« 姑 感動を再び、、、 | トップページ | 姑 雪降る夜の一勝負 »

2006年11月24日 (金)

姑 パタニティーリーブ

です。

拝啓お嫁さま、

寒さにも退屈さにもめげずHangInThere! 赤ちゃん誕生とともに今の何もしない優雅?な今の生活を懐かしく思うこと確実、今のうちに読みたい本は読み、編物でもパッチワークでも集中力が必要なものはゼ~ンブやり、お友達ともセッセとあって、、、だってね赤ちゃんて人の生活の根本からひっくり返す存在なんだから、お嫁さま。でも私達も生まれた時はそうだったわけね、順番だからね。

さて、先日から話題のミッドワイフ、保険がなくても無料。ホントに助かるよね。カナダは日本の国民健康保険のような、OHIPとかBCMedicalとかいったものがあるけれど(州によって保険も違う。)、お隣の国のアメリカにはそれがないから、一般市民はホントに大変。医療保険は各自が自分ではいるわけです。これが又スッゴク高いらしい。だから、すっごい金持ちか、貧しい家族は福祉をもらえるからOK、一般市民といわれる普通の人々が一番かわいそうらしい。姑とかマイハズは二人とも会社員だから歯とか目とか目がねまでもOK。でも会社員じゃない人はこのところは保険に入ったほうがいいでしょう。保険の種類によって半年に一回のクリーニング。それ以上はダメ。すべてが保険次第。でも、姑とかマイハズの両方の保険を足したら、結構いいメガネも買える。なんて、日本の保険に比べて優れている点、劣る点様々ですよ。このところが日本人には苦手の部分。細かいチェック、って億劫だよね??

話はそれちゃったいけれど、この無料ってところなんだけど、、、どこからお金が出ているのかというと私達の税金からでているんですよね~。高校とかは私立とかもあるけれど大学Universityともなると、公立しかないから授業料が日本にくらべたらズットお安い。でもって医者の子供だけが医者ってんじゃなくて、頭のいい子はちゃんと医者にもなれる。

すっごい貧しい人たちの住宅にトレーラハウスってのがあるけれど、そういうところ出身のお友達の奥さん、お医者になった。塾なんていってなくたって、というか塾なんかないし、ちゃんと子供の頃は遊ぶだけ遊んで、それで専門職についていく。やっぱり、福祉の国なのかな~?だから、高速道路だってホトンドが無料。日本に比べたら税金は高いけれど、生活費が安い。ただ、医者の子供は親を見ているから医者の生活を知っていて、なりやすいってのはあるよね。

そうそう、先日ラジオで言っていたけれど、2007年の一月一日以降にBC州で生まれる子供には政府が1000ドルだかいくらだかを積み立ててくれて、大学やカレッジに行く時に学費としてくれるが決まったらしい。で、そのお金どっから出るの?うん、私やマイハズや色んな人の税金からだよね?優秀なう人材は国の宝。優秀でお金がなくて医者や弁護士や科学者になれないとしたら、それは国の損、しいては国民の損、私の損。確かに、まさにそのとおり。いくらうちの子が「お医者になりたい」って言ったって、その能力がないのなら、あちらのお宅の優秀な子供になってもらったほうがいいわよね~?

そして、会社の男社員が今回「パタニティーリーブ」ってのを7ヶ月か8ヶ月とることにした。奥さんは働いてないんだけれど、トシゴで二人目がうまれて、近くにどっちの両親も住んでいないから、ワイフは彼を必要としているそうだ。で、気になる給料。会社と国と両方からでるそうですよ。あ、また私達の税金からそっちへ行くわけね??ホトンドの女の人は働いているから、その場合、この国では二人で合わせて一年くらいとれるみたいだから、変わりばんこでもいいし、大体はママのほうがとるみたい。でも彼の場合はワイフが働いてないから、ゼ~ンブ彼が取ります。父母そろって子育てする時間てそうそうあるもんじゃないよ~。日本で考えられる?生活支える父親たる代の男が会社に「8ヶ月の子育て有給とります。」なんて申し出れるかな~?そんな勇気ある男いるかな~?っていうより、会社のほうで「もう、来なくて結構ですよ。」なんて言いそう。

そもそもが、全然違うのよ。何が大事でナニが大事じゃないか、って基本的な価値観がね!そうでしょ、家族が一番大事。仕事なんか、キャリアなんか、家族の幸せを支える一要因でしかないのよ。フ~ン、そうか?だから、私用電話のほうがお客からの電話より大事だよね~。フ~ン、そうか?カスタマーサービスなんてクソ食らえ、フ~ンそうか?しかし、こういう父親の子育て参加が、もしかしたら健全な子育て、人間育成に大きく影響していて、イジメなんてことにならないのかも知れないし、、、

全くもって、難しすぎる問題だから、今後も折をみて語っていきましょう。そうしましょう♪

↓  ↓  ↓ 今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 姑 感動を再び、、、 | トップページ | 姑 雪降る夜の一勝負 »

コメント

ゲンゲン、コメントどうも有難う。そうなの、なにが大事かってそれぞれ違うけど、時々ホントにも~分からなくなっちゃう。家族が大事なのは皆同じだと思うけれど、でも、仕事もね~!なんてね。コメントに気が付くの遅くなっちゃってゴメンネ。

投稿: 姑 | 2006年11月30日 (木) 11時29分

何が大事で何が大事じゃないか。全然違いますねー。見聞広がるお話でとっても興味深かったです。しかし、日本は何でこんなにも余裕がないんだろう。。。
あたしも最近余裕がなくなってるか。何が大事か整理してみなくっちゃと思う今日この頃です。

投稿: ゲンゲン | 2006年11月28日 (火) 15時44分

えりちん、いつもホントにコメントありがろう。難しいことだったかな?生きていくって、大人になるって、大変ね~とこんなに沢山生きてきたけど、未だにう~ん、大変って思っちゃう。これからも宜しくね。

投稿: 姑 | 2006年11月27日 (月) 10時46分

今日も非常に難しく、興味のあるお話ありがとうございました(笑)

どっちがいいのか、まだまだ新米カナダ住人の私にはわかりかねますが、税金がそのように使われてるとは、わかりやすくていいですね♪←トロントの税金は高すぎる!!と日々愚痴をこぼしてますが・・・。

投稿: えりちん | 2006年11月25日 (土) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姑 感動を再び、、、 | トップページ | 姑 雪降る夜の一勝負 »