« 姑 シングルマザーのススメ | トップページ | 嫁 姑のせなか »

2006年8月10日 (木)

姑 自家製露天風呂

です。

拝啓お嫁さま、

お嫁はボンが去って、また忙しい日常にもどったことでしょう。それはそれで、リズムはあっていいけれど忙しいよね。一ヶ月のバイトですって?英会話学校も大変そう。一方ボンはというと、、、ボンが到着した一昨日は実によい天気で美しいバンクーバーでした、、、が、昨日はうって変わって急に雨がふりだして、肌寒い一日になってしまった。といってるうちに今日は秋晴れ、女心と秋の空。時間差、温度差にボンは疲れきって現在8時20分PM熟眠でごさる。朝は5時からおきだして、夕方の5時までピンピン、私が会社から帰ってきたとたんにバタンキュー、こんなのあり?という私目もなんだか眠くて仕方がない、、、そうそう、今日はココログのメンテナンスの日でさっきまで、せっかくセットしておいた記事がUPしませんでした、もしもいつも時間道理にチェックしてくださっている方がいらしたらごめんなさいね。

Hot_tub 東京は真夏、そしてバンクーバーは一足お先に秋の気配がしています。なんだか、淋しいな~、秋が大好きだったけれど、バンクーバーに来てからは秋から冬にかけてのナガーイ雨の季節に入ってしまうから、好きと言い切れなくなってしまったようなきがするなー。今日はボンがお庭の芝かりをしました。庭仕事をした後は大きな柳の木の下にあるジャグジーでゆったり。女友達と3時間ペチャクチャお話したこともあったなー。3時間話しつづけた彼女はほんとに顎の筋肉痛になっちゃった。この写真は私が一人で足の指と手の指でジャンケンポンなんて遊んでいます。ボンも私が会社に行っている間に一人で井上陽水をききながらゆったり温泉ごっこをしていたらしい。この中で本を読んだり、音楽聴いたりけっこう我が家のゆとりの場所になってます。東京ではなかった生活。カナダの生活です。

ボンは私に聞きます。さまざまなことを。僕がいて一人で育てるのは大変だったかとか、なんとかかんとか、でもね、私ははっきり言えます。ボンがいなかったら今の私はいなかったし、ボンがいたから強くもなったし(というか、生まれ持って持っていた強さがポジティブ出だした。)、いい加減に生きたようでそうでもなかったし、というのも、もしボンがいなかったら私は風のようにアチコチ動き回ってるだけで、一生終えていたような気もする。かけがえのない人生を有難う、って、言いたい気持ち。コレも、結婚の余韻の質問なのか?それとも人生変える、変わるのが怖い、30歳、実によい年頃です。30歳のみなさん、このボーダーラインってけっこう何でもなく通りすごしてしまいそうで、それでいて内心アレコレ決断してるんじゃな~い?私も決断を前にして何回か不安怖さを経験したけれど、何も決断せずに墓場まで行く人生なんか面白くないという、そのゾクゾクする気持ちが今でも大好きです。あなた、大バクチ打った事あるかしら?何もないより、いろんなこと経験したほうがいい。絶対に、そう思いませんか?

↓  ↓  ↓   今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 姑 シングルマザーのススメ | トップページ | 嫁 姑のせなか »

コメント

私のブログの読者諸君、どうかmottaクンのブログを読んでください。この一週間の反米、反戦、反小泉の記事を読んでください。できたら、コメントも。

投稿: 姑 | 2006年8月10日 (木) 14時23分

おいらも結構慎重な方だけど、たまに「大バクチ」まではいかないけど、はちゃめちゃやってますよ。ご存知の通り。その方が楽しいような気がします。久しぶりのコメントになってしまった。最近、自分ぷりぷり系ブログやりすぎた。

投稿: motta | 2006年8月10日 (木) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姑 シングルマザーのススメ | トップページ | 嫁 姑のせなか »