« ♂♀♀♂♀♂あれこれ物語 | トップページ | ユニーク or スペシャル? »

2007年3月 1日 (木)

まだまだ勉強中

拝啓シュート女さま

異性の友だちとの付き合い方。独身時代もだけど、結婚するとちょいと難しくなるかもね。ってすごく他人事みたい。ハイ、浪花嫁はダーリンの異性の友だち、ちっとも気になりません。会おうが、メールのやりとりしようが、まったくノータッチ。いったいなぜだろう?ってちょっと分析してみました(嫁は暇なのか?)。

まずダーリンを信頼している(そりゃそうだ)。ダーリンの女友だちにフェロモン系のヒトはいない(嫁が知っているかぎりだが)。そしてなによりも大きな要因は、嫁が男女の機微に疎いということ(いばって言えることじゃないが)。

なにせ浪花嫁はOL時代、同じ部署にいたある男女(しかもその女性と嫁はデスクが隣り合わせ)が熱烈かつドロドロの恋愛をしているのを丸二年間、なぁ~んにも気が付きませんでした。しかもしかも、嫁以外の同僚は全員気が付いていたという。二人が結婚を発表したとき、皆はうんうんと頷き、嫁一人腰を抜かしましたわ。

こんなんじゃいけまへんなぁ。よくぞ恋愛→結婚ができたもんだわ。これからでも恋愛小説&映画で「男女の機微」のお勉強をしよう。まだまだすべてが勉強中の浪花嫁ですわい。

シュート女さま、↑を読んで情けなくなっちゃいましたか?

そうそう、勉強といえば、お嫁はいま真剣に翻訳の勉強をしているの(遅いぞ!)。正直いっていままであんまり勉強をしていなかったけれど、このブログで「カナダ在住美人売れっ子翻訳家」宣言をしたので、自分の言葉に責任をとろうじゃないかと、重い腰を上げましたのよ。翻訳の勉強には、上手だなって思う翻訳者の本とその原文をつき合わせ、「重箱の隅をつつく」ようにチェックするのが良かろうと思い、家事や仕事の合間にやっているの。

いまやっているのは「100歳の美しい脳」っていう本。アルツハイマー病の解明のため、修道女を対象に実施したナン・スタディについて書かれたとてもおもしろい本ですよ。一行目の訳文で浪花嫁はぶっ飛びました。

「I recall a bright Saturday afternoon on a highway outside Redlands, California, my hometown.」

これが

「それは、よく晴れた土曜日の午後だった。カリフォルニア州レッドランズのわが家を車で出発して、ハイウェイを走ったのを覚えている。」

ですって。

こりゃ翻訳の域を超えて創作じゃないか!(誉めている)この一文でアマとプロの差をまざまざと感じましたよ。ますますもって心の機微・繊細さをお勉強しなきゃって思っているお嫁であります。

ちなみにこの本の原題は「Aging with Grace」。すごくこの言葉が好き。大好きな歌のひとつである「Amazing Grace」に似ているし、「Aging」を肯定的に捉えているでしょ。

ちなみにお嫁は流行りのアンチエイジングって言う言葉が好きじゃないの。なんだか年をとることが悪いみたいな感じだもの。またこれについてはいずれ書かせてもらいますわ。

アメイジング・グレイス~♪ 今日も愛の一押しお願いします。

人気blogランキングへBanner_04

|

« ♂♀♀♂♀♂あれこれ物語 | トップページ | ユニーク or スペシャル? »

コメント

さすが、あかねはん、行動が速い。
アマゾンって便利ですよね。プチリプチリと
押しちまって、恐ろしい金額になったことが
何度あったか。
輝く「翻訳御殿」のために先行投資だい。

投稿: 浪花嫁 | 2007年3月 1日 (木) 17時11分

浪花嫁さま♪
あらら……私もまったく同類ですわ。。。オフィスラブ、彼氏の浮気、まったく気づかず。。。どないなってんのん!?です~(笑)。

そしてまたしても浪花嫁さまの影響を受け、早速藤井留美さんの著書&原書をアマゾンしてしまった私……! そうですよね。やっぱり日々の努力が実力を伸ばすのです。

がんばりましょう。そして「美人翻訳家」として輝きましょう、いつの日か♪

投稿: あかね | 2007年3月 1日 (木) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ♂♀♀♂♀♂あれこれ物語 | トップページ | ユニーク or スペシャル? »