« 姑 捨てられない姑 | トップページ | 姑 食欲の秋 »

2006年9月26日 (火)

姑 もったいないの呪縛

です。

拝啓お嫁さま、

Rimg1373 お嫁さま、読書の秋、っていいニュアンスのある言葉だと思いませんこと?週末の今日(ブログ掲載は週末ではないから混乱しないでね。)、朝の二時間だけ読書の秋をしましたが、後はたまったペーパーワークだのナンダノカンダノでちっとも読書の秋を楽しめるどころではありませぬ。昨日は久しぶりに図書館だの、本屋さんだのに行って、気持ちがワクワクしましたよ。♪♪♪、私の若い読書お友達は、SFUという大学を卒業して、日本に帰ってしまったし、読書系でお話したり、貸し借りできる人が降りませぬが、本屋とか図書館とかへ行って、読みたい本にであった時の気持ちというのは、ボンやマイハズがCD屋さんで感じる気持ち、お嫁やお嫁のハハ様がお洋服屋さんで感じる気持ちに通じるものがあるのではないかしら?

でも、本は読んだものを二度と読むとは思えないので、ドンドンまわしたり、図書館にあげてしまったり、BookOffに安く売ってしまったりするので、それほどたまらない。バンクーバーの図書館には日本語の本も沢山あります。ワーキングホリデーの方々や、学生さんが置いていったりでけっこうあります。私の場合こちらに来てからのほうが日本語の本を読むようになったみたい。私が日本にいた頃には、BookOffなんてもんはまだなかったし、新本買うのも高かかったし。

さて、今は「一弦の琴」という私の大好きな宮尾登美子の作品を読んでいます。(漢字が多すぎるところは、ちょいとすっ飛ばして読んでる。これ得意。)写真の文庫本のBookCoverは日本に住む姑の従姉妹が送ってくれたもの。「一弦の琴」にピッタリでしょう?この本を読んでいて、ある発見がありました。昨日のブログのもったいないから捨てられない、のもったいないって精神は昔から日本にあった文化というのは言うまでもないのだけれど、(もったいないに相当する英語でピンと来るものはないと思うのですよ。it's wasteかもしれないけれど、無駄って言うのともちょっと違う気がするし、、)その宮尾登美子の“序の舞”のなかで、なんか、野菜買ったりするのも嫁の恥じで(お嫁、恥なのよ、恥じ)、時間を無駄にしないで、一時も惜しんで、庭の隅っこで韮とか栽培して家族に食べさせる、、これって別に貧しいうちの嫁ではなくて、士農工商の士の家の嫁なわけ。つまり、時間を無駄に過ごすことはもったいない、ひいては、そんなもったいないことをするのは嫁の恥じなのですね。そして、お蔵には大きな箱、なんていったかしら、長持ちっていったかしら、その大きな箱の中に、古い浴衣とかを入れておいて、夜なべして雑巾とかを縫うわけだけれど、今風に考えると、もったいないの意味合いがちょいと変わってしまっていると思うのですよ。ね~、第一、恥じなんてもー誰も考えないと思うし、恥じって言葉は、なんかNegativeな響きを持ついやな言葉に思えてしまう。ねー、たとえば古くなったTシャツとかを大きな箱にためておいて、夜なべして雑巾を縫うという仮定をした時に、①大きな箱に役に立たなくなったものを溜めておくのは、スペースかかりすぎて、もったいない。何がって、その箱を置くスペースにはらっている家賃が。②雑巾は多分$1.00で何枚買えるかしら?その雑巾を縫うための時間がもったいない。っていうふうに、もったいないって意味あいは流動的に、その人の価値観で変わるものなんだけれど、私はやっぱり捨てるのが下手。だから、買わないようにしよう、といつも思うのだけれど、、、

生活が電化して、お嫁さま方にも余分な時間が出来て、やっぱり時間を無駄にしたくないって思う、そこのところが大事。TVを一日中みていて充実しているのなら、ソレもヨシ。日がな遊びほうけて充実しているのなら、ソレもヨシ。とにかく無駄にしないってことは、自分が充実して時を過ごすってことだと思うのですが、あ~難しい。それでもガラクタばっかりたまってしまう。だれか、教えて、SimpleLifeに移行する方法を。☆あ~だのこ~だの言ったって、私は抜けられないのだ。そうなのだ。だれか、このもったいないっていう呪縛から私を開放しする方法をおしえてよ~。

↓  ↓  ↓ 今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 姑 捨てられない姑 | トップページ | 姑 食欲の秋 »

コメント

mottaクンはタガログ語に堪能だったんでしたね。忘れてた。うちはベースメントとかがラージとかあるから、ドンドン「もったいない」がたまってしまう。どうしよう。

投稿: 姑 | 2006年9月28日 (木) 13時11分

コメント遅くなってしまった。mottainaiにおいらが反応しなくちゃ駄目だよね?!ちなみにフィリピン語(タガログ語)には日本のもったいないと、とても近い言葉があります。これを聞いたときに妙に嬉しくなりました。sayang(サーヤンと発音)。もったいないとか、残念って意味をあるそうです。

投稿: motta | 2006年9月27日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姑 捨てられない姑 | トップページ | 姑 食欲の秋 »