« 嫁 神棚!? | トップページ | 姑  See You Soon, Tokyo »

2006年7月21日 (金)

姑 死、葬式、神棚、仏壇

です。

拝啓お嫁さま、

ついにお戻りで、お帰りなさい、と言いたい様な、、、お嫁帰還、お嫁健在ですよー、ファンの皆様、みなさまー!姑はホ!としました。

さて、オヨメ達カップルは神棚をピンクに塗ったりプリクラはったり、そういうアイデアってやっぱり、れろれろれろ~んの頭でないと思いつかないと姑は思いますよ。私としては、その扉を開けて中がどうなっているのか見てみたい。未知の世界って不思議な魅力があるではないですか?ただ、このGodHouseをボンの家のどこにおくかと美的感覚で一寸考えてみましたが、やっぱりあのBasementのBedRoomでしょう。日のあたらない、それでいてなにかアリソウナー、

神様も仏様も死者も怖くなんてちっともないじゃん。今回私はちょうどお盆(といってもボンさまとはなんの関係もないけれど)に帰ってきて、日本と西洋の死者との関わりかたの違いを思い知らされましたよ。迎え火に送り火に、それに第一、毎日日常てきに仏壇があるから、ご飯あげたり、お線香あげたり、一周忌だの、なんだのかんだの、ってあるでしょう、、しかし西洋の死者は一回死んでしまったら誰からも省みられず、葬式すんだらただそれだけよ!喜びも悲しみも死者と分かち合ってる日本の日常とはまるで違う。あんなおしゃれな神棚を頂いて、何がこわいものかー?!だけれども、それって宗教押しつれられるおまけがあるわけ?私的には、使い道としては金庫としてヘソクリを隠す、なんてのも一案のような気がする、泥棒にはバチ当たるにきまってるし、子供の頃お仏壇の扉の中の又素の中を探検したかった。触ると大人におこられる、誰もいないすきに、、、、なんてワクワクしたもんだ。

お嫁、まだまだ使い道をよ~く考えてからヒト様に譲ることを考えた方がいいわよ。可愛いハンカチキチンとたたんで、ハンカチキャビとか、いっぱい考えられるとおもうな~、あ、わかった、サイズ的にはあれね、なんて言ったかしら、香辛料の小さい可愛いビンをいれるキャビネット。でもそうするとキッチンにおいて油だらけになると困るし、ま~時間を掛けて考えましょ!

あなた、ヤッパリ、ポイはダメでしょ。新婚生活にケチつくようで。イザとなったらパパさま、ママさまにご相談なさい、ネ。

PS:海外生活長くても、姑は折り紙とか細かいことには興味ないわね~。ボンはなんてのかしら、プラモデルだとかそういう組立てもんが得意なの。チ、変わったお方、、、、♪♪

↓  ↓  ↓  ↓  お嫁が戻ってうれしいね、今日もクリック有難う。

人気blogランキングへ

|

« 嫁 神棚!? | トップページ | 姑  See You Soon, Tokyo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫁 神棚!? | トップページ | 姑  See You Soon, Tokyo »