« 走るお人 | トップページ | 血液型の呪縛 »

2007年1月17日 (水)

Compacters Now or Never

拝啓読者の皆様、

ね~ね~、ホントにまた雪ふったよ~、ふった~、淋しいことに「子供の私」は引っ込みぱなし。だんだん、雪遊びも雪景色もキライになってきた。「大人の私」が会社にいけない不便さをうっとうしく思う気持ちが大きくなって、「子供の私」を押し込めぱなし、しょうがない、しょうがない。

さて、今日はこの間新聞で読んだCompactってグループのことを書いてみようと思う。世界で7000人以上の人がCompacterになっているんだけれど、この人達は今年一年、食べ物と下着以外は買わない表明をしたのだそうだ。で、カナダのカルガリーに住む35歳のママさんの記事が載っていたんだけれど、マサにマイハズとこの間はなしていたバッカリの話題だった。

私の小さなお友達たち、(時々私のブログに登場するシモンとかアンドルー)とか例の姪っこGirlsを見ていると、これでもかこれでもかってホド似たり寄ったりの玩具、人形、ゲームを次々と手に入れる。ドンドンドンドン、まさに湯水のごとく手に入れる。子供なのにiPotなんかもらっちゃったりして、すごいの何のって、、書ききれない。じい様ばあ様おじ様おば様、とにかくありとあらゆる人々からもらうクリスマスプレゼントに誕生日プレゼント。山のように積まれたぬいぐるみの山。山のように積まれた山、(わかるかな~?)でもって、ね~、好きな人形とか、好きなおままごとの道具とか、「愛着」ってものがなくなっちゃってるんだもの。あげる大人が悪いのだけれど、クリスマスとか誕生日に何にも上げなければ、忘れられてしまう?かもしれない?嫌われてしまうかもしれない。しかし、それって~ウ~ン。なんだか私はイヤ~な気持ちがしてしょうがなかったんだ。もしかしたら日本のお年玉のほうがよいかもしれない。キャッシュは貯金できるし、まとまったら何かを買うという「希望」を教えることができるかもしれない。

そうやって、ドンドン大人になっていく子供達。ショッピングモールに直行大人になってしまうこと請け合い。大事に好きな家具を使うとか、大事に好きなお洋服を着るとかの、モノを「大事に」することを学びそこねた大人になって、飽きるなんてもんじゃなくって、飽きるまで使うことだって学びそこなう。Girlsをみていると、私達のプレゼントの玩具の魅力はたったの一日だって持たないように思う。だって、又次の玩具をもらうから、忙しくそっちへうつって行っちゃうわけだ。

私がボンを育てていた時のテーマは、ボンには辛かったかも知れないけれど、ピストル類の玩具は買わない。戦争はいけないこと、てテーマに沿って玩具を選んでいたから、ミニカーなんてのがスッゴク多かったと思う。ヘンシーンなんて背中に風呂敷巻いてやっていた。私のオジサンのプレゼントはいっつも本だった。だから、今でも読書は大好き。本にはまるなんともいえない味を覚えたのも子供の頃。だから、このクリスマスのGirlsへのプレゼントはギターレッスンの費用にした。

このカルガリーのママさんも自分の二人の子供達を見ていて、「Now or Never」と、CompactにJoinしたわけだ。壊れたトースターは修理にだす。セーターは編みなおす。などなどで、ランドフィル(埋立地)行きのを減らすことにした。このママさんの子供達、今はなんだかお友達が持ってるものをもらえなくって、フンって思うかもしれないけれど、「ものの大切さを教えよう」という気持ち、努力が、何よりものプレゼントだってことをいつか分かるんじゃないかな?ものを買い与えることは簡単。買わないことを教えるのは大変。

確かにココまで徹底するのは難しいかも知れないけれど、私もセカンドハンドのお店で洋服買ってチョット手直ししてみたり、50%の努力をしてみようとするから、このブログを読んでる皆様もチョイと20%の努力でもしてみませんか~?今年こそ。それでもって、現役ママさんたち、子供達に大事なプレゼント(モノを買わない)プレゼントするために、チョイと頭をヒトヒネリ、お願いしますね♪

↓ ↓ ↓応援は日々のメリハリ、元気の素。心から有難う。

人気blogランキングへBanner_04

個人メモ

今日のOK: 特になし

今日のNG: ダガシの食べ過ぎ、夕飯作らなかった、

|

« 走るお人 | トップページ | 血液型の呪縛 »

コメント

マスター、
そうだよね、マスターはモノに執着しないもんね。私の知ってる人のなかで、一番シンプルライフな人だと思う。マイハズはその反対。アーミッシュはなんとなくアーバンなオイラにはイマイチ。モノを大事にしたり、サービスを売ったり色んな商売ありそうだけどな~??
あかねさん、
ホントに現役ママさん達は年々ドンドン増えるプレゼントから子供達を守っていかなきゃなんない。お察しします。でも、あかねさん達のブログを読んでいて、「ちゃ~んと考えているママさんたちもいっぱいいるんだな~」と思います。チョイと安心かな。

mottaくん、
私も最近mottaクンにかなり影響されてると思う。ぜったいもったいないこと、ものがいっぱいある。この前あかねさん達のブログに書いてあったけれど、「もったいない」ってのは、そのもの自体が生かされない、ってことらしいよ。よ~くわかるな~。これからもお互いに、無駄なくいきたいね。それを子供達にどうやって教えるかってのすっごい大変だと思うよ。

ねえさん、
ねえさんは子供達とかかわるお仕事していたんだよね。切実なもんだい。日本の埋立地に埋まっているもの、途上国(?)とかにもってったらスッゴクまだまだつかえる?ってことは日本でだって使えるってことだよね。う~ん、実にたいへん、でも、子供達にモノ上げてすかれてもな~、って思うようになってるの。もっと「ものを大事に使うことを教える」ってプレゼントのほうがとってもステキだと思うけど、、、。ムズカシイ!


投稿: 姑 | 2007年1月18日 (木) 12時27分

子供・孫の喜ぶ顔がみたいっていうところからおもちゃを買う大人が多いんでしょうね。
日本のごみ収集場は宝の宝庫だというくらいまだまだ使える物が捨ててありますよね。修理代が高いなどの理由もあり、新しいのを買う。お金がある人はなかなかこの価値観を変えるのは
難しいんでしょうね。ゴミ問題も大きくかかわっくいるこの問題
考えていかないといけませんよね。

投稿: ねえさん | 2007年1月18日 (木) 03時12分

久しぶりにまとめ読みしました。自分のブログもさっき久しぶりに更新。Compacterって初めて聞いた。興味あり。自分も去年、洋服はほとんど買わなかった。最近は買う前に自問自答。「これ本当に必要か」って。食べ物以外で本当に必要な物って限られる。ボンにピストルのおもちゃ買ってなかったの感動!!流石!!

投稿: motta | 2007年1月17日 (水) 23時56分

とーってもよくわかるお話です~。うちの娘達の部屋にも、ぬいぐるみが山のようにあって、ちいさなプラスチックのオモチャも山のようにあります。親が買わなくても、あちこちから届いてしまったり、いろんなところでオマケがついて来てしまうのです。。。

モノを買ったらオマケがついてきちゃうから、部屋がいっぱいになって、結局埋め立てゴミ行き……ですもんね。このママさんたちほど徹底はできないけど、できるかぎり要らないモノは買わない、もらわない、を心がけていきたいです。

いいお話をありがとうございました♪

投稿: あかね | 2007年1月17日 (水) 22時24分

compacter まではいかないけど、私が本当に必要なもの以外で買うのはCDぐらいだろうか。
しかし、新しい商売について考えたりする時は、もっとモノに興味があれば良いアイディアも浮かぶんじゃないだろうか等と思い、モノに興味のある人が羨ましくなる。
何故、こんな思いをしなければならないかと言えば、モノに興味がなくてもモノを売って生きていかなければならないからなのだ。
かと言ってアーミッシュのように生きていく気もしないので、自分に合った生き方を探すのも大変なことだと思う。

投稿: ウーハ マスター | 2007年1月17日 (水) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走るお人 | トップページ | 血液型の呪縛 »