« 愛と青春の旅立ち | トップページ | 色に非ず »

2007年3月31日 (土)

やっぱり言いたいこと。

拝啓浪花嫁さま、

いいこと聞いた。有吉佐和子って読んだこと内の。探してみますね。お勧めありますかしら?そういえば、宮尾登美子の小説には、あんまり男を当てにした女の人はでてこないね~?ナルホド、Indeed,しかり。

ジュニアが先生達に恵まれていてホントに良かった。保育園や学校っの人間関係ってトッテモ大事。春は「別れ」と「出会い」があって心がピクピクする時期だ。卒業式(卒園式)や入学式(入園式)の匂いがしてきたぞ~。どんな匂いか???

さてね、国家予算は通過しちゃったし、なんだか舌足らずの阿部さんドンドン狡猾になっていくように見えるし、何でもかんでも自民党と公明党の数で押し切っていかれてしまう政治。ニュースを見て、ホントにもう何にも言う気がなくなってしまっていたのよ。だからスケートだとか読書だとか、なんとなくコアな話題をしないで楽な話題ばかりを書いていた。で、先日久しぶりに「きっこのブログ」をよんでいて、「戦争が生み出すものは苦しみと廃墟だけ」とか、彼女はず~っと言いつづけている。それに我が姉妹ブログのブレスルで、冷凍母乳というのもあった。彼女達はず~っと発信しつづけている。自分の軟弱さがなさけないな~と思った。いくらいっても無駄なのかもしれない、なんて思ってしまった自分が馬鹿みたい。発信しつづけている人たちはちゃんといるのに。今日はホンキにまじめに語りたい。「冷凍母乳」を読んでいただいて、皆さんどんな気持ちをもたれたのだろう?「キャリア」をとるか「子育て」をとるか、この選択は今でも日本の女性にはどうしても通り抜けなければならないステップのよう。オイラが高校生の時に問われて、「両方、ゼ~ンブ」って答えた時代から何にも変わってないどころか、ただいま逆流現象が起ころうとしている、っていうよりもう起こり始まっているのを、見るのがとっても辛い。

「子育ては男が仕事を休んでまですることではない」って、かつて安部さんは発言したと聞いたけど、、、とあかねさんは書いている。私は「いいえ、いいえ、安部さん、子育てというのは人間を一人作り上げる人生でもっとも大事なお仕事だと思います。」と言いたい。男が会社をやすんでするほどのことではなくて、女が家にこもって一人だやるもんなんだろうか?私は仕事と子育て両方やって思うけれど、両方ともそんなにうまくいかなかったかもしれないし、ボンを犠牲にしてしまったかもしれない。でも、もしも私が専業主婦で子育てしていたら、おそらくモットモット大変な親になっていたと思う。だって、自分が不満だらけで不幸せだったとしたら、いい親になれるわけないと思う。男の人達、お仕事夜中までご苦労様です。でも「子育て」という最も大事な人生仕事に参加するチャンスをのがしているんだってことに気づいているのかな?男の方々損してますよ。子育てっていうのは決してオムツを取り替える、むずがってる赤ちゃんをあやして静かにさせる、っていう作業じゃなくって、そういう作業を通して、赤ちゃんと自分との関係を築き上げていく基礎作りで、様々な時間を子供と一緒に過ごす過程のことを、「子育て」というのです。人間を作り上げていく作業、とっても難しくて、誰も完璧になんか出来やしない。でも、それでもとっても暖かくて自分の本音が出てくる作業だもの。だから、日本のパパさんたちは自分が何を逃しているのか気づいてないんだ。安部君にだまされちゃダメだよ。キャリアも大事、子育ても大事。両方女も男もできるようになったほうがいいんだから。

この「ブレスル」のあかねさんの記事を読んでいて、怒 と 悲 2字がシュート女のこころを締め付けた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「母親が母乳を冷凍して仕事にでかけ、父親が職場を休んでそれを赤ちゃんに飲ませるだなんて。やはり母親の愛情が教育の出発点ですよ」。

今の政治の流れは、たくさんの人たちが長い年月をかけて勝ち取ってきたもの奪おうとしているような気がするんですよ 「抑圧する側」の人たちにとって、都合のいい社会に戻そうとしてるって気がして仕方がない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自民と公明で憲法やら教育基本法やら、ドンドンかえてTVやなんかで和を強調し、国民を洗脳して、「古きよき時代」への逆流現象。戦後生まれの私たちが勝ち取ってきて次の時代へ伝えたいもの、でもアベシンゾーはそれを奪ってしまう。アベシンゾーの顔が灰色に見えてくる。何故灰色????

そうだ、JALのママさんフライトアテンダントの方々が勝訴したニュースは良かったな~♪彼女達は「ほんの半歩の前進です。」って言っていた。半歩でもなんでも、前に進んでいるのはうれしいよ。やっぱり、あかねさんじゃないけれど、私たちに今できることは言いつづけること、発信しつづけることだね!めげてた自分が情けない。

長々と読んで下すって有難う。プチっとよろしくおねがいします。

人気blogランキングへBanner_04

|

« 愛と青春の旅立ち | トップページ | 色に非ず »

コメント

あかねさん、これからも是非がんばってください。一人でも多くの日本人が(男も女も)もっと「生きる」ことを楽しめる時が来ることをねがっています。それと、どうしても絶対に戦争に加担する日本にならないで欲しい。戦争は「破壊と死」。建設的に息利己とのマ反対にあるものですよね。ブレスル読むとホットするんですよ。

mdkちゃん、そうだよね。もしかしてmdkちゃんってヴィジュアルなお仕事してな~い?って時々思う。バンクーバーも桜のまっさかり。今度写真とってブログにUPするね。彼氏に聞いてごらん。バンクーバーには桜がいっぱいあるんだから。私もお風呂はいって人生かんがえちゃう時あるんだよ。mdkちゃんがいつか子供を産んだとして、その子供たちが私たちより不幸な人生生きるのはやっぱりイヤだよね。ホントに単純なことなんだけどな~。

投稿: 姑 | 2007年4月 1日 (日) 04時56分

こんにちわ。
私の職場の近く、千鳥が淵は桜が満開で世の中の嫌なこと全てを忘れさせてくれてます。あの桜、土も入れ替えず肥料もなく排気ガスにまみれてるのに毎年毎年見事に咲く。今年はムカついたから青い桜!来年はレインボーだ!なんてことなくちゃんと咲いている。
安部総理は総理になりたかったけど総理の仕事はしたくなかったと言う感じの顔ですよね。桜の花びらのように散ってしまうのではなく桜の幹となりしっかりした根をおろして美しい日本の桜を咲かせて欲しいものですね。
具体的な意見でなく、抽象的でしたね。
これからお風呂でゆっくり考えてきます!

投稿: mdk | 2007年3月31日 (土) 14時52分

シュート女さま
「冷凍母乳」取り上げてくださってありがとうございます♪ たくさん伝えたいことがあったのだけど、うまく伝わらなかったカナ?とか私が子育て中に思ってきたことは、やっぱり自分勝手なことだったのかな?とかいろいろ考えてしまっていたので、とてもとてもうれしかったです。

子育てが誰かの負担になったり、誰かがあとから参加したかった!と悔やむものでは、やっぱりいけないのではないかって思っています。二者択一しかできない社会、少しずつでも変わっていくと信じたいな~と思うこのごろです♪ これからもよろしくお願いしますね。

投稿: あかね | 2007年3月31日 (土) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛と青春の旅立ち | トップページ | 色に非ず »