« 嫁 夢のようなバス | トップページ | 姑 少子化社会問題 »

2006年8月 5日 (土)

姑 神様のプレゼント

です

拝啓お嫁さま、

な、な、何でお嫁が、緊張しているはずのお嫁がそんな、姑の足の先チョに気が行くのかな~?それって、絶対おかしい。私の密かな、しかも個人的な喜びに気が付いていたなんて、、、しかも何でバンドエイド(バンソウコウなんていま時だれも言わないね!)が張ってあったなんて、そんなところまで目が行くかな~?普通。しかも、あのバンドエイドは肌色だったでしょう?肌色!気が付くかな~?色気なんかコレですっかりすっ飛んで行ってしまいましたよね~♪ランランラン♪♪ あれはね、カラオケ ナイト にはいていったほうのサンダルが大きすぎて擦りむけてしまったのよ、、トホホホホ、、
しかし、そんなことくらいであのFuc★ M★サンダル履くの諦めるわけないでしょ!

しかし、もう一つのほうの秘密には気づいていないわね、きっと。ふふふ。
うちのほうの集合写真は皆様に渡す前に、いったん家に持ち帰ってきて、ボールペンとマジックで、私の腕を細く修正してから、改めて皆様にお渡ししたのには気づかなかっただろ~???
へ、へ、へ、どんなモンダイ!お嫁、人様に私の写っている写真をわたすときはチャンと、ボールペンで修正いれて、目とかだってチョットくらい大きくして、足とか腕とかは細くしてから上げて頂戴ね。お願いしましたよ。

それにしても、お嫁のバスのお話は、私も涙してしまった。今日までのブログTALKのお話のなかで最高だよ。お話自体もステキだけれど、お嫁の捕らえかた、書き方が、なんだか銀河鉄道の鉄道がバスにかわっちゃったような気がしたよ。
15年かかって結婚を決めた若いカップルに、15年運転しつづけたドライバーさん(突如さん付けになっちゃった。)とその奥様(サマづけになっちゃった。)が夢のように現れて、君達、若いカップルの門出を祝福したんだね。このブログはプリントしておいて、ちゃんと、アルバムとかにいれておいて、今から15年たった時に読んでみようよ。

今日の“もったいないブログ”でmottaクンがお嫁のお話にとっても感動して、彼が経験した心温まる話が乗っていた。毎日毎日、日々が流れ過ぎてしまう。でもブログはじめてから、チョットとまって、心と向き合う時ができたように思う。そして、もしブログやってなかったらお嫁の銀河鉄道バスのお話、知らずに過ぎてしまっていたし、お嫁もつい忘れてしまっていたかもしれない、お嫁のお話のがmottaクンの心に作用して、彼の思い出を引き出した。

http://ameblo.jp/motta/entry-10015438701.html#cbox

そうか、あの日、いつもは私かマイハズが車で送って行くんだけれど、どうしても二人でバスで行くって雨の中を出て行ったでしょ。そして、バス1台逃して、、、きっとこのバスにお嫁とボンが乗るように神様が仕組んでくだすったのだね。神様有難う。姑からお礼言わせていただきます。      

しかし、あれはバナナフレーバーのアイスクリームにするかチョコフレーバーにするかでお二人が揉めた後だったか前だったか、、、あ~も~覚えていない。

カナダのいいところは?と問われたら、バスが楽しい???って答える思うでしょ、違うの!決め事が少ないから急に運転手さんのワイフがバスに乗ってチョコ上げたりできるけれど、日本だったらどうかな~?機械のように、時間ドンピシャリに、ピカピカできれいなバスはやってくるけど、こんなハプニングはないよね。知らない人からチョコなんかもらったら、毒がはいってるかもシレンとか色々考えちゃうんじゃないかな??決まりごとが少ないから、予期せぬいいことも悪いこともおきうる、ちょっとワクワクするでしょ?それと、この運転手さんのように人生を思いっきり変られる可能性があるってことだね。レールがしかれてないってことかしら。自分で人生切り開いて行くのに向いている人はぜひカナダにお出でください。

今日は前置きがずいぶんながくなっちゃったから、前置きだけで終わりとしよう、皆様今夜はよい夢をごごらんくださいネ。

↓  ↓  ↓ 今日こそ、お嫁とボンの門出を祝福して、Let’s Click!

人気blogランキングへ

|

« 嫁 夢のようなバス | トップページ | 姑 少子化社会問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫁 夢のようなバス | トップページ | 姑 少子化社会問題 »