« 姑 家とHouse | トップページ | 嫁 101回記念記事 »

2006年9月15日 (金)

姑 100回記事記念日

です。

拝啓お嫁さま、

Sanding_bon_1 お嫁様、読者の皆様、今日のこの記事、100回目の記事なんですの~ん☆。ピカピカ光らせたいけど☆で光った事にしよう。実は100回記念には何かもっとステキな、私のお気に入りのお店とかの紹介を写真入りでドンドン載せて、ピカピカに光った記事にしたかったのだけれど、なんだか、ダストまみれのボンと私のピカピカどころか、くすんだ写真で我慢していただけるかしら?^^;(お嫁の真似)

6月11日に始めて、よくもまーなんてのかしら、ネタも尽きずに書き続けましたよね~お嫁。私たちってやっぱり姦しいかしら?女3つでカシマシイって読むらしいSanding_6んだけれど、私達二人で3人女?いや、4人前、五人前、だわね。姑の方のプロフィールってところに書いた、カリフラワートークって私が自分で命名したトークなんだけれど、次から次へとドンドン話は進みそれでいて、根っこのところでなんとなくマトマッテってるってトーク、要はあれですよ、私達のブログって。 話は尽きない、おしゃべり女達のプログ。お付き合いいただいて、どうも有難う。

私は誰?なんて急に聞いたらたらギョとするよね。ホントは昨日の記事に付いてmottaクンからコメントいただいて、思ったことイッパイあるんだけれど、今日は一つだけ書いみる。カナダは夫婦別姓でも、ハイフォンで夫の名字と妻の名字をつないで、結婚した人たちの新しい名字を作ってしまってもいいのね。山田さんと鈴木さんが結婚したら、山田-鈴木さんになっちゃってだから、家を継ぐとか、家を守るとかいう感覚はないわね。ー。そして、その子供達の山田-鈴木さんと田中-吉田さんが結婚したら、「山田-鈴木-田中-吉田はなこさん、お元気?」なんてことになっちゃって、ややこしいこと限りなし。おそらく、この発想は男女平等の意識から来ているのではないかと、姑はにらんだね。いや、まてよ、同姓結婚もあるわけだし、人間平等意識かも知れんぞ。そして、夫婦別姓のほうは、個人のアイデンティティーを尊重するかららしい。そりゃ、何回も離婚再婚するたびに、女が名字変えるんじゃ、キャリア上だって女に損でしょうが、ね。それと、アメリカ、カナダは移民のお国柄、インド系カナダ人と中国系カナダ人が結婚した場合とか、アイリッシュと日本人が結婚した場合とか、イッパイ様々なケースに、対応しなくっちゃならないカナダのお役所さま、大変ですわねー。考えてみるに、うちのハハ方の親戚で私も含めて、女の子バッカリ生まれて、唯一の母方姓を名のるヒーバーちゃんが、ひ孫にやっと男の子が生まれたって喜んで、その子を養子にして、名字をつなげた。全然たいした家柄でもないんだけれど、私はそれを聞いた時、感動に近いものを何故か感じたわ。だって、私は特別守りたい名字の家に生まれたわけじゃないし、結婚するたびに違う名字になったほうが楽しそう、くらいにしか思ってないわけで、親子3代にわたって家=名字を守りぬくってすごいな~と心から思ってしまった。

思うに、歌手のマドンナとかみたいに、アイデンティーを主張するなら、名字なんて要らないって思うタイプ。私の名前はカナダの姑でホントに十分だと思っておりまする。「カナダの姑さーん、お元気?」ナカナカsounds good.

さて、とっておき、100回記念の特別Newsは、ジャーン、ジャーン、ジャジャジャーン、(鳴り物入りです。)痺れを切らした短気お嫁が、イミグレなんて待ってられんと、10月の半ばにこのブログのテンプレートのように、ハート抱えてピューンと、姑のいるバンクーバーはすっ飛ばして、ボンの住むトロント上陸することに決定!イヨイヨ、面白くなるだろう予定の「嫁姑カナダ日記」。こう御期待。

↓  ↓  ↓ 今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 姑 家とHouse | トップページ | 嫁 101回記念記事 »

コメント

mottaくん、かえって来ましよー。雨のバンクーバーに。ホントにアットいう間でした。週休2日にしたら、なんか、妙な気持ちがしてまーす・これからも、宜しくおねがいしますね、

投稿: 姑 | 2006年9月18日 (月) 13時50分

仙台のオジ様、ホントにお久しぶりでございます。ブログちゃんと読んでいてくださったのですねー。ホントに有難う。それにしても、庭塩とお好きなのでしたら、是非うちにもいらしてくださいねー。お待ちしております。時々はブログのほうにも、お寄りくださいマシ。

投稿: 姑 | 2006年9月18日 (月) 13時47分

姑さま、100回おめでとう御座います。だいぶご無沙汰しちゃいました!
もちろん日記は、楽しく拝見しておりましたよ(毎回blogランキングのクリックも忘れずに) オジが妹の家の花壇のお手入れをしてるところに、嫁一家がご到着・・・嫁は顔色も好くとっても元気そうで、これならいつカナダへ嫁いでも大丈夫って感じです。
急きょ嫁をむかえるボンさまの方が、何かと大変そうですね! ドタバタ新婚生活のリポートなどなど楽しみにしてる、オジであります。

投稿: 仙台のオジ | 2006年9月17日 (日) 07時16分

百回記念だったんだ。おめでとうございます。あっと言う間の気がします。自分のは何回か数えてなかった。これからも楽しみにしております!!

投稿: motta | 2006年9月17日 (日) 00時45分

まる様、そうですか?お宅のお姑様もトロントにいらしていたのですか?でも、きっとサンディングなんかしないで、楽しい時間をお過ごしになったことでしょうね?私はトロントが大好きなんです。とっても落ち着きます。和みます。また、ゆっくり来ますね。ブログご愛読、有難うございます。誰かがどこかで読んでいてくださると思うとうれしいですもの。♪

投稿: 姑 | 2006年9月16日 (土) 07時24分

祝!100回記念、おめでとうございます。
カナダの某掲示板でこちらのブログの事を知り、それ以降毎日読ませていただいてます。
お姑さまトロントにいらしてるんですね、実は私の姑も日本から遊びに来ていて昨日帰りました。ゆっくり書き込みしたいと思いつつバタバタしております、これからもブログ楽しみに拝見させていただきます。
素敵なお家になりますように☆がんばって!
お嫁さま、来月なんてすぐですね、今頃は忙しくしていらっしゃる事でしょう。
トロント生活のブログも楽しみにしていますね♪今後ともよろしくおねがいします。

投稿: まる | 2006年9月16日 (土) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姑 家とHouse | トップページ | 嫁 101回記念記事 »