« International Women’s Day | トップページ | ”チョットチョット”で”欧米化” »

2007年3月13日 (火)

これって矛盾?

拝啓シュート女さま

おぉシアトルの旅楽しそう。浪花嫁は3年前に行ったきり。そのときはむさくるしい野郎、いえすてきな殿方3人(ダーリン・ジュニア・我が友人C)がいっしょだったので、ショッピングやカフェ、おしゃれなレストランでのディナーなんて無縁でしたわ。残念。

そうですね、日本が段々保守化していく感じがしますね。昨日のA新聞夕刊の特集「安倍政権の空気」に、「安倍はおそらく、もっと国権主義、もっと復古主義の青年将校に近いはず・・・(後略)」とあったけど、すごく納得。じぃじ(岸はん)の時代を懐かしむだけで新しいアイディアのないお孫はんってことだわさ。

とにもかくにも声を大にしていいたいことは、

ぜ~ったいに「軍国の母」にはなりたくない

ってこと。これだけは死守するでぇ。どんな手を使っても阻止する。そう思っている母&母予備軍は多いはず。軍国主義の足音が聞こえてきそうな現代の日本。平和を守るうえで女性の役割がますます大きくなるはず。非国民などの非難にも負けへんでぇ~。(「軍国の母」やら「非国民」などレトロな言葉。お嫁って本当はいくつやねん?)

「国際婦人の日」って存在そのもの知りませんでした。日本では認知度が低いみたい(←お嫁が知らないだけか?)。

シュート女さまのブログを読んでふと思い出したのは、敬愛する小児科医・松田道雄氏(彼の著書「育児の百科」はお嫁のバイブル!)が書いた本のこと。タイトルはずばり「私は女性にしか期待しない」。

これってすごい思い切ったタイトルですよね。「子どもを生み育てた女性たちの感覚を大切にしながら、男女不平等な社会を批判し、公平で平和な社会をつくって欲しい」という松田氏の想いがこのタイトルからもわかるはず。男性中心社会への批判・メッセージ。

ますます女性の力が問われる時代だわぁ。

ってここまで書いてふと気がついたお嫁。確か「性差はない。あるのは個人差」なぁんて書いてましたよね、私。これって矛盾かしらん? でもね、「性差はない」も「公正で平和な社会をつくるうえでの女性の役割」、どちらもお嫁の腑に落ちるのよ~。ねぇねぇシュート女さまぁ、これはやはり矛盾かしら? ご意見聞かせてくださいな。

お嫁入りからちょうど1ヶ月。シュート女さま、皆さま、新妻・浪花嫁をこれからもご贔屓に!

新妻に愛のプチリをよろしくね!
 

|

« International Women’s Day | トップページ | ”チョットチョット”で”欧米化” »

コメント

あかねさん、ありがとう~。
どうも政治には(「にも」やな)疎いお嫁。
「ブレイクスルー」はとても勉強になりますわ。
政治・経済の問題点をあかねさん&ようこさんらしい
「おもろい」切り口からどんどん発信してね。
期待しています!

投稿: 浪花嫁 | 2007年3月13日 (火) 15時21分

浪花嫁さま♪
そうそう、朝日夕刊の「安部政権の空気」、私も毎日読んでいるのだけど、あれって安部政権を礼賛するための記事!? とんでもないことがいろいろ書かれているので、私も今日の記事にのちほどUPしようかと思っているのです。

危機感を持っているひと、いない人の落差がとても大きいと感じるこのごろ。周りを固められてから反対しても遅いっちゅうのに!

子供のためにこんなこと心配しなきゃならん時代が来るなんて、ノーテンキに遊んでたころは思いもよらなかったわ。。。ママたちもがんばらなきゃねー。あ、林葉直子さんの記事も面白かったわ! 

投稿: あかね | 2007年3月13日 (火) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« International Women’s Day | トップページ | ”チョットチョット”で”欧米化” »