« 姑 週末シアトルの旅 | トップページ | 嫁 TORONTO嫁への道 »

2006年10月12日 (木)

姑 ボーダークロシング

です。

拝啓お嫁さま、

さてさて、もう、秒読み状態に突入しているお嫁に、いかがお過ごしですか?もないわよね?だから、聞かないけれど、お嫁は秒読みに入るとホンキが出るそうだから、ま、普段の1000倍くらいすばやく行動していることと思います。お嫁の頭のなかがクルクルクルクル回転し、身体がビュンビュンはや動きをして、ザー、と色んなことが片付いていく姿はちと想像しにくいけれど、でもね、お嫁この間Torontoに行った時、ボンの動きのスバヤサに母の姑はポカンと見とれていただけだった一瞬があったのです。未だにあれは現実だったのか、幻だったのか、、、、?後にも先にもあんなにすばやいボンは初めてでしたよ。

さてさて、前置きはともかく、今日は忘れないうちにボーダークロシングのことを書いておこう。だってね、アメリカの隣に住んでいる私達はどんなに不愉快な思いをしてきたことか、いやしているかってことをね、忘れずにグチっておこうとおもうのよ。

私は日本国籍を維持しているので、アメリカのグリーンカードのようなPRカードってのを持っています。しかし、それだけでは十分ではなくて、

1、私がカナダに移り住んですぐに、アメリカ領事館にボーダークロシングというVISAを申請しましたよ。もう忘れてしまったけれど、ひどく悔しい思いをしたのを覚えています。会社の勤務時間じゃないとあいてないから、それなりの写真とか色んなものをもって、何時間も列に並んでまって、やっと自分の番になったら、USドルでないと受け付けないとか言われて、また後日何時間も列に並ばせられて、オイオイ悔し泣きしたくなるような横柄な態度であつかわれ、遂にとれたボーダークロシングのVISAは、モチロン写真入りなんだけど2ページに2種類、その違いをモチロン領事館のオッフィサーに聞けるような雰囲気じゃないからボーダー(国境)で聞いても、どのオフィサーも違いがわからない。えっと、これは10年Visaで、ちゃんとその分お金払らったんですからね。で5年ぐらいはこれで国境を越えられた。しかし、5年くらい経った時、これは無効になっちゃった。理由なんか聞いても無駄ね。でその後は3ヶ月間有効の緑色の、ペーパーの片割れ(ビザ)をパスポートに張ってもらうために、オフィスに入って書類書いて、6ドル払わなくてはならないの。そう、アメリカドルでねモチロン。今はクレジットカード受け付けるけど、以前はDutyFreeまで両替にいかされた。これって、空港での話じゃないから、DutyFreeってズットあっちのほうにあるんだから。車でなくてバスだったから、真っ暗ななかソコまでトボトボあるっていったの、、、あ~あ~。その間他の乗客は待ってなくちゃなんないのね。あ~あ~。

2、さて、そうこうするうちに、私はパスポートをリニューしましたよ。そう10年分のをね。そしてまた5年くらいが過ぎました。そしたら、あのクソいらつくアメリカが、私のパスポートではニュウゴクできんと言うんじゃい!なんで、なんで、なんで?今度はマシンリーダブルのパスポートじゃないといけないという。それで、私はまた5年分残っているのパスポートを捨てた。ね、これでいったいいくら損したと思うのよ!

3、September11th以降は、靴を脱げだの、ニュウゴクするたびに写真は撮られるはシモンは採られるわ、私の指紋はアチコチにもう何回もとられているから、もう悪いことは出来ん、じゃなくて、出来ない、じゃなくてしたことないけどさ、でも不愉快だわ。しかし、この③のポイントはマ~許しましょう。テロ予防なら我慢する。ホンキ自分の身の安全がかかっているから我慢する。

4、しかし、どうしてあいつらはあ~も人を不愉快にするのが得意なんだろう?もう少しカスタマーサービス精神をどこかでなんとか学んでくれないものだろうか????と思うばっかりで、何も悪いことしてないのは分かっていても、いつも国境超えはうっとうしい。

ところが驚くなかれ、今回のオフィサーは嘘のようにフレンドリーだった。マイハズに「Do you speak Japanese?」なんて聞いてたよ。「Are you OK??」って言いたくなった。あれは私の幻想だったのかな~?

↓  ↓  ↓ 今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 姑 週末シアトルの旅 | トップページ | 嫁 TORONTO嫁への道 »

コメント

mottaクン、ココには書ききれないくらい、悔しい思いはしてきたわ。ボンが小さい時なんか、旅行でもVISAが必要だったんだけど、ボンを人質に取られた時もあったね。今でもそのパスポートあるけど、ボンは連れて行かないという条件でビザくれたり、もう寸前の爆発は何回もある。行かなくていいなら絶対行きたくないよ。あの国は。それに何で、カナダにある領事館でUSドルしか受け取らないわけ?人の国にいるんだぞ、普通の人はUS$なんか持ち歩かんのよ。アームカムかする。そうなの自分達が世界の中心で、回りはそれに従うのがあたりまえ。え、それに日本は追従して、もう、イヤ!

投稿: 姑 | 2006年10月13日 (金) 10時23分

まさに、おいらが一番嫌うアメリカの偉そうなところです。あの、間違った正義を押し付ける厚顔無恥な体質が許せないのです。ちょっと、姑様の不快な経験とは意味合いが違いますがコメント書かせていただきました。まるで自分達のルールが世界のスタンダードだなんていう姿勢が許しがたい。武器を持っている事=偉い、強いは間違いです。何発あの国は核を持てば気が済むのやら。

投稿: motta | 2006年10月13日 (金) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姑 週末シアトルの旅 | トップページ | 嫁 TORONTO嫁への道 »