« 姑 おめでとう、お嫁♪ | トップページ | 姑 OBSESSION こだわり »

2006年12月 7日 (木)

姑 受け継がれる家具?

です。

拝啓お嫁さま、

Rimg2487_1

さて、今日は雪の話題からちょっと離れてみましょうね。だって、一週間ぶりに自分で運転して会社に行ったし、、

それで、これはもしかしたらカナダらしい話題かもしれないのだけれども、もしかしたら日本でもどこか地方の方へ行ったら、もしくは由緒あるお宅へ行ったらば、家族の家具が世代から世代へと受け継がれていくのでしょうけれど、東京暮らし、しかもアパートからマンションへと引っ越したくらいな姑にはあまり、家具が世代から世代へと受け継がれるなんてお話聞きませんでした。

マイハズのパパが亡くなった時、シニアーホームに入っている現在はもう98歳のおばあちゃんの家具とかをまとめて、3人の息子達に分けたんだけど、ま~大変な事。これはこれでお金がかかるものなんです。私達は西海岸にすんでいるから輸送しなくちゃならないし、マイハズの弟はアジア勤務で、転々といろんな国を回っているわけで、家も家具も会社もち。カナダに帰ってくるまで、何年も何年も10年以上も倉庫を借りて入れておかなければなならい。一番したの弟はそんなたいそうな家具を置く住処がない。

そして、マイハズはおそらくメランコリックな思いがあるでしょうけれど、姑はただその家具が好きか嫌いかって問題だけなんだけれど、このテーブルとチェアー、前に住んでいたコンド(マンション)はもと教会ってたてもので、100年もののレンガ作り、このテーブルとかチェアーの雰囲気も大きさもあっていたから、気に入っていたのだけれど、今の家には大きすぎるし、色も合わない。今の家はファームハウスだもの。でもとにかく、売っちゃいけないって規則があって、抱えていなくてはいけない、、、外から見ていてはわからない苦労もあるんですのよ。

てな問題は決して私達だけの問題ではなくて、いたるところで問題になってるみたい。私達はずっとバンクーバーに来ていらい、CambieとかMainのあたりに住んでいるんだけれど、Main Streetは中古家具屋がいっぱい。アンティークからただのフル家具まで様々な家具屋がイッパイ。若い人たちにはイケヤ(アキヤ)が人気。例のボンが組み立てるあの手の家具。組み立てが苦手な人々にはちょっと大変だけれど、現代生活にはあってる家具がイッパイあるお店。

ここバンクーバーは嘘のように次々と建つマンションやタウンハウス。家なんてとっても手にはいらない。そして結婚離婚再婚再再婚んてことの繰り返しで、住みかはドンドン変わる。おまけに、仕事次第でこの広いカナダをあっちへ行ったり、こっちへ行ったり移動するカナダ人。こういう重たい家具は、近代的なマンションには大きすぎるし、デザインのあわない。それに持ってきて、フラットテレビだのコンピューターだの、昔ながらのTVアーモア(テレビキャビネット)やライティングデスクなんかが現実の生活につりあわなくなっちゃった。

さてさて、こんな訳で一番下の弟がバーンと全部売り払っちゃった。だからって訳でもないけれど、マイハズと姑もこの写真のテーブル&チェアーを売っちゃった。そして現在ココにあうダイニングセットを探しています。もうちょっと小ぶりで、色もちょっと周囲とあうものを。ちょっとメランコリックでそれと同時にサッパリしたわ。探しているのはモチロンちょっと趣あって、モチロンどっかの家に代代伝わる家具かもしれない。

代代家族に受け継がれる家具っていう時代は終わっちゃったかもしれないけれど、でもホントの木のよい家具とかは、どこかの誰かの家でちゃんと生きていくことでしょう、、、でも大変なの、ホントはナカナカUsedでサイズや色やお値段が適当なものってナカナカない、、のよ!新品買うのがもしかしたら一番簡単なのかもしれない、というわけでうちは今テーブルがないから、毎日ブッフェスタイルで食べてます。

↓  ↓  ↓ 今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 姑 おめでとう、お嫁♪ | トップページ | 姑 OBSESSION こだわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姑 おめでとう、お嫁♪ | トップページ | 姑 OBSESSION こだわり »