« これって矛盾? | トップページ | 心の師:いと・こい »

2007年3月14日 (水)

”チョットチョット”で”欧米化”

拝啓浪花嫁さま、

「安倍政権の空気」, Webの朝日新聞で探してみたけれど、探し方がへたなんだと思うけれどみつからなかった。ザンネン!シュート女はとにかく日本のニュースはNHKニュース7専門なんだけれど、これだって以前にくらべたら日本を身近に感じることができるんですう~。

妹宅Visitでいつも思うことは「日本へ半分戻った感じ」ってこと。日常会話も日本語、友人達も日本人、食事もナドナドなんだけれど、彼女がどっさり借りてくる日本のビデオ。さてさて、大体、歌手もスターもタレントも、もうすっかり浦島太郎になっちゃって、全然しらないシュート女ですけれど、関西のお笑いの面白いことオもろいこと。なかでもおもろかったのは「さんま御殿」。さんまさんだったらオイラ知ってるし、、、。なんだけれど、妹と一緒にゲラゲラ笑いながら、なんだかうっすら無気味~なものがオイラの背筋を走っていたことは彼女に馬鹿にされるから言わなんだのよ!

前前から「和」がブームの日本。結婚式も真っ白なウェディングドレスで小さなチャペルでなんてのはもう古い。白無垢で神社でやるのがナウイ、、、オット、オット、いやいや、チョットチョットなんだよね、今はナウイなんてのはもうナウくないわけでしょう?ワケがわかんなくなっちゃった。卒業式だって袴だもんな~???そいでもって、君が代歌って、日の丸あげて、、、ね~。そりゃいいさそれだって。でもね~、どっかで「和」を演出している誰かがいるような気がするんだよね~、カナダの国旗をあげて「オ~かなだ~♪」ってオリンピックとかで国民そろって歌って様子は純に見えるんだけれども~、ね~???と以前から感じていたのは、とりもなおさずこのオイラ。してからにして、このお笑いのコンビが(名前わすれた!すんまへん!)がテンポもよくってポンポンポンポンて相手の頭をはたきながら、チョットチョットとやってるうちはいいねんけど、なんかチョットカタカナ言葉を発すると「欧米化」「欧米化」、って叫んでビシバシ相方の頭をビシバシたたかはんねん、で止めよんねん。かないまへんがな~!もう、なにゆ~てるのかわからんよ~になってしもうたけれど、でもな~、ゲラゲラわらいながら、戦時中カタカナ言葉を使ったら憲兵に連れていかれた時代、何もかもカタカナ語を使わんと話よった時代のことをな~、思い出しておったとよ~。といってもコレでもシュート女は戦後うまれでよう知らんけど、親やジジババからお話聞いたり、読書でしったり、そんなこと知らん時代の若者たちが、「欧米化」「欧米化」、ゆうて笑ろうてるの、どっかでね~、ソレこそ岸のお孫はんあたりが何気に、、、、岸のお孫はんはあれやね~、なんやモノ柔らかそうでいて狡猾そのもんや~デー!権力にもの言わせてる発言たまにあるで~!

「軍国の母」はイカン!絶対にアカン!そうならんよ~、母や祖母は息子や孫を死守セナアカン!それでももしそうなってしもうたら、ジュニアはこの擬似祖母がお預かりいたしましょうやないの!カナダにはベトナム戦争の頃、お隣アメリカから逃げてきた若者が仰山いおったんでッセ~!

ところで、この「性差」「個人差」、これってさー、上野千鶴子さんに聞いてみたいと思っているのよ。本物フェミニストのジェンダー論をいつかシッカリ読んでみたいと、おもっちょりますの。シュート女的には♂の強い部分と♀が得意とする部分ってやっぱりあるけど、それもずいぶん社会の影響もあるし、個人差もあるし、ね~、わかんない。これからもご一緒にかんがえていきましょうね。

浪花嫁の一ヶ月アニバーサリーのお祝いにつたないないベンか分からん大阪ベンのつもりのお喋りをプレゼントしたいと思ったんだけど、なんだか、ムチャクチャになってしもうたけれど、気持ちだけうけっとて~♪

浪花嫁、もう一ヶ月、モットズ~ット一緒にやってる気分。じゃ、今日も プチリとよろしく!

人気blogランキングへBanner_04

|

« これって矛盾? | トップページ | 心の師:いと・こい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これって矛盾? | トップページ | 心の師:いと・こい »