« 嫁 移民手続き速報! | トップページ | 姑 小さなお友達 »

2006年8月22日 (火)

姑 母と娘

です。

拝啓お嫁さま、

あ~も~、クソ暑い東京からお嫁を「スーパーマーム」、ってビューンってすっ飛んで救い出しに行きたいもんだ。こんどのCivicクンはACが着いているから快適だけれど、バンクーバーは普通の家にはACないよ。自然の風がソヨソヨ。そのうち、お嫁も夏には、子供の夏休みとかで、バーちゃんのいる涼しいバンクーバーに遊びがてら、避暑にくればいいよ。その頃はガキが何人もいるかもね??え?先走りするなって?分かった、分かった、

お嫁、イミグレの人のほうから、電話くれるなんてことがあるんだね?よかったね?ホントに。ダイイチ難関、クリアーだ。これからはWEBで一体どのヘンのプロセスにいるのか追跡できるね。無事にイミグレのビザがおりたら、同じ書類を書いている人たちの質問をブログで受け付けようね。そして、「自分で調べろ」、なんてケチナコト言わずに、答えられることは答えていこうね。

なんで、今日は出だしから、孫なんてことを言い出したかというとね、友人のルイーズからメールが来たの。彼女はね、私がボンと二人でオハイオの小さな街に、子ずれ留学してた頃のお友達。オハイオのデラウエーっていう小さな街に表れた日本人親子の私達、住むとこさがしていて、ルイーズの大きなレンガの白いおうちに落ち着いたの。そこには、大きな黒い犬と、黒い猫と、家主のルイーズ(多分私より3歳くらいだけ年上だったけれど、スッゴク大人にみえた。)と、アイルランド人で陽気なセカンドハズと、10歳の娘のアニーと、カナダ人のヒッピー学生(女)が暮らしていた。ルイーズがビジネスウーマンで家庭をささえ、セカンドハズは主夫だった。そのルイーズが2年前の冬、脳の癌(?)になって、何ヶ月の命と告知されて、私はおととしの春バーモントの彼女の家まで会いに行った。(二度目の結婚で出来た子供の結婚式があったの。)それから、二年、彼女は元気に生きてます。生の尊さ、奇跡としか思えない、与えられた時を大事に生きています。

Annie_taipaint_3 で、あの頃ボンは3歳、アニーは10歳のこども。時にはボンのベビーシッターをしてくれた。その小さな街に、あの恐ろしいキャンディー屋さんがあって、ありとあらゆる種類のキャンディーが売っていて、私からもらったベビーシッター代でボンにドンドン、あの毒を食べさせていたアニーも、今は30歳後半の立派にママ。他のイッパイのアメリカ女性の例に漏れず、彼 Annie_tai_2paint_2女もシングルマザーの時代があった。今は再婚しているけれど、、シングルマザーの時代 のことを書いた、本がでた。ルイーズは、私より3歳くらいしか上ではないと思うけれど、もう学校に行っている孫が何人もいる。ルイーズもあの頃のハズとは分かれ、ロシア系カナダ人と今は3度目のAnnie_tai_louisepaint_2結婚をしている。アニーがティーンエージャーの難しい年齢の頃、私は彼らを 一度たずねた ことがある。あのころ母と娘、色々行き違いがあったみたいだけれど、今は、アニーの中にルイーズママは大きく生きている。このサイトをみて、私はスッゴクうれしい。  www.anniedowney.com 本が出たら早速読んでみて、出来たらこのブログで、日本語で紹介するね。胸を打つような、そしてファニーなお話だそうだ。写真が10歳のアニーと3歳のボン。一番下の写真はアニーのママのルイーズ。あどけない顔のアニー、現在の写真と比べてみてね。まるで、タイムスリップしたみたい。(写真クリックして大きくしてみてね♪♪)

↓  ↓  ↓   今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 嫁 移民手続き速報! | トップページ | 姑 小さなお友達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫁 移民手続き速報! | トップページ | 姑 小さなお友達 »