« 姑 インターネット世界の旅 | トップページ | 嫁 涙のディベートクラス »

2006年8月30日 (水)

姑 怖い迷い道

です。

拝啓お嫁さま、

東京も、チョット涼しくなったそうでなにより!ブールに浮かんで、英語学校の宿題の暗記とかしていたら、合理的で涼しくって、よいではないの~ん?ブツブツ、ムニャムニャ、ABC,,,グーグーグーなんて、ついでにお昼ねも。

ボンがCICにTELしたら、国外から申請したら数ヶ月、カナダ内から申請したら1年くらいとか言っていたそう。これから申請しようとしている人たち、私達の経験をふまえて、より安くより早く、それに自分達の状況にあった方法で申請出来るように、、、と思うけどCICだってよくコロコロ変わるから、わからんよ~ん。だって、私の時は、全部カナダ大使館でやってくれたもの。手書きの申請フォームだったし、戸籍謄本だって、自分で訳して、タイプで翻訳つけたのでOKだったし、国外申請しかなかったし、それに、申請者のほうの状況だって、コロコロかわるしね~お嫁。だから、ようは、リンキオウヘン、にしなくっちゃ。

One Step At A Time. ひとつずつ、ひとつずつ、出来ることからかたづける。で、荷造りとかしているの?ボンのところは最低生活用品なんでもあるから、手鍋下げてこないでね。

ところで、知っていた?ホンダが一番簡単に狙われやすい車だって、そいでもって、アコードが最悪なんだって。日本にいた時、そんなことチラリともきかなかったがな~?日本じゃどんな車だって、窓ガラスをスマlッシュ!粉々にされているなんての、あんまりというか全然みないよねー。だから、アラーム付けようと思ってるの、うちのCivic君、狙われたくないもの。

Hasting_st_1 バンクーバーはね、こんな美しい街だから信じられないかも知れないけれど、北米で一番ドラッグ中毒者が多いところだって知ってた?へースティングとメインの交差点あたりが一番危ないところ。下向いて歩けば、注射針が落っこちていたり、使いずみのコンドームがおちていたり、Prostituteの姉ちゃんがヨロヨロ歩いていたり、ごみダンプの陰ではヒルの日中から、しゃがみこんでヘロインうってる人たちがいたりする。こんなもん、日本じゃ見たことなかった。写真とってこようと思ったけれど、からまれたら怖いからやめた。今度、もうちょっと雰囲気でてる写真とってくるね。

バンクーバーに越してきて間もない頃、小雨フル夕暮れ時に、あのお洒落なガスタウンを会社の帰りに一人でボーっと歩いていて、フっと気ずいたら、「私は誰?ココはどこ?」になっちゃっていて、まわりはお洒落どころか、わけのわかんない上記のような状況で、チョーパニクってしまった。いつのまにか、回りは夜。暗い。でもって妙な人たちが、ウヨウヨ。そんな人たちばっかいる公園がそこにあって、私は明るいほうへ、明るいほうへ、歩いていって、その頃は携帯なんかなくて、、そこにあった,うらぶれたバーに駆け込んで、「Can I use your phone?」なんて言っちゃって、そして、気が付いたら、そこはなんと上記のような人たちばっかりたむろしている場所で、ジローといくつもの目がこちらに動いてきた。Oh No.でも、私もあつかましいわ、そこにあった電話つかって、その人たちの目を気にしながら、マイハズに電話して、回りの状況を説明して、すぐにそのバー飛び出して、その辺歩き回っているところを、マイハズに保護されました。おー、怖かった。お嫁、無茶しようと思わなくったって、こういう状況に追い込まれることってあるんだよ~。私のせいじゃない、ってば。

↓  ↓  ↓   今日もアリガト&Stay Tune!Let’s Click♪Thankyou.

人気blogランキングへ

|

« 姑 インターネット世界の旅 | トップページ | 嫁 涙のディベートクラス »

コメント

ワーオ、沢山の皆様、コメント、ホントにありがとう。

ボン ダッケ さま、ようこそ。ほんとに、君は方向感覚抜群だよねー。誰ににたのでしょう。???チッチャイ頃だって、迷子にはならなかったよね。お嫁と姑、まるがかりで宜しくお願いしますネー♪

名なし様、そうでしたか?日本でも、ホンダはそうなのですか?なんだか、知らなかったのは姑とマイハズだけだったような、、シュン。

mottaさま、ロスは怖いでしょう?私もなんだか、ずっと昔にロスのバスの中で、すりにあって、ボンの出産のときの記録の小さいノートブックのような本(なんていうのか覚えてない。)とキャッシュと住所禄とられたことがあった。きをつけようね。

最後に、さぶたさん、イヨイヨ登場。そうなの、もうmottaクンとなんか、今までになく交友高めてますよ~。ホントにBlogってたのしい。さぶたさんの、反戦ブログ期待してますよー。是非できたら教えてくださいね。何回ものクリックどうも有難う。これからも、宜しくお願いしま~ス。

投稿: 姑 | 2006年9月 1日 (金) 11時08分

姑さま、やっと光開通しました!!姑さま、嫁さまの奮闘記、ほんとに面白いです。まだ全部読んでないのですが、ゆっくり読ませていただきますね。今週から、やっと本格的に高速LANの世界に飛び込んだんですが、マシンのTune-upに時間掛かって、やっと自由に外に出られるようになりました。Blogって誰が発明したんだかわからないけど、すごいツールですね。いやー、これはいいですよ。なんて、今頃気づいているなんて遅すぎですが。カナダはこれから紅葉の綺麗な季節になるんですよね。自然の美しいカナダでも、危険な場所はあるんですね。。。気をつけてくださいね。わたしも昔鎌倉で夜遅く一人歩きしてるときに引ったくりにあって怖かったことがありました。そのあとしばらく後から自転車来るとゴキジェット持って身構えてましたが。。。
また、来ますね。クリック沢山しておきましたー!

投稿: さぶた | 2006年8月31日 (木) 23時03分

おいらは、人生の迷い道にしょっちゅう入り込んでいますが、マジな迷い道はロスで自転車乗り回していてUnemployemnt Officeの正面で両輪ともパンクした時。適当に走っていたから、どこのUnemployment Officeか分からず、結局、失業者の黒人の方々に助けられました。後で聞いたらロスの中でも、その当時は危ない場所の一つだったそうです。

投稿: motta | 2006年8月30日 (水) 23時23分

長く海外に住まれていると、色々な事があるものですね。お姑様、何事もなくて良かった(^^)

ホンダの車はドアロックが開けやすいと聞いたことがあります。実際私も日本で乗っていた時、キーを車の中に置いたままロックしてそこらのスタンドのお兄さんに開けてもらいました。ハンガーで・・。
そして、私は3台(代)目のホンダの車を路上駐車していたら助手席の窓ガラスを割られて中の物を持っていかれました。と言っても、車検前で車の荷物ほとんど出してあったので、「ココロジー」というタイトル心理テストの本1冊。やってくれた人もがっかりしたでしょうが、たった本1冊取られる為にガラスを割られた私って・・・。

バンクーバーが北米で一番ドラッグ中毒が多いとはビックリしました。先日日本のバンクーバーを取り上げた番組で、妖精のために木にドアが付いてる話が出たそうです。恐い話と夢のある話、極端なバランスですね(^^)

投稿: | 2006年8月30日 (水) 23時09分

怖いとこなんて世界中いっぱい。
日本もカナダもアメリカもその土地その土地でいろいろな状況があって、その中でいかに投げられた石に当たらないように場所場所を尊敬しつつ、できるだけ楽しく幸せに生きていきていければいい。ぼくは最後に迷子になったのがいつか思い出せません。まず道には迷いません。迷っても抜け道は必ず見つかる。だから怖くないよどこ行っても。
人の足踏まなければ自分のは踏まれない。たまに踏みたくなるけど。結構我慢してしまう。それが安全かな。ちっちゃい頃はもっとやんちゃだったけどな。。。
でも愛する嫁や母やその他の家族友達を思うとなかなかやんちゃにめちゃくちゃはできません。
世界には怖かったりやな人や場所はあるけど。
その反面とってもすてきで親切な人々や場所もある。

っという事を僕は学びました。できるだけとけこんで自分を持つ。

絶対迷子にはならないですぼくは

おやすみ

投稿: ぼん だっけ | 2006年8月30日 (水) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姑 インターネット世界の旅 | トップページ | 嫁 涙のディベートクラス »