« 嫁 バイリンガル親子 | トップページ | 姑 お目目クルクルくるリンチョ »

2006年9月 5日 (火)

姑 Rush to Relax

です。

拝啓お嫁さま、

確かに、確かに、そういえば、ナルホド、ボンは日本語で話す時は、ナルホド、それで英語になると、急に大人のシッカリした男になる、言えている。確かに、もっと凄いのはマイハズ、日本語(ってほど話せるわけではないけれど、、、)だと、まるで子供みたい。謝るときだって、「ごめんなさい。」ってひらがなで書いちゃって。「申し訳ございませんでした。」なんて洒落た言葉しらないし。ずべてが、ひらがな言葉になっちゃうんだ。言葉ってのはいいけれど、言語なんてしらないと思うし、なるほど。なるほど。

さて、Snug_cove_sign 信じられないだろうけれど、今私はBowen Islandに来ています。風はソヨソヨ、マリーナがすぐそこで、その向こうにはくっきりそびえる山々、しかも、静かな、ミュージックまでがバックグラウンドに流れています。(これは、隣のBBQグループがエンビエンスを流しているだけなんだけど、、、)鳥のさYottoえずりまでが、そよ風に乗って届いてきます。三連休のナカビ、マイ ハズはお友達家族とセーリングに行っているのです。私は、ダメ。あ~いうのはダメ。昔から、すぐに簡単に、いとも簡単にゲロゲロしてしまう胃の持ち主なのですよ。だから、ホントは来るのはやめようと思ったのだけれど、やっぱり来てよかった。

Bowen_tent_3 けさ、休みにしては早起きをして、途中でサンドイッチをピックアップして、「やっぱり、ゆっくり時間を取って、ゆとりをもって出てくるといいね~。」などと、極楽トンボの私達は二人で自己満足。お互いに、いかに自分達は段取りがよいかを誉めあいながら、Long Week Endで街はガラガラで、非常にスイスイとフェリー乗り場まで。私達はここで、車をパーキングに入れて、(車ごとフェリーに乗るとえらい高くつくので、ホーシューベイで車をすてて、フェリーにのります。)と、言うつもりで、パーキングへ行ったけれど、グルグルまわっても空きなし、次のParkingもダメ。ダメ。だめ、という具合にドンドン丘を上っていったけど、路上駐車は、最高で3時間。終いには普通の民家のドアまでノックして、「止めさせてください。お金は払います。」なんて、聞いて回って、全滅模様。マイハズはお腹はすいてくるし、フェリーの時間は迫ってくるし、私はトイレも行きたいし、え~い、路上駐車して、ティケットきられたら罰金はらえばいいか、「そんなくらいなら、車ごと乗っていってしまえばいい。」「もう、そんな時間はない!」イライライライラ。「じゃ、電話して断って、どっか違うとこ行こうよ!」ってな具合で諦めた。そしたら、その友達がParking持っていて、そこにとめて来いっていうなじゃい。早く言えってーの!早く!だから、私がさっきから、電話して一時間遅れるって言え!っていったじゃん。と言い争う間もなく、大荷物をかかえて、走った、走った、走った。あああああああ、もうイヤ。急に、きげんのよくなったマイハズは、
“Rushing to relax.”なんて言っちゃってドンドン、走ること。あのチョー長足と、私のチョー短足と、同じに回転してたらあっちがドンドン先に行ってしまうじゃないの。

さて、フェリーのなか、ホ!と一息。二人でトイレに行って、サンドイッチを食べて、、、食べ終わらないうちに、「フットパッセンジャーは、出口まで。」ってアナウンス。だって、フェリーに乗ってる時間は15分か、そこいらしかかからない。この島は私の大好きなHoweSoundっていう入り江にある、バンクーバーから一番近い、小さな島なの。この島から、ダウンタウンにオッフィスがある人とか、毎日通わなくてよい人とかはココに住んで、通勤可能だけれど、とにかく島に住むってのは、何かと時間の制限があって、私達は諦めた。
夏は最高の島ですよ~。お嫁と一緒にいつか、絶対に来たいな~。もし、お嫁はセーリングに行きたかったらマイハズ達と行けばいい。もし、ゲロゲロタイプだったら、二人でトレッキングに行ってもいいし、カフェでお話していてもいいし、または、二人で自然の中のブロガーしていてもいいねー。

    ↓  ↓  ↓ 今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 嫁 バイリンガル親子 | トップページ | 姑 お目目クルクルくるリンチョ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫁 バイリンガル親子 | トップページ | 姑 お目目クルクルくるリンチョ »