く。こんなのはほんの一部で仕入れだってあるわけだし、上の子の世話もあるわけだし、、、「ウッソー?」って思ってしまう。生命力って実はとっても強いのだ。そんなに心配しなくても子供は育つ、で、実は新米ママさんが育児ノイローゼーにならない対策考えないと大変なんだ。姑、実ハハの出番。誰かがいてくれるだけでいい。特に外国でママになる沢山の女性達の精神的側面のフォローってとっても大切なことだと実感しております。

姑も実ハハもなにかの都合でお世話に来られない方々、ハズバンドと二人で乗り切るっていったって、予想以上に大変な、、、そこで登場ミッドワイフ(助産婦)。このお仕事は先日も書いたようにとっても大変。毎週一人の出産予定でクライアントを入れていくけれど、予定日は予定どおりには行かないし、一日以上もかかるお産もあるし、その間にクリニックに訪れる妊婦や産後検診のベービーたちとのアポ、そして産後二週間くらいは家庭訪問で新米ママに色々なアドバイスをしたり、実に予定の立たない非常に大変なお仕事。このサービスは税金で賄ってもらっているので、ボンやお嫁には1銭も、いや1ペニーもかからない。こんな大変なお仕事でいったいどれほどのお給料をいただいていらっしゃるのか?他人事ながら気になってしまった。ミッドワイフの家庭訪問の時はシュート女は「通訳」のお役目もいたしました。でもね、文化の違いや何やかにやでピーンと来ない点もいくつかあって、、。母乳の大切さは洋の東西を問わず同じです。母乳は大事。大変でもアトピーやアレルギーや色々なことから子供達を守ってくれる。勿論フォーミュラで育った人でもなんでもない人もいるけれど、、。、母乳が自然に出るようになるための「乳房マッサージ」はない。出ないママにはなんだかスゴ~クホソ~イチューブがわたされて、それをセロテープでオッパイのそばに貼り付けて、赤ちゃんが吸うとチョロチョロとフォーミュラが出るようになっているシカケ。またはフォーミュラを注射器で吸わせるシカケ。コレはママやババの小指を吸わせながらチョロチョロと注射器の先から、、、なんてシカケ、日本の皆様聞いたことあるかしら?夜中にミルク瓶を煮沸してミルクの温度をし人肌に暖めたり冷やしたり、夜中に何べんもそんなことをして、ふとフニャフニャBabyを見るとどうしても苛立てない。こんなことの繰り返しで朝がくるけど、もう朝だろうが夜だろうが全く関係ない世界、どうにでもなれ!いずれにしたってBabyはすぐに大きくなってしまうんだもん♪

今日はフォーミュラの飲ませ方のシカケにつしてご説明いたしましたが、コホン、なにかご質問は?哺乳瓶についている乳首に慣れてしまうと母乳離れしてしまうので、決して吸わせないようにするのがポイントです。コッホン、何かご質問は?

てなところで、この続きはまたね。締め切り3本がんばってね!

ゴールデンウィーク、いいな~いいな~とブチリとお願いしま~す。

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

おっかさんはすごい

070421_ 拝啓シュート女さま

お疲れはたまっていませんか? ヴァンクヴァーの週末もお忙しかったのかしらん?

浪花嫁一家は週末に柏餅を作ってみました。おいしそうでしょう? しかしッ、味は・・・う~ん・・・。

上の文章を読んで「まぁ浪花嫁ってマメなのね」と美しい誤解を受けそうですけれど、そんなことはありまへん。きっぱり!浪花嫁はずぼらだす。

最近は「柏餅キット」などというすっごく便利なものがありまして、ずぼら嫁でも簡単に作れるんですわ。それでもジュニアはあんこをまぜまぜし、お餅をこねこねするのを楽しんでいたのでOKということで・・・。

このキットにしてもそうだし、紙おむつにしてもそうだけど、本当に便利。ときどき「こんなに便利で申し訳ない」って気分になっちゃう。

そうでしょ? 昔はおしめといえば古い浴衣。洗濯機なんていうものもなくて、一枚一枚手洗い。便利なベビーフードもなければ、手抜きの見方のお惣菜屋さんもない。本当に昔のおっかさんはすごいなぁ。プロだなぁ。

ずぼら嫁は昔のおっかさんのような雄々しくプロフェッショナルな主婦には絶対になれまへん。まぁ無理なことはせず、「『要領よく心をこめる』あたりでどうじゃろか」と考えておりますわ。

さて今週末からはゴルーデンウィークに突入。連休前に出すべき仕事が3本。今週は短めブログになる予定です。ご了承くださいな。

浪花嫁:勉強進捗メモ

「ナースのための薬の知識」:3・4章

The New England Journal of Medicine(NEJM)とThe Journal of The American Medical Association(JAMA)のポッドキャスト(最新記事・インタビュー記事)をiPodに転送して仕事の合間に1日約1時間ほどリスニング

もうすぐゴールデンウィーク! 連休を前にしてあたふたしているお嫁に愛の応援を!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (2)

2007年4月21日 (土)

おしめ、ダイパーどこへ行く?

拝啓浪花嫁さま、

カテゴリーを先日から「育児」ってしているけれど、まだまだ育児まではとうたつしてないよね~?さてね、今日も忘れないうちに今の思いを書きとめておきましょう。

日本での出産は普通でも一週間の入院ですよね~?ここがいちばん大きな違い。至れり尽せりのサービスで出産後の母はホトンド寝ていればいい。シュート女の出産は犬のお産のように簡単だったから、産み落とした後も体力あまっていて、(いえね~、出産の時のおお暴れは人様にいえないくらい凄かったみたいだけれど、、、)「三国志」の漫画本をベッドサイドに山積みにして、次次と読みあさっていたら、看護婦さんに身体によくないからと止められた思い出がありますよ。こちらは、妊婦検診もMid-wifeのクリニックに行くのと病院のとがあるらしい。ミッドワイフも自分達でイロイロ見て周り、便利なところそして信頼のおけるMid-wifeが入るところなどをまわって、自分達で決める。そしてズーッと同じミッドワイフが産前産後の指導から、出産の立会いまで全部してくれます。ボンと実嫁が決めたミッドワイフがフリーダ。カナダでは「どうせ3時間したら出されてしまうんなら家で出産したほうがいい」と言う人も沢山います。ボンたちも最後の最後までどちらにするか決めてなかったけれど、結局は病院出産にしてよかったみたい。やっぱり色んな設備があるし、イザという時はお医者さんもいらっしゃるし。

出産後もミッドワイフが家まで来てくれて、いろいろとご指導してくださいます。たとえば、体重を量ったり、ウンチの色のチェック、オシッコは何回か、ナドナドなどなど。で、いちばん大事なことは「母乳」指導。母乳は最初は誰もでない、でも、赤ちゃんはお腹をすかせて泣きつづける。で、たまらずフォーミュラに走ってしまう。最初の一週間から10日間の辛いこと辛いこと。夜中はお乳との戦いみたいになってしまう。新米ママもパパも本当にかわいそう。でも、どうしてこんなことに耐えられるかって?思うでしょう?Babyの顔、泣いていようが喚いていようが、顔♪を見たとたんに、すべてがOK。これは今バババ~になった私だから余裕があるんでしょうね。自分が新米ママだった時はそんな余裕はなかったかも?どうして泣いているんだろう。お腹がすいているのかしら?ダイパーがぬれているのかしら?汚れているのかしら?昔よりズーット楽なのは「オシメ」。昔はトイレの水の中でウンチを流して、汚れたダイパーを洗濯機で洗ってた。西洋の布オムツは四角、日本の布オムツは、またその昔は古い浴衣で作っていたなごりで細長いワッカ上のものをふたつ組み合わせて使っていたから、量も凄かった。でもボンのころはかわいらしいプリントのオムツが出来ていて、流石に古い浴衣で作ってはなかった。また、その昔になってシュート女が生まれた頃は戦後だったから、ソレこそ古浴衣でもなんでもあればよかったんだろうし、洗濯機なんてもんはなかったから、どれほど大変だっただろう?と今更ながらに思っておりました。第一お湯がそんなに簡単に水道の蛇口から出るわけではないんだから、冷たいお水で手にシモヤケやアカギレ(ってなんだかわかるかな~?)作って洗っていたんだね。感謝、感謝。

なんだか、またまたカリフラワートークになってしまって、脱線ばっかり。そうそう、今はペーパーダイパー。ちゃッちゃッちゃと、コレもまた汚れたオムツを入れるコンテナーでギュと圧縮して、ナマゴミへ。ナマゴミって回収された後はどうなるのかしら?どなたかご存知かしらね?だって、ペーパーだったら紙だから、リサイクルに仕分けされて、消毒されてまた新たな紙になっていく?んじゃないのかな?

今日はなんだかオシメ、ダイパーの行方って感じになっちゃった。徐々に徐々に、「育児」方向に近づきたいと思って降りますので、チョイとご辛抱のほど♪

かわいいBabyにメチャぼれシュート女。ここでまたプチリと一押しお願いします♪

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月20日 (金)

嬉しいこと・悲しいこと

拝啓シュート女さま

本当によくお帰りくださいましたぁ。浪花嫁は嬉しくてよ。コメント、おおきにぃ。

それにしても初孫ベビーちゃんのかわいいこと。あぁ私も抱っこしたいッ。赤ちゃんの匂い大好きよ。くんくんしたい(←怪しい?)。

ホント、別嬪さん。シュート女さま似かしらん。シュート女さま、実嫁さま、ベビーちゃん、そして浪花嫁。私たちって美形一家なのね、ホホホ。

カナダの子育てに興味津々。ぜひぜひカナダ子育て事情なども発信してくださいね。

・・・ってここまでは「嬉し・楽し」のブログだけど、以下はがらりとトーンが変わります。ベビーちゃんのことを書いたあとに暗い内容で申し訳ないけれど、どうしても書きたいのでお許しやす。

なんでやねんっ。

バージニア大学の乱射事件、びっくりしてしもたぁ。30人を超える大切な生命が失われるなんてあんまりやぁ。未来ある若い学生、ホロコーストを生き抜いた教授。本人はもちろん、残された家族・友人たちの無念を考えると涙が出てくるわぁ。銃規制の取り組みが進まへんの、やっぱり全米ライフル協会のロビー活動のせいやろか。銃の製造・販売を禁じる時限立法もあったはずやのに。

なんでやねんっ。

長崎市長が襲撃されて亡くなりはった。容疑者の動機ももひとつ分からん。伊藤市長がお気の毒。ご家族もお気の毒。大切な「市民が育てた市長」をなくした長崎市民もお気の毒。どんなに納得できんことあっても、腹が立つことがあっても暴力はあかん。この事件のせいで反核運動が後退せぇへんかったらええけれど。そうなったら伊藤市長も悲しみはるわ。

以上、「なんでやねんっ」って思ったことでした。

新しい生命の誕生ほど嬉しいことはないけれど、志なかばの生命が暴力で断ち切られるほど悲しいことはないですよね。新しい生命のためにも「銃のない世界」「暴力がない世界」にどうかどうかなりますように。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

外科系翻訳終了:新たな用語・訳語をエクセルの用語集に入力。

「ナースのための薬の知識」:第二章

もうすぐゴールデンウィーク!明るい話題がいっぱいありますように!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

新しい命の誕生、ご対面

拝啓浪花嫁さま、

2_2 いったい何から書き始めてよいのやら、、、と思ってしまう2週間弱の日々。ギュ、ギューっとつまった孫誕生の日々。涙あり、けんかあり、そして大きな笑顔あり、だった日々。新しい命の誕生は真新しい両親やバババ~ちゃんをてんてこ舞いにしてくれた。シュート女は誕生を聞いた途端に、手が動き体が動き口が動き、飛行機の予約を変更し会社を説得し仕事の段取りをし、なんだかわけのわからないものをスーツケースに詰め込んで次の日の朝イチの便に飛び乗った。こういうのを「とるものもとりあえず」とか何とかいうのかしらね???浪花嫁さま、ホントにブログ番ご苦労様でした。そして、信じられないけれど、桜満開のバンクーバーから着いたトロントには雪がチラホラ舞っていた。

そしてそれでも日本からよりは近いから、その日の午後にはボンと実嫁宅のリトルイタリーに到着して、ブーツをそそくさとぬいで、Babyとのご対面。生後一日チョイしかたっていない「Baby」。新米パパママバババ~ちゃんに囲まれて、、、あの瞬間から一体なにが始まったのか???分からん時間が始まった。バババ~ちゃんに変身したおいらは早速エプロンをかけて食事のしたく、イヤイヤその前には買い物にいったのかしら?お洗濯だったかしら?わけのわからん時間の始まりだ。ママとパパは大変な出産の後ホトンド眠っていない。だって、夜中の12時16分に生まれて3時過ぎには病院からタクシーでお家に帰ってきて、それからどうやってオッパイを飲ませるのかも分からない状態で、泣き叫ぶBabyを相手に二人で私の到来を待っていたんだもの。Mid-Wife(助産婦さん)のフリーダのお話はまた今度するとして、フリーダはこのBaby誕生に大きな役割を果たしてくれたの。それでもやっぱり基本的には二人でこの一日チョットをのりきっていたのよ。決して、うちのBabyが特別に「泣きったれ」なんて訳ではなくて、むしろホントに見たこともないようなかわいらしい「別嬪さん」なのよ。でも赤ちゃんというのは「夜は眠らない」ってのがあたりまえなんだもの。パパもママもお疲れだよね。私の腕のなかでスヤスヤ眠るBaby。ボン誕生のトーイ昔を思い出し、涙の一つも二つもでてしまった。

お風呂にいれて、そしてまだまだ続く「母乳作戦」についてはまたこの次ね♪

シュート女ブログ復帰です。プチリと一押しお願いします♪

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (2)

2007年4月18日 (水)

祝・ご帰還

拝啓シュート女さま

シュート女さまぁ、お帰りなさ~い。

淋しかった浪花嫁は嬉しくてよ。またこれから掛け合い漫才、いえ往復書簡をいたしましょう。

ますますパワーアップしたシュート女さまにお嫁はついていきまっせぃ!

シュート女さまのご帰還を祝ってプチリとよろしくね。

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

ただいま~。

拝啓浪花嫁さま、

たたたただいま~!ホントにお留守番ありがとう。

Beautiful little baby made everyone's life up side down.

沢山のコメントありがとう。いっぱいいっぱい考えさせられた12日間。明日から出社の「バババ~」ですが、皆様にゆっくりお返事させていただきますね。とりあえずは 「ただいま~」メッセージです。

浪花嫁さま、ナカナカやるじゃないですか~?しっかりお留守番ありがとう。いっぱい思いをお土産にかえってきましたからね、又ボチボチ復帰させていただきますよ~。

皆様ほんとに応援有難う。

それじゃ~早速ブチリとおねがいしま^す♪

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月17日 (火)

旬を楽しむ Part2

拝啓シュート女さま

あぁ、まちがってブログをアップしちまいました。まだ書いている途中やったのにぃ。

いやぁもうほとんど書いたんだけど「勉強進捗メモ」が途中だったの。

「創薬プロジェクトの現場から」-読了。

「ナースのための薬の知識」-第一章

あせってボタンをプチリとしたのは翻訳会社から電話があったから。すんごく大量の仕事を受注したのは嬉しいけれど、勉強とどういう風に並行させていこうかなぁ。う~ん「浪花嫁勉強プロジェクト」の大きな課題だぁ。ここをどう工夫して進めていくかが大事なはず。がんばれお嫁!

野菜こそ四季の花。楽しみましょうね!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (1)

旬を楽しむ

拝啓シュート女さま

こちら大阪は春爛漫。うきうき気分です。

いまね、すぐそばにある幼稚園からかわいい子どもたちの歌声が聞こえているの。「チューリップ」を歌っていますよ。あぁ~ポワ~ンとしてくるわぁ。

そちらトロントの気候はいかがです?

お嫁は春を満喫しておりますことよ。昨日はね、お隣の親切なおばさまがたけのこをくれたので(←すごく親切でよくものをくれるの。ビバ!すばらしき隣人!またなんか頂戴ね)、炊いてみましたわ。よくある蕗と若布の炊き合わせじゃなくて、お肉と糸こんにゃくと一緒にすき焼き風。あ~ん、おいちい。ご飯が進むわい。

ジュニアはお肉と糸こんにゃくはおいしそうにニコニコ食べるけれど、たけのこを食べるときは不思議そうな表情。

そうそう、私も子どものときは「こんなん、どこがおいしいん?」って思ってたっけ。わらび、ぜんまい、つくし、山うど、たらの芽もそう。山菜の味がわかるには年月が必要ね。

お嫁はとみにこの頃四季が愛おしくなってきましたよ。これも年を重ねたせい? そう考えると年をとるっていいなぁって思っちゃいます。「いよよ輝く命なりけり」ですなぁ。

年々季節感が希薄になっていくけれど、野菜の旬をとらえては、できる限り食卓で季節を楽しもうっと思っている大食いお嫁です。

ヴァンクヴァーではせっせと一緒に食べ歩きしましょうぜぃ。

浪花嫁の「勉強進捗メモ」:

「創薬プロジェクトの現場から」-読了。

| | コメント (1)

2007年4月16日 (月)

ギャルに負けられへん

拝啓シュート女さま

皆さま、シュート女さま、どのような週末をお過ごしだったでしょう?

浪花嫁はお子さまサービスの週末でした(はぁ~楽しいけれど疲れますわい)。土曜日はジュニアのたってのお願いでウルトラマン専門店へ、日曜日は鉄道博物館へ。お嫁もウルトラマンや仮面ライダー、新幹線などの知識が日に日に増えていきますわぁ。こんな知識、いつかなにかに役に立つんやろか?

お子さまサービスの合間に翻訳(←これは仕事じゃないんだけど)。これがおもしろい!日本のギャル・カルチャー入門書みたいな本なの。シュート女さまは「ギャル」と呼ばれる若い女性のこと、ご存知?

お嫁もご他聞にもれず、「いまどきの若い子(ギャル)って~」という色眼鏡で見る傾向があったけれど、今回リサーチしていくうちにギャルさまから学ぶことがいろいろありましたわ。

よく大人は「いまの若い子には夢がない。覇気がない」というけれど、夢に向かって頑張っている大人、覇気のある大人はいったいどれほどいるか? 夢をもちたいと思うほどの社会を我々が生み出しているか? なぁ~んてこともね。

19歳で会社を設立したギャル社長とかもいるんだもの、おもしろい世代だぁ。

今回の翻訳のおかげで、お嫁は明日から「ギャル」という活字を見たら、きっとその記事を読むことになるはず。また新しい視野(←おおげさかな?)が開けた感じ。これって本当に嬉しいこと。知らないおもしろそうなことがまだまだいっぱいありそう。

ちょいとお知らせ・・・。

11日に紹介した勝間和代さんの勉強本にいたく刺激されたお嫁(←単純やから)、今日からブログの最後に「浪花嫁:勉強進捗メモ」を書かせてもらいます(シュート女さま、勝手に決めてごめんやす。今日はいろいろ書くけれど、今後は二、三行の短い内容の予定だから許しておくんなはれ)。

勝間さんの本に「勉強はダイエットと同じで、はじめはやる気があって意気込んでも、結局、続かないので、途中でいやになってしまうもの。(中略)途中で必ず進捗を確かめてみるとか、ブログを書いて自分で宣言をしてしまうとか、(中略)が続く秘訣です」とあったので、さっそくこのアプローチをいただき。

「自分の意志でどうにかしようとか、暇なときにやろうと思ってはいけません。まず何もやりませんから」

まったくその通りでおます。

まずはこの6ヶ月、医学を基本から体系的に勉強していきますわ。とりあえず今月は積読していた本(いっぱいあるんだなぁ)のなかから基礎的なものをざっと読み、来月から「外科系→内科系→免疫系」の流れで進めていく予定。進捗メモのかたちは追々変わっていくかもしれないけれど、とりあえずなにを読んでいるか・なにを学んでいるかご報告。お心優しい方がいらっしゃれば、「進んでへんがな」とか「ペース遅すぎ」とツッコミを入れてくださいな。

昨日の「勉強進捗メモ」:

ジュニアを博物館に放牧しながら、くすりの入門書的本「創薬プロジェクトの現場から」を3分の2。「へぇ~」「ほぉ~」がいっぱい。ほんまに基礎知識のないまま翻訳をしていたんやなぁ。

頑張っているギャルに負けられへん!

今週もすてきな週になりますように。留守番をしているお嫁を応援ください!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (3)

2007年4月13日 (金)

浪花モーニング

拝啓シュート女さま

トロントのシュート女さまぁ、お元気でいらっしゃいますか? お嫁は浪花の地でシュート女さまのお帰りをお待ちしております。

もう淋しくて淋しくて食欲もなく・・・っていうのは真っ赤な嘘。相変わらず食べまくっているお嫁です。

浪花嫁一家の朝食はちょっと豪華よん。

ちなみに今日のメニュー:

黒糖パン・シナモントースト・ブロッコリーとキノコ入りのチーズオムレツ・ヨーグルト・コーンフレーク・果物・飲み物

あぁ書いていて恐ろしい。よう食べるわい。

豪華で有名な名古屋モーニング(朝食)に近づきつつある日々。そのうち名古屋のように「焼きそば」やら「茶碗蒸し」も登場するかも。すでに名古屋名物の「小倉(あんこ)トースト」が出てくるときがあるもんね。

ジュニアの成長に合わせて右肩上がりのエンゲル係数。うちの家計はこれからどうなるねん?

「きちんと三食食べるべき」とか「現代人は過剰カロリー摂取。だから朝食は抜くべき」とか「胃を休めてデトックスするために朝食はいらない」とか諸説があるけれど、どれが本当なのかなぁ? 若い世代は朝食抜き派が多いみたい。親に「こどもに朝食を食べさせてください」とお願いしている小学校・中学校もあるらしい。やはり成長期の子どもがいる家ではきちんと食べるべきよね。

お嫁はダーリン・ジュニアと「今朝もようけあるなぁ」と笑いながらテーブルを囲む朝が好き。

シュート女さまは「たっぷり朝食派」それとも「コーヒー派?」。ベビーのお世話はエネルギーがいるからぜひしっかり食べてね。もちろんボンさま・実嫁さまも(←よけいはお世話やろうけど)。

明日はホットケーキを焼こうかな?

焼けども焼けどもすぐなくなるから我が家のホットケーキは「わんこそば」ならぬ「わんこホットケーキ」!

独り身(!?)お嫁を応援してください。お願いしま~す!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (3)

2007年4月11日 (水)

そうやったんかぁ

拝啓シュート女さま

シュート女さまの復帰をいまかいまかと待っている浪花嫁です。淋しいもん。

着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでます~♪って気分じゃわ。

セーターを編むのは面倒くさいから昨夜は本を読みましたよ。お嫁が尊敬しているワーキングウーマンのひとり、勝間和代さん(経済評論家)の本。タイトルがすごいの。

「無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法」

なぁ~んか経済の専門家らしい、はっきりとというか、ズバッとしたタイトル。

フルタイムの仕事をしつつ、三人の子どもを育てながら(彼女もシングルマザーよん)、次々のステップアップしている女性なの。

「彼女とお嫁では頭のできが根本的に違う」とただボ~ッと憧れていたけれど、この本を読んで目からウロコがポロリン。

彼女いわく

「勉強法において差別化できるのは、道具とやり方です。人間、覚える能力とか意志の力には、そんなに大差はありません。そこを勘違いして、努力論に走るから、なかなか続かないのです」

そうやったんかぁ~~。

しかも

「夜中頑張って勉強するとか、朝早く起きるというのは、睡眠時間が削られるので、長続きしづらいし、頭の健康のためにもありません。(中略)無理をするよりは、いまの生活のリズムのなかで、勉強を押し込める隙間をどんどん探してください」

そうか、異常に睡眠時間が長いことを気にしていたけれど、これは頭の健康のためによい習慣だったのね!(←自分の都合のいいように解釈しているなぁ)

なんだか希望が湧いてきましたよん。

毎日、泥縄式の勉強で綱渡りをしているお嫁。だから、しっかりと医学を体系的に勉強したい、遺伝子治療やバイオのことをもっと学びたいと思いつつ、ちょっとかじってはホッポリだしていたけれど、な~んかやる気が出てきましたわぁ。

とりあえず3ヶ月、勝間式の勉強アプローチで取り組んでみまっせ。

シュート女さまぁ、本当に年収が10倍アップしたらどうしましょう?そちらでビーチのそばのすてきなコンドミニアムでも買いましょうかねぇ。新宅お披露目のときは来てくださいませ、ホホホ。

今日もよく食べよく寝よう!頭の健康は大切よん!応援お願いします!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (5)

2007年4月10日 (火)

浪花嫁お気軽日記

拝啓シュート女さま

初孫ちゃまとの蜜月の日々、いかがお過ごしでしょう?

シュート女さまがトロントに行っちゃって、浪花嫁はちょいと淋しいですわ。まぁがんばってひとりでお留守番しまっせぃ。

鬼のいぬ間に洗濯(ホホホ、失礼!)じゃないけれど、この間ブログはお嫁の日常をスケッチする「浪花嫁お気軽日記」とでもしましょうかねぇ。浪花嫁ファンの皆さん(←おらんやろなぁ)、お楽しみに~。

まずはお嫁の仕事のことでも書いちゃいましょうか。

「医学関連の翻訳をしています」って言うと、

「じゃぁ医学の知識があるんですねぇ」と返ってくることがあるけれど、

実は「医学」どころか高校生の「生物」レベルの知識もありまへん!ふんっ!(←威張ってどうする?)

せいぜい小学校の「理科」の高学年レベルですわ(有名中学校を受験する子よりも知識がないかもしれん・・・)。

ではなぜ翻訳で食べていけるか?

答え:「泥縄式勉強(あるいは付け焼刃)」

仕事が来るたびにどしどし関連本を読み漁る。これしかありまへん。

いまも心臓外科のある分野の仕事をしているけれど、それまでは心臓の弁の機能についてなど小学生レベルの知識しかありませんでしたわ。それが有名な心臓外科医の論文などをを訳しているんだから、こんな仕事本当に私がしていいわけ? って思う瞬間もあるけれど、受けたもんはやらんと女がすたりますもんね。

こうして毎回どしどし知識を詰め込むけれど、悲しいことにどしどし忘れる。訳文データを送って、さぁお茶でも飲もうかとキッチンに向かって三歩歩いたところですべては忘却の彼方。

「母さん、僕のあの麦わら帽子はどこに行ったのでせうね?」じゃないけれど、「お嫁よ、あの頭に詰め込んだはずの知識はどこに行ったのでせうね?」状態。

こんな一見無駄というか情けない仕事の日々だけど、それなりに楽しい。最新の情報に触れられ、「へぇ~?」という驚きが毎日あるから。だから続いているのだろうなぁ。

タイヘンタイヘンって言いながらも楽しんでやれる仕事に出会えてお嫁は幸せ。ジュニアはどんな仕事を選ぶのかなぁ?

しばらく「浪花嫁お気軽日記」にお付き合いください。応援お願いします!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (4)

2007年4月 9日 (月)

生まれてバンザイ

拝啓シュート女さま

おめでとうございま~~~す。浪花嫁もすごく嬉しいですよん。

新しい生命の誕生は本当に嬉しい。なぁ~んかこうして書くだけで涙がじわりっ(←お嫁はこの頃涙もろいんですわ)。

ジュニアに年の近い「いとこ」ができたことも嬉しいな。なにせジュニアの「実いとこ」はみんな大学生か社会人。お孫ちゃんがちょっと大きくなったら一緒に公園に連れて行って遊ばせましょう。

ちょっと話が逸れるけれど、浪花嫁はびっくりするぐらい目がいいの。しかも「動態視力」がすばらしい。独身のときなんざぁ、格好のよい男性が歩いてたらどんなに遠くでも目がキラリとしたもんです(←これを「イケメン動態視力」という・・・)。それが結婚・出産後はさっぱり。でもね、この頃復活したんですよ、動態視力が。ターゲットは赤ちゃんと妊婦さん。

もう赤ちゃん、あるいは妊婦さんがいたら速攻目がキラリン。キラリと光ったあとは「あぁいいなぁ~」って目がトロリン。

これってお嫁の第二子願望の表れでしょうなぁ。 ベビー誕生でお嫁の出産熱がまた高まりそう・・・。どうする、お嫁? 高齢出産に挑むのかぁ?

歌人の俵万智の歌ですごく気に入っているものがあるの。シュート女さまのいまの気持ちにぴったりじゃないかしら?

バンザイの姿勢で眠りいる吾子よ そうだバンザイ 生まれてバンザイ

初孫のお誕生、本当におめでとうございます。生まれてバンザ~イ!

お祝いプチリをお願いします!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月 7日 (土)

♪♪♪Big News♪♪♪

拝啓浪花嫁さま、

~、女の子でしたよ~。生まれたんですよ~。孫ですよ~。おばあちゃんになりましたよ~。昨日の真夜中過ぎに無事誕生しました。そして、3時間後には家にかえらされたんですって。でも母父子とも元気です。さっきまでメールで送られてきた写真を見ながら、かわいらしい泣き声をきいておりました。モチ電話で。もう、かわいくって、かわいくって、いとおしくって、あ~どうしましょう?

ということで、さすの早朝の便でトロントに行ってきます。5月の頭に2週間っておもっていたけれど、それまで待てない。それに、実嫁の母は飛んでくるわけにはいかないので、でしゃばり姑がスワっととんで行くことにしちゃったの。やっぱり仕事なんかしてられないわ。10日くらいはお世話できるし、そうすると日本だって退院する時期だから、もう大丈夫。って思うのよ。それでマイハズも来週にトロント出張をいれたから初孫にご対面。

うれしくってうれしくってコロコンでいるシュート女です。

目と目が離れているみたいな女の子。うれしいな~。

それでね、UPできる時はなるべく書くようにしますけれど、しばらくBabyと実嫁のお世話で書けないと思うのね。しばらく浪花嫁さまに留守をお願いしちゃいます。

ア~ウレシイってばっかり言ってるシュート女にブチと御祝いを!

人気blogランキングへBanner_04

<

| | コメント (7)

2007年4月 6日 (金)

親力が試される

拝啓シュート女さま

幸せ者とのお褒めの言葉ありがとうございます(褒めてくれたんですよね?)。確かに浪花嫁は幸せ者だと思いますわ。ダーリンはお嫁のことを「お調子者」とか「おめでたいヒト」とか言っていますけれどね、ホホホ。

子育ては本当に楽しい。でもね、シュート女さま、子育てが難しい時代になってきているような気がするの。

いじめなど数々の教育問題。それっと、最近すごく気になったのはシュート女さまも指摘されていた高校生の日本史教科書問題。検定で沖縄戦の集団自決の記述が修正されちまいました。お嫁の沖縄戦に関する知識はごく限られているけれど、それでもどう考えても真実を覆い隠そうとしているとしか考えられない。政府が歴史的事実を歪曲して都合の悪いことを闇に葬ろうとしていると感じるの。

そんな政府が決めた教育をお嫁の大事なジュニアも受けるかと思うと正直ゾッとする。

お嫁の小さいとき(←どれほど前のこっちゃ)、「学校の決めたことをちゃんと守り、先生の言わはることをよ~く聞くんやでぇ」って親に言われていたけれど、わたしゃ、ジュニアにそんなことよう言いまへん。

親の知性、親の成長度、親の意志、親の情報力などなど、親の総合力、つまり親力が試される時代だと思うのよ、お嫁は。

「親力」って言葉でちょっと友人のことを思い出したから紹介させてね。

彼女の娘は中学生。学校に行くのは放課後と試験のときだけ。放課後学校に行くのはクラブ活動があるから。授業を受けない理由は・・・娘いわく

「教えて欲しいと思う先生がいないから行かない」

すんごい中学生だと思いません? そして我が友人もすごい。

「いじめを受けて『学校に行きたくない』と言うのなら親の出る幕だけど、娘が考えて決めたことだから親の出る幕なし。娘の考えを支持する」

あぁ~すごい肝っ玉母ちゃんだぁ。

お嫁はそこまで肝の据わったことが言えるかしらん?

とりあえず親力を高めようとアンテナをはり、疑問に感じること、おかしいと思うことは調べて本を読んで、自分なりの考え・見解をもとうと思っているの。

今読んでいるのは「天皇制」について。お嫁は子どものときから君が代や日の丸、天皇制に疑問というのか違和感を抱いているの。でも、もしもジュニアに「君が代の歌の意味はどんなん?」とか「なんで日の丸の旗を飾るの?」、「天皇は偉い人なん?」って聞かれても、今のお嫁にゃ明確に答えることができないし、違和感を上手く伝えることもできまへん。いろいろ勉強しなくっちゃあきまへんなぁ。

せっかく親子になったんだから、さまざまなことを話し合い・議論したい。政府の動きを見れば見るほど、親としての基礎体力を鍛えねばと思っているところであります。

今日は入学式日和。新しいスタートおめでとう。嫁姑日記もがんばるでぇ!プチリとよろしく!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月 5日 (木)

子育てサポート企業

拝啓浪花嫁さま、

そういうひとつひとつの小さな思い出の積み重なりが、子供の心に少しずつ積もって、たまって、家族の絆ができて、幸せな子供になっていくんだと思いますよ~。シュート女が若かった頃はそんなことにも気づかずにいたけれど。。。。(アホ親だったんだ!)ジュニアは幸せものだ。そして、浪花のお嫁はホンキに幸せ者。

日本らしいと思うけれど「子育てサポート企業マーク」が今年度から出来たんだってね?そして、その「子育てサポート企業」と認められた企業はこのマークをJASマークみたいにつけて有料企業と認められる、んだそうだ。これってトッテモ日本ポイけどいい案かもしれないと思った。マークでもってシッカリ目で見えるから。それでね、資生堂とか女性が多い企業が申請しているんだけれど、いくつかの条件があって、なん十パーセントだったか忘れたけれど、女性が産休とった実績が必要、子供のいる社員は早めにかえっていい、学校の行事に参加するようにスケジュールをくむ、などがあって、でもね、いちばんのネックが男性が育児休暇をとった実績、っていうのらしい。「子育てはやっぱり男が休んでするほどのものでもない」らしい。そこへ行くと浪花のお嫁のダーリンはさっさと休んでお花見だもの。「子育てサポート企業」のマークの欲しい会社はダーリンに是非来ていただけばいいのよね~?

いろいろな企業の入社式ってのをニュースでみたけれども、これもまたトッテモ日本ポイ。こういうのこっちの社会では見たことも聞いたこともない。で、気づいたのは外国人の若者が片言でインタビューをうけていたけれど、結構たくさん色んな会社にイロイロな外国人がいて、アー日本も変わったなー、って思った。そしてこれはとってもいいことだと思う。企業は和だのいってられないんだよね、やっぱり。カナダにいると色んな人種が違う文化を維持しながら一緒に暮らしているから、考え方が広がっていると感じるもの。私が日本で働いていた会社にも18各国の人々が働いていて、シュート女にはとっても居心地のいい場所だった。

高校の日本史の教科書が修正(?)されたって?だんだん、だんだん、、、、あ~考えるととっても怖い。日本はいったいどこへ行くの?日本はいったいどこへ向かっているの?軍国主義なんていやですよ。

平和を願って、プチっとよろしくおねがいします。

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月 4日 (水)

花冷えのなかのお花見

拝啓シュート女さま

ポットラックパーティ、楽しそう&おいしそう。夏にカナダにいったとき、ぜひパーティに乱入させてくださいな。それっと、キーマカレーのレシピ、ぜひぜひ教えておくれやす。

いま大阪は桜が満開。そして花冷えの真っ只中。寒いよ~ん。春っぽいスタイルをしたいけれどそれだと寒いし、冬の格好をするとな~んだか季節はずれだし、なにを着たらええねんっちゅう季節ですわぁ。

それでも浪花嫁は「花冷え」やら「五月晴れ」やら「小春日和」など、季節のささいな変化を移し出す表現が大好き。なにしろ言葉がきれい。よくぞ「漢字とかなの国」に生まれてきたもんだって嬉しくなっちゃいますよん。

そうした花冷えのなか、昨日はお花見に行ってきましたのよ、シュート女さま。そのためダーリンは仕事をお休み(←家族行事のためにさっと仕事を休むダーリンは日本男児としては少数派ですなぁ)。お嫁は張り切ってお弁当づくり。根っから大雑把でずぼらだけど、こういうときは張り切りますぜい。

大阪って意外と桜の名所がいろいろあるのですよ。桜のトンネルをそぞろ歩き、桜の下でお弁当タイム。食後はダーリンとジュニアがキャッチボールをする姿を眺めるお嫁。しあわせな時間だなぁ。

普段は仕事・家事・育児の夢の三本立ての毎日。時間がビュンビュンと音を立てながら流れていく感じ。だからこうした季節の移ろいを心と身体で感じるひとときは本当に大切だなって思うのよ、シュート女さま。ジュニアにも大きくなったときに、桜の下で父親とキャッチボールをしたことなどを心のどこかにかすかに覚えていて欲しいなぁ。

ばたばたした毎日だけど、四季折々の行事を大切にして、積極的に関わっていこうって思っているところ。地球温暖化がさらに進んで四季が三季や二季にならないことを祈るばかりですわ。でもねぇ祈ってばかりじゃしょうがないから、「できることからコツコツ・アプローチ」にもっと真剣に取り組みますわ。春になればきちんと律儀に花を咲かせてくれる桜を眺めて、ナニワン・アーミッシュの道をさらに進もうと心に誓った浪花嫁であります。

花冷えの季節。カゼには気をつけてね。愛の一押しお願いします!

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月 3日 (火)

UNO大会♪

拝啓浪花嫁さま、

新しい作家を教えてもらう時って全く新しい世界が開かれて、そして全く読んだことがない作家だからいくらでも先があって、とってもうれしい。今度BookOffに行ったら「非色」是非探してみます。図書館には有吉佐和子なかったの。ザンネン。イザとなったらAmazonがあるけれど、とってもお高くつくのね。もう何年も前のこと、ヘルニアで会社に6週間いけなかった時、日本人の知り合いが「序の舞」をもって来てくれたの。最初はなんだか難しそうで、おろかにも「、え~?」なんて言っていたのが、あの母の強さに魅せられてしまって、それからは大ファンになっちゃった。

保育園の春休みって、在宅でお仕事してないお母さんがたはどうしてるのかしら?なんて余計なことをおもっているけれど、ジュニアと楽しい時間をすごしてね。

さて、3月最後の土曜日はお天気も「はる~」でお庭のマグノリア(もくれん)も、道沿いの桜もキラキラ輝いているような春の一日で、私が属する日系の起業家たちの勉強会のコアのメンメンが我が家に集合して、またまた夜中までUNOに熱中しちゃいました。大の男も女も本音を出して、笑って笑って、、、これってね、恒例行事だったんだけどしばらくお休みしていて、新しい顔ぶれも増えてにぎやかに集まったのが、8人。女性3人。カナダ人はマイハズともう一人の女性の彼氏。だから、英語と日本語のチャンポン会話。そして、ポットラック(もちより)だったから、食べ物はイロイロありましたよ~。①ピザ②揚げ物(おいしかった~)③キーマカレー(これがオイラの得意メニュー)④タルトとかのデザート⑤手作りどら焼き風(これカナダ人の男性の発明したデザート。ナカナダでした。⑥サラダ二種類⑦マイハズともう一人の男の方はワインとかビールとかアルコール類。

言葉もチャンポン、食べ物もチャンポン。いろいろ食べられていつも美味しいのだけれど、料理大好きメンバーだった学生さんのボランティアーが日本に帰ってしまったから、とっても残念だった。ま~後片付けはたいへんでもね、レフトオーバー(残り物)があって、今日のランチはまたキーマカレーに、どら焼きふうデザート。楽チン楽チン。オイラは結婚してた人がカナダ人で、成り行きでカナダに住んでいるんだけれど、私以外の人達は自分の意志でカナダに移住してきた人々。昨日のメンバーではないけれど、50歳ぐらいの時に家族つれて移住してきた日本語学校の先生もいるし、みんなロマンを求めてカナダになんとしても住み着こうとしている人たち。ボンをアメリカの高校に行かせたのは、日本の教育システムがどうしてもイヤだと思ったからだ。中国でもタイでもベトナムでもない、’安定文化国家日本’からワザワザカナダに移住したい人たちの強い意志ってナンなんだろう?と時々思う。広い住居かもしれないし、美しい自然なのかもしれない。もしかしたら縛られることを苦手とする人種達なのかも知れない。これから生まれてくるオイラの孫は、一体どこでどうやって大人になっていくのかな?などと思っているシュート女です。

お庭から聞こえる春のさえずりを皆様にもチョイとおすそ分けできたらいいな~♪プチリと今日もお願いしちゃおう。有難う。

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

2007年4月 2日 (月)

色に非ず

拝啓シュート女さま

ぜひ有吉佐和子ワールドに触れてみてくださいな。きっとシュート女さまもお好きなはずよ。

特にお奨めしたいのが「非色」。芸道ものが多い有吉作品のなかでは珍しく(というか私が知っている限り唯一)人種問題に切り込んだ作品なのですよ。

主人公は黒人男性と結婚したいわゆる「戦争花嫁」。豊かな生活を夢見て渡米したけれど待っていたのは激しい人種差別と苦しい生活。

次々生まれる子どもの世話と生活の維持に奮闘する主人公。さまざまな出来事を通じて、差別は単に肌の色だけが起因ではない複雑な要素がからみあっていること(つまりタイトル通り「色に非ず」)、被差別グループのなかでもさらに差別の階級が生まれていることなどに気づいていく。愛する家族を守り支えるために差別と向き合い、胸を張って堂々と生きようとするたくましい大和なでしこ。その姿がすばらしいの。

人間の弱さと強さ、脆さとたくましさ、ずるさと誠実さがよく描き出されているのよ~、シュート女さま。

優越意識と劣等感、差別と被差別にひしめく人間の社会。時代が変わっても、場所が変わっても人間って変わらへんなぁって思いますなぁ。

いろいろと不条理なこと、おかしなことがあるけれど、「自分には何にもできない」って思ったらそこでおしまい。自分を信じ、自分の信じる道を歩む。そして自分の影響力が及ぶ範囲に「不条理やで」「おかしいんちゃうん?」「これは譲れん」と発信していく・・・。

シュート女さまの前回のブログを読み、「非色」のことを思い出して↑のようなことを感じたお嫁でありまする。

今週はジュニアの春休み。ジュニアを遊ばせながら久々に有吉ワールドに浸ろうかな。

桜満開。嬉しい春になりますように!プチリとよろしくね。

人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »