« 男ボス?女ボス? | トップページ | International Women’s Day »

2007年3月10日 (土)

林葉直子 VS 双羽黒

拝啓シュート女さま

男ボス vs  女ボス。う~ん、浪花嫁はどっちかなぁ? お嫁のわずかなOL経験では、残念ながら男ボスしかしらないの。そこで学んだことは「性差はない。あるのは個人差だ」っていうこと。よく女性を貶める表現に「視野が狭い」「すぐに感情的になる」「パニックに陥りやすい」「見栄っぱり」とかあるでしょ(書くだけでムカムカ)。でもね、こうしたパーソナリティはすべて男にも当てはまるじゃないかぁ~って声を大にしていいたいわ。

おそらくお嫁はもう企業で働くことはないだろうけれど、どきどきするほど優秀なボスのしたで働いてみたいなぁ。メンターになってくれれば最高。まぁお嫁はシュート女さまというメンターをみっけたからラッキー。シュート女さまぁ、よろしくね。

「男と女」のトピックで思い出すのは、タイトルにもある「林葉直子」と「双羽黒」のこと。ちなみに前者は天才と呼ばれた女性棋士、後者は相撲界に(悪い意味で)名を残す元横綱(「ふたはぐろ」と読みます、念のため)。ものすごく卑近かつパーソナルな話だけどまぁ読んでくださいな。

もう十数年前だけど友人+友人の友人たちと食事をしていたときのこと。友人の友人である男性がこうぬかしたの。

「林葉直子、対局をすっぽかして失踪したよね。やぁぱり、オンナは責任感ないな。オンナはつまらんって思ったわ」

↑の発言にお嫁は怒り心頭。↓はお嫁の反論。

「ちょっとちょっと、どういうこと? 確かに林葉直子はドタキャンして無責任だけど、どうしてそれで女性すべてが無責任となるわけ? ええっ? だったら双羽黒はどうなるん? 仮にも国技である相撲の横綱が失踪したよね。しかも女将さんを殴ってケガまでさせて。だけど誰か言いましたっけ?『オトコは責任感ないな。オトコはつまらん』なんて。だれもそんな単純なこと言わなかったでしょ。なんで一人の女性が騒ぎを起こすとすべての女性が一緒くたにされて『オンナって』って言われなくっちゃいけないん?」

お嫁の強い抗議に一同びっくり。お嫁は普段おっとり穏やかだし(ほんとよん)、突然「双羽黒」なんてマイナーな名前が出たからね(お嫁は祖父の影響で相撲好きなの)。

話がヘンなところに飛んじゃったけれど、女だからとか男だからということにとらわれず、あるいはそれをエクスキューズにせず、一人ひとりが自分の人生をフルに生きるべきと思うお嫁なのであります。

ちなみにうちのダーリンは絶対に「女は・・・」とは「男は・・・」とは言わないの。そこがスキだなぁ。(←最後は「のろけ」になっちゃったぜぃ)

女・男のまえに人間だい! 人間万歳! プチリとよろしく!

人気blogランキングへBanner_04

|

« 男ボス?女ボス? | トップページ | International Women’s Day »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男ボス?女ボス? | トップページ | International Women’s Day »