« 嫁 われおもう、ゆえに… | トップページ | 姑 いとしきお嫁よ! »

2006年7月 1日 (土)

姑 銀行のお話

です。

拝啓お嫁さま、私達のランクがちょっと落ちてしまいましたねー。まー、じっくり行きましょうね。今日は花金、イッソガシかったけれど、明日土曜日がCanada Dayなので、振り替えで月曜日がお休みでLong Weekendということで、ホ、と一息ついてます。暑くてたまらないんでしょうね?東京は。でも、私たち参りますわよ。あと一週間で。お待ちあれ。

今日は異文化比較ということで、銀行でのできごとを比べてみます。

バンクーバーの銀行;

私がバンクーバーに越してきて、はじめて開いた口座、TD Bank (Cambie Street)です。こっちの国は、通帳か一カ月ごとに郵送されてくるSTATEMENTかどちらかを選ばなければならなくて、Statementを選びました。(当時はインターネットなかったからね。)何故かというと、通帳を選ぶと自分で手書きでお金の動きを書き込まなくっちゃならないの。そんな~ことやってらんない、っての。というわけです。 しかし、何ヶ月もStatementが来ないので、銀行の窓口へ様子を聞きに行きました。そしたらば、窓口の女、(日本の銀行みたいに上品じゃない、制服とか着てないのはよいとして、もう、うらぶれた格好した、生活にやつれて、イライラしているような女。)が私(客)に向かってガミガミいうから、チョットでいいから、調べてくれと言ったところ、オモムロにイヤイヤ、コンピュータに入った。そして、クルリとモニターを私のほうに見せ、この住所に送っている、ってんだけれど、なにこの~、住所がちがうじゃない!そしたら、すっごく怒り出して(私じゃなくて、女が)、“住所が違ってれば届く分けないじゃないか!”とぬかしやがった。さすがの私もブッチギレたネ、あの時は、公衆の面前で。いったい誰がこのデータを入力したのか?っての。私はあんたのキーボードに触ったことはないっての!

***中休み***

私も怒ったけれど、もっとまともなことにすごい怒りを感じている人もいます。ttp://ameblo.jp/motta/ 同感です。

日本の銀行;

あれは、高円寺の早稲田通りぞいのみずほ銀行でした。私はトラベラーズチェックを換金しているところです。そのためにせっせと書類に書き込みをして、「あ、間違っちゃった。」ということで、持っていたペンでグチャグチャと消して、また続けて書いて、制服を着た、髪もキチンと整ったジョウヒンそうな女性(私はここで、女と呼び捨てにはしていないことに注目してください。)に渡した。そしたらば、「あのー、大変申し訳ございません。おそれいりますが、もう一度、こちらの用紙にお書き直していただきたいのですけれど。」なんて、チョー、丁寧に言われた。私がグシャグシャとしたのに、なんであの女性が、謝んなくっちゃなんないのかしら、とおもいつつアー、たとえ書き直しするにしても気持ちがいいなーと思った。これが、カナダだったら、どんな目にあっていたか?しかし、カナダはこの程度の間違い気にしないで手続きしてしまうかもしれない、、銀行だって、結構イイカゲン。

お嫁よ、私がバンクーバーに越してきて最初に痛感したのは日本のカスタマーサービスがいかに高度なものかってこと。たとえ、ちょっとトロイとしても。覚悟して、お嫁においで。で、年々ドンドン、性格悪くなって、アーアー、私もこんなになっちゃったーい。

今日も長々お付き合い有難う。ご質問、お知りになりたいことなど、いろいろなリクエストもあればご遠慮なく。姑で分かることであれば喜んでお答えいたします。ランクが落ちてきています。宜しくクリックお願いいたしまーす。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

|

« 嫁 われおもう、ゆえに… | トップページ | 姑 いとしきお嫁よ! »

コメント

あまり怒るほうではない私も、接客、サービスの仕事に従事していながらナットラン人間は許せません。
でも丁寧すぎてのっろ~いのも嫌ですが。。。

投稿: まき | 2006年7月 2日 (日) 02時32分

リンク貼りありがとうございます。そのカナダの銀行の女、自分もぶち切れるね。英語で汚い言葉並べ立てお縄かも。だから、おいらは海外に住めないんですよ。日本のカスタマーサービスのレベル高いことブログを読んで再確認しました。

投稿: motta | 2006年7月 1日 (土) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫁 われおもう、ゆえに… | トップページ | 姑 いとしきお嫁よ! »